承認と包摂へ――労働と生活の保障 (ジェンダー社会科学の可能性 第2巻)

  • 17人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 大沢 真理 
  • 岩波書店 (2011年8月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000284721

承認と包摂へ――労働と生活の保障 (ジェンダー社会科学の可能性 第2巻)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こういう本を読む機会を作らないといけないと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

承認と包摂へ――労働と生活の保障 (ジェンダー社会科学の可能性 第2巻)はこんな本です

承認と包摂へ――労働と生活の保障 (ジェンダー社会科学の可能性 第2巻)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

承認と包摂へ――労働と生活の保障 (ジェンダー社会科学の可能性 第2巻)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

承認と包摂へ――労働と生活の保障 (ジェンダー社会科学の可能性 第2巻)を本棚に「積読」で登録しているひと

承認と包摂へ――労働と生活の保障 (ジェンダー社会科学の可能性 第2巻)の作品紹介

骨折りや苦心が適度に分担され、同僚や家族に認められ、順当に報われること、そして労働の場と生活の糧が保障されること。人間が生きていくうえで欠くことのできないこれらの課題を、社会科学の観点から追究し、学問と暮らしが接する面を広げ、ジェンダー・バイアスのない新たな承認と包摂のあり方をめざす、経済学、社会政策、労働法学、社会学、政治学の試み。

ツイートする