外国語学 (ヒューマニティーズ)

  • 31人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 藤本一勇
  • 岩波書店 (2009年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (133ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000283274

外国語学 (ヒューマニティーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 国民とは魂であり、精神的原理です言語はOS.
    外国語を学ぶことの効用はまずは新しい言語を習得することによって新しいメガネ、ものの見方、意味世界を獲得することができる。

  • 1/13
    外国語→言語にまつわる権力構造。

全2件中 1 - 2件を表示

藤本一勇の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
國分 功一郎
ウィトゲンシュタ...
マーク・ピーター...
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

外国語学 (ヒューマニティーズ)はこんな本です

外国語学 (ヒューマニティーズ)の作品紹介

この日本において、外国語とは何であったのだろうか。外国語を学ぶ意味-それは実用性に還元されるものではない。世界標準を構成する実利主義・功利主義、言語の背後に隠された暴力性と権力性を越え、他者との相互承認に向けた、真の意味での翻訳の可能性を考える。外国語を学ぶことで切り拓かれる新たな地平の誘い。

ツイートする