からだ (人生をひもとく 日本の古典 第一巻)

  • 27人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 岩波書店 (2013年6月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000286411

からだ (人生をひもとく 日本の古典 第一巻)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 古典文学と関連させて人生の教訓を説く本。難しい解釈とかなしに、素直に読める。装丁も美しく、本屋さんで見つけて、思わず買ってしまった。

  • 古典作品のアンソロジー本で、各巻テーマがあるが、初回は「からだ」だ。
    いきなり枕草子の美坊主話からはじまり、歌舞伎の「鳴神」や、宇治拾遺物語のダイエットエピソード。あと今昔物語集で、精液を食べて妊娠する話が良い。光源氏の、柏木への微笑みの怖さもいいし、チョイスが読んでいて飽きさせない。最後は徒然草の紹介なのだが、兼好法師に、「なかなか本心を明かさない。食えない人である」と久保田淳が冒頭で述べる。酒に対する兼好の「酒はだめだけどいい、でもいいけどだめ。でもいい」みたいな書き方を紹介していて、たしかにはっきりせえやと納得いった。
    このシリーズは全部読むつもりだ。

全2件中 1 - 2件を表示

久保田淳の作品

からだ (人生をひもとく 日本の古典 第一巻)はこんな本です

からだ (人生をひもとく 日本の古典 第一巻)の作品紹介

誰もがまずは自分自身の身体をともなって、この世に誕生します。生きている限り、自分のからだとつき合っていかなくてはなりません。平安貴族のダイエット、咳をいたわる世阿弥、ふぐを食べる芭蕉…。病いや老いの心配、心身のバランスの工夫、飲食の楽しみなど、「からだ」をめぐる多彩ないとなみを古典文学のなかに探ります。

ツイートする