ハイジ (上) (岩波少年文庫 (106))

  • 97人登録
  • 4.03評価
    • (15)
    • (5)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
制作 : マルタ・プファネンシュミート  上田 真而子 
  • 岩波書店 (2003年4月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001141061

ハイジ (上) (岩波少年文庫 (106))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 世界名作劇場のアニメは観たことないのですが、どんな作品かずっと気になっていました。
    ハイジが来てから黙々と家に迎え入れるおじいさんが可愛い。おじいさんがハイジを気に入る特別なエピソードはないのですが、いつの間にか当たり前のように互いを受け入れてるのがとても素敵な関係だと思います。対称的にペーターはやんちゃというかその年頃の男の子っぽい雰囲気。
    フランクフルトに連れていかれてからは個人的にはちょっとだらだらしてるなぁという感じでした。ハイジが山に帰れてよかったです。

  • デーテおばさんに連れられて、ハイジはアルムの山の上のハイジのおじいさんの所に行きました。麓の村ではおじいさんのよくない話ばかり。いい仕事に巡り会えたデーテおばさんはハイジをおじいさんのところに置いて世話をしてもらうことにしたのです。
    気難しいおじいさんにも、山羊使いのペーターや山羊たち、そして雄大なアルムの山々の自然にもすぐに打ち解け親しんだハイジ。山での暮らしがすっかり気に入りました。

    子どもの頃から大好きなアニメ。原作をやっと読みました。
    昔の訳だと少し難しい表現かなと思っていましたが、全くそんなことはなくスイスイ読み進められました。
    私が最も感動したことは、アニメで省かれているエピソードがほとんどないということです。
    先にアニメを知っているので、読めば読むほどアニメーションのハイジ達が頭に浮かびます。どの場面でも浮かんでくる。それってすごい事だなと感動しました。
    原作を読んでもやはり、ハイジのいじらしさやまっすぐさに涙します。私の原点だなぁとしみじみ感じます。

  • 今更ながら、ハイジ読んでます
    こんないじらしい子だったのかハイジ……
    それにしてもロッテンマイアさんは安定してるな……

  • 上巻はクララのおうちで夢遊病になって、アルムに帰るまで。

    ハイジは非常に快活な子で、それゆえおじいさんともうまくやっていける。
    このつれてこられた子が愚鈍な子だったら・・・と考えると恐ろしくもある(!)。

    翻訳も昔のものなので、この(時代の)本でしか味わえない、翻訳の味も味わいながら、すばらしい世界に没頭しました。

  • ほんとにね、切実で素敵でね、心が震えるのです。

    子ども時代最高に幸せだったのは、

    この作品をアニメーションに仕立ててくれた

    おじさんたちがいたことです。

    ずっと希望を感じて生きてこれたのは、

    この作品を生んだ作者さんと

    そのおじさんたちのおかげです。

  • なんとなくアニメのハイジを知ってるだけだった
    素晴らしい!
    ハイジがスイスに帰りたい気持ちを押し殺してるところは泣きそうになる

  • 上下巻、読了。

  • 宗教描写も多いが、アニメのハイジが吹き飛ぶくらい素敵な本。チーズもパンも、本当に美味しそう。読んで良かった。

  • 有名なアニメでありますがどんな話だったかな?と思い読んでみました。ものすごく小さいころに見ていたそうですが(母談)流石に覚えていなかったので。概ね、こんな話だったかな、と思っているのと同じお話でした。

    この前読んだ米原万理さんの本でハイジがヤギのミルクを飲み、こんなおいしいミルク初めて、と言ったところからヤギ乳ってどんない美味しいものだろう、と思っていたのに実際飲んでみたらクセが強くて…と言う記述がありました。確かにヤギはクセが強そうですねえ。それにしてもハイジはパンとチーズとヤギの乳で大きくなってるなあ、と感心しました。大自然は良いですよね。自分もイナカ育ちなので都会ではなかなか順応できなそうだなあと思い読みました。それにしても大人になってから読んだのでロッテンマイヤーさんの苦労がしのばれました。いやはや、大変な子が来ちゃったもんだ、と(笑)。

  •  アニメでよく知られる「ハイジ」ですが、原作は「信仰の物語」です。
    アニメ自体はとてもよかったのに、それがほとんどカットされてしまっていたんだなぁ~と残念に思いました。

     さて、原作の中のハイジも元気に、素直でまっすぐに生きています。
    クララのおばあさまから「神様」のお話を聞き、「放蕩息子」の絵本をもらいます。そして、神様が私たちにとって一番いいことが何であるかご存知で、いいようにしてくださるというおばあさまの言葉をそのまま信じます。
    きっと聖書に書いてある「子どものような信仰」ってこういうことを指すんでしょうね。
     そして、いつも人のことを気にかけて、他の人が必要としているものをあげようとする優しさと思いやり。たくさんのことを「ハイジ」に思い出させてもらった気がします。

     読み終わったあと、アルプスの素敵な景色を見に出かけたくなりました!!

全13件中 1 - 10件を表示

ヨハンナ・シュピリの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
R.L.スティー...
レフ・ニコラーエ...
エーリヒ ケスト...
ヨハンナ・シュピ...
モーリス ドリュ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ハイジ (上) (岩波少年文庫 (106))に関連する談話室の質問

ハイジ (上) (岩波少年文庫 (106))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハイジ (上) (岩波少年文庫 (106))を本棚に「積読」で登録しているひと

ハイジ (上) (岩波少年文庫 (106))のKindle版

ツイートする