はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)

  • 5415人登録
  • 4.19評価
    • (1419)
    • (441)
    • (837)
    • (18)
    • (13)
  • 792レビュー
制作 : 上田 真而子  佐藤 真理子  Michael Ende 
  • ¥ 3,088 (参考価格 ¥ 3,089)
  • 岩波書店 (1982年06月07日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (589ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001109818

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)の感想・レビュー・書評

  • 本を読む楽しみとはこういうものだなぁ。
    いくつになってもファンタジーはすき。
    異世界に行ってわくわくできるのは本当に醍醐味です。
    ずっと昔に書かれて、いまだ色褪せないというのもすごい。
    おもしろいものに時代は関係ない。
    筋としてはとてもよかったけど途中の過程で主人公に好感がもてずちょっと残念。

  • おもしろかった! 昔、子どもの時に観た映画「ネバーエンディング・ストーリー」で記憶に残っているのは、最初の少年がゴミ箱に隠れるシーンと、最後の滝に身を投げ出すシーンと、あと白い竜が(あれが幸い竜かな)少年を背に乗せ笑いながら空を駆けるシーン。 原作には全部なかった気がする。 印象に残っているところをメモ。 ・第一の門、第二の門、第三の門 門をくぐってはじめて次の門が表われる、とい... 続きを読む

  • あちらの世界⇔こちらの世界 ナルニア国物語などと同様に異世界ファンタジーに分類されるのかな。 子供が空想や想像力を働かせるように、物語がどこまでも続いていく夢の部分と何か大切な物を失う悲痛な部... 続きを読む

  • これぞファンタジー。ファンタジエンでのバスチアンの冒険物語。だいすき。フッフール。

  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー「ブックサロン」で登場。 http://harajukubookcafe.com/archives/766 ゲスト朝比奈あすかさんの人生を変えた一冊。 「この本を読んだのは小学校5年生の頃だったのですが、妹と同じ部屋を使っていて、押入れを分けて寝ていたのです。その中でこっそり本を読んでいたのが、それが主人公がはてしない物語を読んでいる姿とかぶっていて、その... 続きを読む

  • 小学生の頃に読んだ、一番のお気に入り。
    当時、読み始めたら止まらず一気に読み切ってしまいました。
    のめり込み過ぎて、読み終わった時の喪失感ときたら。
    幼い私はアトレーユにほのかな憧れも感じてしまいました。


    そして一昨年の冬、また一日一章ずつじっくりと時間をかけて再読。
    色々と忘れている部分も多く、驚きもありましたが・・・
    今読むとアトレーユやファンタージエンの魅力よりも、
    バスチアンの虚栄心・傲慢さの方が、現実味を増してずっしりと響いてきます。

    お気に入りの本を再度読み通すのは、やはり良いですね。
    自分の変化も感じ取れます。



    本が閉じられた時、中の登場人物はどうなっているんだろう?
    幼い私はそんな事も考えていたな・・・と笑って思い出していましたが、
    今もまた、そんな感覚が沸々と蘇って来ているのを感じます。

  •  この物語を初めて読んだのは、私が小学校の低学年頃だったのですが、生まれて初めて物語そのものに深く引き込まれ、生まれて初めて寝食を忘れるほど噛り付いて読んだものとして、20歳を超えた現在でも鮮明に覚え... 続きを読む

  • ネバーエンディングストーリー映画が好きで読みました。映画ではバスチャンが最後にあの子の名前を叫びますが、名前までは聞き取れません。本作品には叫んだ名前が書いてあったような・・あれはすばらしい名前なのか?

  • 小学生のときに読了。この話は別の機会に・・・というフレーズ。いつ話し出てくるんだろうと思ってたらラストでそうかーーーと。やり出してやりっぱなしになっていることあるなと今改めて読み返したい。

  • 第27回天満橋ビブリオバトルで紹介した本です。

    https://www.facebook.com/events/454081867986515/

  • 小学校のときにハードカバーを読んで、自分がバスチアンのような気持ちになってドキドキしながら何度も読んだ本。本の魅力を教えてくれた、いちばん大切な本。

  • でぶでX脚でさえないいじめられっこのバスチアン。ちょっとした出来心で古本屋の店主が読んでいたあかがね色の表紙で二匹の蛇が尻尾を噛みあっている表紙の不思議な本を盗んでしまう。学校をさぼって物語を読みふけるバスチアン。彼がファンタージエンに行くまでのとまどいやときめきは小学生の頃図書室でいつまでも本を読んでいた時の気持ちを思い出した。早く読まないと閉館しちゃうと焦りつつもじっくりよみたいという気持ちに... 続きを読む

  • 瞬間は永遠、何かを得たら何かをなくす、生命の水
    夢を見ることはすばらしい、夢を見ながら生きることはよりすばらしい

  • 本当に果てしなかった!
    でも、大人になっても楽しめる話でバスチアンと一緒に色々な冒険が出来た気がする。
    この話はもっと沢山の人に読んでほしいな☆

  • ファンタジーの定番
    ネバーエンディングストーリー。


    少年は本の中で成長して、現実に戻っていきます。素晴らしい作品です。
    多分、自分が本というもの好きになったきっかけになった作品の一つ。
    一冊一冊、それぞれに世界がある。(なんか上手く言えない)と気がついたのはこの本を読んだからです。

  • 装丁から物語に入り込める作品。小さい頃から読んでいるが、読むたびに新しい発見がある

  • ところどころ物足りない表現があるものの、少年が成長する過程が面白い。力に伴う責任、自分がどうあるべきかということを考えさせられる大人も楽しめるファンタジー。

  • 望むということに慎重にならねばならない、
    些末な望みを叶えながらも、真の願いへの道を辿らなければならないよ、という教訓。

  • 長い本を読むよりも映画を2時間くらいかけてみた方が楽でいいと思ってたけど、間違ってた。
    全く別の作品と捉えていいくらい。
    こんなに引き込まれるファンタジーは今までなかった。
    大人にも読んで欲しい。

  • 小学校高学年の子供に、ブックトークをすることになり、この本を選んだ。

  • 本を読み始めたのは、海外のファンタジーから。その感性の豊かさに驚きのめり込んでしまった。
    海外ファンタジーにハマっていた頃、ネバーエンディングストーリーの原作がある事を知って、本の購入を考えるが…
    図書館で偶然見つけて、期待を込めて読んだが期待以上で、もう…胸がいっぱい。
    ファンタージエンに行った時、途中の冒険…涙が出そうになる程感動してしまった。
    もうとっくに、不思議な事を考えてワクワクしたり、そういう気持ちは無くなったものだとばかり思っていたけど、まだちゃんと持ってたんだと気づいて嬉しかった。
    大人になった今、美容院に行くのを1度控えてこの本を購入しようと思う。

全792件中 1 - 25件を表示

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)に関連する談話室の質問

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)に関連するまとめ

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)を本棚に登録しているひと

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)を本棚に「積読」で登録しているひと

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)の単行本

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)

北川恵海

サザエさんシンドロームって知ってますか?

日曜日のサザエさんのエンディングを聞くと、月曜が憂鬱になる現象、それが「サザエさんシンドローム」です。
そんな、シンドロームにかかった主人子の青山。色々あって、駅のホームで偶然小学校時代の同級生ヤマモトと名乗る男と遭遇する。
そのヤマモトとの出合いによって変わっていく青山、そしてヤマモトの正体を知って驚き、そして最後に自分で考え青山は行動します。
帯にある『働く人ならみんな共感! スカっとできて最後は泣ける』という言葉のとおり、最後は本当に泣けます。
いま、働くことに悩んでいるすべての人に読んでもらいたい、そんな一冊です。

本の詳細&レビューを読む»