美女と野獣 (大型絵本)

  • 28人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : ビネッテ シュレーダー  Mme.Leprince de Beaumont  Binette Schroeder  ささき たづこ 
  • 岩波書店 (2004年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (38ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001108798

美女と野獣 (大型絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ディズニー映画の中で一番好きな美女と野獣。原作はまた違っていてよかった。ベルみたいな、謙虚で意志と正義感の強い女の子に憧れる。

  • この作品の古い起源「アモールとプシケー」 (2世紀のローマ時代)
    近代、C.Sルイスなど度々引用、改作される。
    グリム童話集「夏の庭と冬に庭の話」「なきながらぴょんぴょん飛ぶひばり」という類話がある。

    解説にも注目。
    引用あり。

  • フランスの有名な異類婚姻譚の民話を絵本にしたもの。
    恐ろしささえ感じる、幻想的な色使いが美しい挿絵がすばらしい。
    ベルの、みにくい野獣に対してどうしても感じてしまう恐れと、一緒にいる内に分かってくる心の純粋さに惹かれる気持ち、嫌悪と好意が同居した関係が愛へと変わっていくストーリーに心打たれます。
    改めて名作だと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

ボーモン夫人の作品

美女と野獣 (大型絵本)はこんな本です

ツイートする