定本 柄谷行人集〈1〉日本近代文学の起源 増補改訂版

  • 43人登録
  • 3.95評価
    • (7)
    • (5)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 柄谷行人
  • 岩波書店 (2004年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000264860

定本 柄谷行人集〈1〉日本近代文学の起源 増補改訂版の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 了。

  • そういえば、6月に観に行った福田和也との公開対談で、柄谷行人がこんなことを云っていました。/「しばらくまえアメリカに滞在していた時にドゥルーズのエッセイ(*)を英訳で読んでいたのだが、そこに、サルトルは私にとっての"private teacher"だった、というようなことが書かれていた。"private teacher"というのは"public professor"に対立するもので「師」というニュアンスの強いものだが、僕(=柄谷行人)がデビューした時には、まだ、そういう意味で"private teacher"と云える存在が身近にいくらもいたのだが……。」/文学の終焉をめぐる講演で話題を呼んだばかりの柄谷の話は、当然、そこから文壇の解体について触れることになるわけですが、たしかに、彼が「群像」でデビューした年には、まだ志賀直哉も川端康成も存命であり、「日本近代文学の起源」が書かれた1977年には現役の小林秀雄が『本居宣長』を執筆していたわけです。/その時代の濃密な−−あるいは自閉的な−−雰囲気の文壇/文学界のなかで自明視されてきた「文学史」がフィクションだということを曝きたてようとする野蛮な試みには、それにふさわしい文体が必要とされるわけですが、その当時の筆致に80年代、90年代に得た新たな認識が接木されている本書は、まぎれもなく彼の代表作としてよいでしょうね。(これは、自身の意図がどうであれ『トランスクリティーク』では代表させられないという意味を含めて云うわけですが……)

全3件中 1 - 3件を表示

柄谷行人の作品

定本 柄谷行人集〈1〉日本近代文学の起源 増補改訂版はこんな本です

定本 柄谷行人集〈1〉日本近代文学の起源 増補改訂版を本棚に登録しているひと

定本 柄谷行人集〈1〉日本近代文学の起源 増補改訂版を本棚に「読みたい」で登録しているひと

定本 柄谷行人集〈1〉日本近代文学の起源 増補改訂版を本棚に「積読」で登録しているひと

定本 柄谷行人集〈1〉日本近代文学の起源 増補改訂版の作品紹介

新章「ジャンルの消滅」、外国語版への序文4篇を増補。全面改稿成る。

ツイートする