遺産 (現代の起点 第一次世界大戦 第4巻)

  • 20人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 山室 信一  岡田 暁生  小関 隆  藤原 辰史 
  • 岩波書店 (2014年7月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000287142

遺産 (現代の起点 第一次世界大戦 第4巻)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 推薦者 共通講座 照井 日出喜 先生

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50103497&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アントニー・ビー...
トマ・ピケティ
ウィリアム・H・...
ミシェル ウエル...
有効な右矢印 無効な右矢印

遺産 (現代の起点 第一次世界大戦 第4巻)はこんな本です

遺産 (現代の起点 第一次世界大戦 第4巻)の作品紹介

大戦は一九一八年一一月の休戦や、ヴェルサイユ条約の調印をもって終結したわけではない。一連の講和条約は大戦を通じて顕在化した諸問題を解決できず、各地で革命運動、内戦、民族紛争が相継いだ。世界は次なる「大戦」から逃れることができなかった。アメリカの覇権、対峙するソヴィエト型社会主義の台頭、ヨーロッパ統合の模索、被支配地域におけるナショナリズム…断絶と継続の相が交錯するなかで、現代世界の枠組が作られてゆく。

ツイートする