はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)

  • 5710人登録
  • 4.20評価
    • (1463)
    • (448)
    • (841)
    • (19)
    • (13)
  • 817レビュー
制作 : 上田 真而子  佐藤 真理子  Michael Ende 
  • ¥ 3,089
  • 岩波書店 (1982年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (589ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001109818

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)の感想・レビュー・書評

  • 古い本。
    本の本。

  • 児童書として売られているが、大人になってから(10代後半以降)読んでこそ、いろいろ考えさせられる本だと思う。ミヒャエル・エンデは秘密結社主義、とある本に書かれていたので、何かその鱗片が拾い出せないかと注意しながら読んでいたが、読み取れたのはさかさま主義、物語の中の物語・・・というあたりだけ。私にはやはり秘密結社主義はよくわからないらしい。

  • 小学生の時本屋さんで分厚い本を初めて買ってもらい我を忘れて、雨降る床屋さんで読み終わった

  • 『はてしない物語』の作者は主人公。
    人は誰でも、自分の人生の物語の主人公であり、作家でもある。人の人生の物語を生きる事は退屈なこと。ただ、自分以外の登場人物が全て意のままに動く事も退屈なこと。
    また、自分が持つ”力”(本書では、望んだことが全てその通りに実現する力)を、何に生かすのか。望みが叶ってもすぐに次の望みが欲しくなる。ずっと満たされる事はない。
    そして、最後に主人公が望んだのは、「愛すること」。何かを得ることでも、愛されることでもなく、自分が主体的に愛すること。愛することをができるのが人生最大の喜びと結ぶ。
    600ページ近いけれど、一気に読んでしまった。
    読み返したら、また違う発見があるかもしれない。

  • 記憶を失う代わりに望むものを与えられる、どんどん欲して望む姿になるほど、記憶が抜け落ちからっぽになっていく。というのが一番印象的だった。

  • うまくいかない現実。欠点ばかりの自分。
    ああ、どこかへ消えてしまいたい。あるいはまったくの別人になることができたら。そう、理想の自分になれたらどんなに幸せだろうか。

    そんな風に考える人間がこの世界にはたくさんいるはず。主人公もそのたくさんいる人間のひとり。

    この果てしない物語の世界は、それを完璧に叶えてくれる本だ。
    不細工な見た目がかっこよくなり、常に人々から賞賛され、求められる、素晴らしい自分。

    でもそれらが全て自分の力で手に入れたものではないとしたら?
    ひとつの虚構を手に入れる毎に、もっと大切なはずのものを、気が付かない内にひとつずつ失っていく主人公。

    完璧じゃなくたっていい。
    ありのままの自分を受け入れ愛する勇気を与えてくれる、そんな本です。大好きです。

  • とってもこわかった!!

  • 就活時代、たまたま古本市が開かれていて、そこで見つけて即購入。
    ネバーエンディングストーリーから入って、大好きだったから、原作が読みたかった。今までで、こんなに運命の出会いをした本は無い。
    なんて素敵な装丁。話はもちろんのこと、凝った装丁が物語の中により入り込ませてくれる。

  • 10歳のときに初めて読みました。
    初めて、寝るのも食べるのも忘れて読書に夢中になったのがこの本でした。

  • 映画がきっかけで、小さい頃から何度も読んでいる本

  • 古書店の片隅でそっと待ち受ける一冊の本。明るい蛇、暗い蛇、二匹の蛇が楕円につながるその円の中に『はてしない物語』。少年は、物語の中へ旅立ち、何に出会うのか。徹夜間違いなし!です。

  • いくら名作といえども、翻訳物のファンタジーはダメでした。

    本の装丁や二色刷り、本の中の物語という構成は流石ですが、如何せん長過ぎるのと、必要なのかわからない話が延々と続くことに飽きちゃいました。

    ファンタジーが苦手なのもありますが、翻訳物独特のぶつ切り感やリズムの悪さでホントにいつ読み終わるのやらと。

    でも、名作と言われている本なので頑張って最後まで読みましたが、時間の無駄でしたね。

    ちょっと濃縮して、現代的な言葉だったら良かったのに…

    名作とはいえ、我慢強くない人には向きませんのでご注意を。

  • 外の世界に解決を求めぬこと。断じて。

  • もうこんなの、バイブルに決まってるでしょうが

  • 映画「ネバーエンディングストーリー」の原作。

  • 小学生のころクリスマスプレゼントにもらった本。すっかり内容を忘れたので、再読中。
    とりあえず、装丁が素敵だということを最初に書いておこう。

  • ドラマ「戦う!書店ガール」で、主人公がこの物語が大好きだというシーンがあった。
    その後、朝日新聞で、原作にはそのようなシーンはないけれど、エンデが造本にこだわった本であることを知った。
    有名なのでそろそろ読んでみようかなぁと思い、図書館で借りた。

    バスチアン・バルタザール・ブックス
    アトレーユ
    フッフール
    モンデンキント

    「けれどもこれは別の物語、いつかまた、別のときにはなすことにしよう。」
    590ページ、ほんとうに『はてしない物語』だ。
    示唆に富みすぎていて、書ききれない。
    頭がいっぱい、心に辿りつくには時間がかかるかも。
    グラオーグラマーンの体の色が、砂漠の色に次々と変わっていくシーンが目に浮かぶようで、かっこよかった。

  • 古本屋の亭主から本を手に入れたバスチアン少年のはてしない物語。
    アトレーユとフッフールが幼心の君に会いにいくまですごい入り込んじゃった。
    後半バスチアンがあまり好きになれず…
    なんやかんやで最後はよかった\( ˆoˆ )/♡

    アトレーユフッフール大好き!!

  • まさにファンタジー。
    バスチアンの心の変化にハラハラしながらも納得のエンディングでした。
    もう一度読みたい。

  • 小さい頃、布団の中で懐中電灯を照らしてバスチアンになり読みふけった。名作。

  • 前半と後半で分かれていると思うのだが、風景の描写が多すぎるのだ。
    どうも僕はファンタジー小説は向いていないのかもしれない。
    この本自体が本の中に出てくるという設定はすごく良かった。

  • 本を読む楽しみとはこういうものだなぁ。
    いくつになってもファンタジーはすき。
    異世界に行ってわくわくできるのは本当に醍醐味です。
    ずっと昔に書かれて、いまだ色褪せないというのもすごい。
    おもしろいものに時代は関係ない。
    筋としてはとてもよかったけど途中の過程で主人公に好感がもてずちょっと残念。

  • おもしろかった!
    昔、子どもの時に観た映画「ネバーエンディング・ストーリー」で記憶に残っているのは、最初の少年がゴミ箱に隠れるシーンと、最後の滝に身を投げ出すシーンと、あと白い竜が(あれが幸い竜かな)少年を背に乗せ笑いながら空を駆けるシーン。
    原作には全部なかった気がする。

    印象に残っているところをメモ。

    ・第一の門、第二の門、第三の門
    門をくぐってはじめて次の門が表われる、というところは、つまり成長と同質的なもので、物語全体の大きなテーマな気がする。
    ・道化蛾シュラムッフェンの嘆き
    「おれたちゃ命令がほしいのさ。指図してもらいたいのさ。強制してもらいたいのさ。禁止してもらいたいのさ! おれたちゃ、なんか意味のある生き方をいたいのさ!」
    うわぁ、これわかるわ。
    無制限な自由、圧力なしの放埓ではなく、なにかしら壁がある方が生きやすい。
    壁に従う生き方にしろ、超えようとする生き方にしろ、立ちはだかるモノ、というより、自分じゃないモノがないとなんとなく人間は思考が停止してしまう気がする。
    ・アウリンこそが・・・
    こういう幸福の青い鳥展開はすばらしい。

    収まるべきところに収まった物語。
    いろいろな人にすすめたい。

全817件中 1 - 25件を表示

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)に関連する談話室の質問

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)に関連するまとめ

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)を本棚に「積読」で登録しているひと

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)の単行本

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

私の本棚 (新潮文庫)

新潮社編

書架がある家に住みたくなる

本好きにとっての悩みといえば、おそらく本をどう収納するのかだと思います。
ましてや、本に関わる仕事をしている人の本の持っている量は膨大になっていきます。当然ブクログスタッフも、本に囲まれるような家に住んでる者もいます。
この「私の本棚」では、本に関わる作家、編集者や愛書家23名が自分の本棚について熱くエッセイに綴っています。
あの落ち着いた物腰で芸能界きっての本好きであった児玉清さんが、こんなに熱く本棚について語っている姿がたまらなくおもしろく、共感できました。
整然とした本棚が好き、雑然とした本棚がすきなど色々な本棚感が書かれていますが、解説では新井素子さんが、色々な本棚感を”感覚的に”判ると書いてるように、本が好きな人にはうなづきながら読み進めてしまう一冊ではないのでしょうか。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする