家族――新しい「親密圏」を求めて (自由への問い 第7巻)

  • 28人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 岡野 八代 
  • 岩波書店 (2010年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000283571

家族――新しい「親密圏」を求めて (自由への問い 第7巻)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 316.1-ジユ-7 300148459

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:316.1//J55//7

  • 2000

  • -

    316.1:J55:7

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
江原 由美子
有効な右矢印 無効な右矢印

家族――新しい「親密圏」を求めて (自由への問い 第7巻)はこんな本です

家族――新しい「親密圏」を求めて (自由への問い 第7巻)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

家族――新しい「親密圏」を求めて (自由への問い 第7巻)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

家族――新しい「親密圏」を求めて (自由への問い 第7巻)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

家族――新しい「親密圏」を求めて (自由への問い 第7巻)を本棚に「積読」で登録しているひと

家族――新しい「親密圏」を求めて (自由への問い 第7巻)の作品紹介

家族は、近代社会システムにおいて、公私二元論を前提に養育とケアの場として愛のイデオロギーの下に語られ、そこではとりわけ女性への抑圧と不自由が温存されてきた。しかし同時に、多様なかたちと実践をとおして、家族的なるもの、あるいは「親密圏」は、自由が育まれる豊かな可能性の場ともなってきたのではないか。そうした両義性と矛盾を見つめながら「家族」を論じることで、本書が構想するのは、従来の「自由」概念それ自体の不自由さを克服する自由論である。複数領域の研究者だけでなく、法律等の実務家もまじえ、多様な視座からアプローチする。

ツイートする