私たちの星で

  • 91人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 岩波書店 (2017年9月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000612173

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

私たちの星での感想・レビュー・書評

  • 今、熱くなってる人たちに読ませたいなぁ、、、

    岩波書店のPR
    ムスリムのタクシー運転手や厳格な父を持つユダヤ人作家との出会い,カンボジアの遺跡を「守る」異形の樹々,かつて正教会の建物だったトルコのモスク,アラビア語で語りかける富士山,南九州に息づく古語や大陸との交流の名残…….端正な作品で知られる作家と多文化を生きる類い稀なる文筆家との邂逅から生まれた,人間の原点に迫る対話.
    https://www.iwanami.co.jp/book/b309270.html

  • お二人の柔らかな思考。
    こんな時代だからこそ、この2人のような感性と知性と思考を学びたい。

    これまたうまく言語化できないけれど、お二人の往復書簡を読んで感じたことを自分なりに言葉にしたい。

    これももう一度じっくりじっくり読み返そう。

  • ひとめ表紙を見たときの予感を外さず、いい本だった。往復書簡という体裁をとって梨木香歩さんと諸岡カリーマ・エルサムニーさんが交わした対談。梨木香歩さんは「家守綺譚」「西の魔女が死んだ」などの文学作品や、自然と人の暮らしを語るみずみずしいエッセイを綴る作家。諸岡さんはエジプトと日本のダブルで、幼少時には日本で暮らし、高等教育をカイロとロンドンで受けて、現在は日本でアラビア語教師をされつつ、翻訳やコラムを手がけておられる方。個人と集団への帰属意識、アイデンティティの問題、歴史と異文化同士の衝突と融合、信仰と暮らしといったテーマを扱いながらも、そこで語られているのは常に、ひとりひとりの人と人との関わりのあり方について。”それぞれの「寛容」を鍛え抜き、洗練された寛容にしていくこと。””その人の信仰故にあるべき姿を基準にその人の行いを裁くのは、必ずしもフェアではないということ。”自分がいま持っていない視点、に触れてものを考えることが好きな方には、ぜひおすすめしたい。

  • 2015年から1年半に渡る20通の往復書簡。岩波書店のPR誌『図書』に連載されていた(2016年1月号〜2017年8月号)のを部分的に目にしていた。民族や国家、群れと個人、自分らしさ、自由、そして宗教や信仰のことなど、タイムリーに考えさせる簡単ではないテーマが多いものの、往復書簡という対話スタイルのお陰か思いの外読みやすく、するすると読了した。自分でももやもやと抱いていた気持ちにちょうどいい言葉を与えてもらったな、と思う箇所も少なからず、あちこちに栞を挟みながら読み終えた。ときどき読み返す本になりそう。

全4件中 1 - 4件を表示

私たちの星でを本棚に「読みたい」で登録しているひと

私たちの星でを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

私たちの星でを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

私たちの星でを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする