リベックじいさんのなしの木

  • 52人登録
  • 3.95評価
    • (5)
    • (10)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
制作 : ナニー ホグロギアン  Theodor Fontane  Nonny Hogrogian  藤本 朝巳 
  • 岩波書店 (2006年5月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001108859

リベックじいさんのなしの木の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんて素敵な絵なんだろ。

    美しい版画。4色刷りなのかな、抑えた色使いが、本当に美しくて、想像力をかき立てます。

    見返しの梨が並んだデザインも本当におしゃれ。私が生まれた頃に出版されただなんて、信じられないほど、どこも色褪せていない!

    もとはドイツの叙事詩で、民話。

    おじいさんの思いが、梨の木を通して実る、素敵なおはなし。

    …なんと、こんな素敵な絵本も絶版でした。。(´・_・`)絵本の業界もきっとたいへんなんだ。。

  • 優しい心根は、亡くなった後でも存在するのね…

  • 挿絵の版画に惹かれた。心優しいリベックじいさんが自分からが亡くなった後のことまで気遣っている。心温かくなるし、なしを使った絵本も珍しいと思った。

  • 版画の絵にグゥーと惹きつけられます。
    見返しの洋なしの絵が素敵♪

  • 26年度(4-3)

    6分

  • 私の大好きな絵本。秋になると読み返したくなる。リベックじいさんの周りのやさしい空気を感じてください。ドイツの叙事詩をもとに版画絵本となったそう。

  • ちょっと哀しくて、でもほんわか温かい優しいお話です。

  • なしの絵本ってあまり見ないな~と思って、秋に図書館で借りてみました。

  • 影絵調の絵が、物語に深みを与えていました。
    2歳半の息子は、意外にもそれなりに気に入ってくれたようでしたが、もう少し成長してから再度読ませてみたい本です。

  • リベックじいさんの家には1本のなしの木があり、いつも村の子供達になしをわけてあげていました。
    自分の死期を悟ったリベックじいさんは、ある1つのお願いをします。

全10件中 1 - 10件を表示

テオドール・フォンターネの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
なかがわ りえこ
ユリ シュルヴィ...
マージェリィ・W...
トミー・ウンゲラ...
馬場 のぼる
トミー=アンゲラ...
ユリー・シュルヴ...
シビル ウェッタ...
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

リベックじいさんのなしの木を本棚に「読みたい」で登録しているひと

リベックじいさんのなしの木を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする