科学者の目、科学の芽 (岩波科学ライブラリー)

  • 32人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : 岩波書店編集部 
  • 岩波書店 (2016年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000296489

科学者の目、科学の芽 (岩波科学ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  科学者たちによるエッセイアンソロジー。ジャンルの違う科学者たちが日常のことから宇宙のことまでを数ページで書いているので読みやすく面白い。これは面白い。

  • ◆きっかけ
    地元の図書館に女優ミムラの絵本紹介本を置いていないかと図書館のHPで検索したところ、三村つながりで本書がヒットして。科学者の日常エッセイとのことで、ぜひ読みたいと思った。2017/3/16

  • 第一線で活躍する日本の科学者たちの目が、日常生活の中で見つけた科学の芽について語るエッセイ集。

    他の誰も気にしない事に興味を持ち、それを他人に分かるように伝え、世の中に役立つものにしていくこと。
    それが科学の本質であり、また面白いエッセイの条件でもあることが、この本で再確認できた。

  • 内容情報
    [日販MARCより]
    子どもとの会話から、1枚の紙から、旅先で出会った光景から、科学的な見方や考え方で、新鮮な驚きの世界を見つけだす。楽しい発見を綴った36篇のエッセイから、科学者たちの愛すべき生態や真摯な姿が垣間見える。
    [BOOKデータベースより]
    日常の中で見つけた素朴な不思議や小さな驚きを屈託なく綴った36篇のエッセイ。子どもとの会話から、旅先で出会った光景から、科学者的な見方や考え方で、新鮮な驚きの世界を切りだす。そこには、日々の生活をも科学者の目で追究する理系人間の楽しい日常、ほほえましい生態、そして真摯な姿が垣間見える。
    第1部 見えるものと見えないもの(土地の色・影の色;人魂の行方;垣間みる潜在的な心―日常の隙間から ほか)
    第2部 出会いと発見(菜の葉にとまれ;酒と氷とリケジョとリケジィ;汽車の汽笛は本当にポッポーか?―オノマトペと「世界を知覚する網」 ほか)
    第3部 科学と社会(驚きから普遍へ―科学史から見た科学の魔力;海と魚と環境教育;イノハナ茸 ほか)

  • 36篇のエッセイが収録されているが,色々な分野があり,色々な人が色々なことをやっているのに驚く.ブラックホールの色付けの話や,オノマトペの実態を探る話,マヤ文明の奥深さ,さらには紅茶の抽出の話,みんな楽しく読めるものばかりで,このような多彩な書き手を探す編集者は素晴らしいと思った.

  • 2016年6月新着

  • 請求記号 404/I 95

  • 配架場所 : 一般図書
    請求記号 : 404@I100@2
    Book ID : 80100474527

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002506465&CON_LNG=JPN&

全9件中 1 - 9件を表示

科学者の目、科学の芽 (岩波科学ライブラリー)はこんな本です

科学者の目、科学の芽 (岩波科学ライブラリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする