大人の直観vs子どもの論理 (岩波科学ライブラリー)

  • 58人登録
  • 3.15評価
    • (0)
    • (4)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 辻本悟史
  • 岩波書店 (2015年8月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000296410

大人の直観vs子どもの論理 (岩波科学ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人の特徴を描く。講義で話すネタが重なるので親近感を持つ。

  • 「記憶は間違って植えつけられる」
    本当に怖い話。嘘付きの人に罪をなすりつけられても、繰り返し嘘を本当にあったかの様に言われ続けたらしてもいないのにした気になってくる。警察で無実の罪を着せられるのと同じ。ゾッとする。

    「考えると買えなくなる事もある」
    選択肢が多過ぎると買えなくなってしまう。

    「直感」と「直観」の違い
    心で感じるのと様々な鍛錬から選び取るもの

    子供の脳と大人の脳は全く違う。だから考え方も自ずと変わってくる。子供の脳は大人のミニチュアではない。

  • 理屈では不合理に見える思考、行動に対して、脳の活動を学際的に分析することで考察している。一番印象に残ったのは、ニューロンの数のピークは実は胎児期にあり、経験を通じて機能的に不要なニューロンが細胞死されて減少していくこと。絶対音感やL/Rの聴き取り能力などは誰にも備わっていたが、使わない環境で失われていく。音楽家の子供が音楽家として優秀なのは遺伝だけでなく、生育環境であり、三つ子の魂百までの諺も納得できる。子育ては終わったが孫の発育に役立つ情報である。

  • 認知心理学,進化心理学,脳科学の視点から人間の情報処理機能のしくみと来し方を説明する。最新の知見をとっつきやすく解説してくれている。

  • タイトルに惹かれて購入。モンティホール問題から、発達心理学に至るまで多くのことが記載されており、直観も悪いものではないのだなと感じました。

  • 私たちの意思決定や行動の多くは無意識のうちに直観的に処理されている。ゴルフのパッティングやサッカーのドリブルなどは、一つの行動に集中するよりも、例えば音楽を聴きながら、というように別の課題を同時に行った方がうまくいったりする。訓練に訓練を重ねた経験に裏打ちされた直観によるものもあろうが、人知を超えたはかり知れない何かもあるようだ。私たちの日々の意思決定や行動が、直観や無意識の過程に大きく左右されている。必ずしも自己の利益に結びつかない部分にも価値があり、意外とうまくいったりする。進化論的にも理に適っているという。子どもにはない大人ならではの直観。大事にしていきたい。

  • 2015年10月新着

  • 請求記号 491.371/Ts 43

  • 身近なことから行動経済学や実験心理学の研究を例に、人間の持つ不思議さ・面白さをわかりやすく書いてありました。「わかってはいるけどやめられないのは何故か?」、「人間は損をしない可能性があるほうを好む?」など、私たちが日常でよく体験することを取り上げ、なかなか興味をそそられます。著書から人間の心理や行動を知ることで、心理学や脳科学の奥深さを感じられた。

  • 配架場所 : 一般図書
    請求記号 : 491.371@T100@1
    Book ID : 80100017479

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002483609&CON_LNG=JPN&

全11件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
本谷 有希子
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

大人の直観vs子どもの論理 (岩波科学ライブラリー)はこんな本です

大人の直観vs子どもの論理 (岩波科学ライブラリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大人の直観vs子どもの論理 (岩波科学ライブラリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大人の直観vs子どもの論理 (岩波科学ライブラリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする