お姫さまとゴブリンの物語 (岩波少年文庫 (108))

  • 134人登録
  • 3.90評価
    • (22)
    • (18)
    • (29)
    • (0)
    • (0)
  • 18レビュー
制作 : アーサー・ヒューズ  George MacDonald  脇 明子 
  • 岩波書店 (2003年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001141085

お姫さまとゴブリンの物語 (岩波少年文庫 (108))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『文学少女のグルメな図書ガイド』より
    味わいのあるパン

  • イギリスファンタジーの古典で、1872年に本になったとあとがきにあります。けれども、充分に楽しむ事ができるでしょうし、他のお話などにも影響を与えているのではないかと思います。表紙は竹宮恵子で、たぶん「地球(テラ)へ」を書いた漫画家だと思いますが、中にも沢山のアーサー・ヒューズの挿絵があり、こちらの方が物語のキャラクターを表現しているものと思います。朗読など読んでもらうなら中学年くらいからでも、聞けるのではないでしょうか。続編「カーディとお姫さまの物語」がある。

  • 子どもの頃、大好きだったシリーズ。
    お姫様は小さいのに気品があり、なおかつ行動力と決断力がある。
    国の大事に独自の判断で冒険に出ていきます。
    彼女を助ける少年カーディも勇気ある優しい少年です。
    ゴブリンたちのユーモラスかつ恐ろしさを秘めた描写も見事。
    女の子なら夢中になることうけあいのファンタジーです。

  • 信じることが、テーマかな。
    おばあさんが、キーパーソン。

    ナルニアや、アリスより古典だけど
    現代の子どもたちも好きそう。
    ジブリが、好きそうなテーマだし!

    男の子も活躍するのに
    タイトルのお姫さまというのが惜しい。
    メルヘンじゃなくて、
    意志を持った女の子の冒険だもんね!

  • その友人にはルイス・キャロルがいて、トールキンやC.S.ルイスが愛読し、多大な影響を受けたという、いわばイギリスファンタジーの源流ともいわれるジョージ・マクドナルド。

    その古典的作品とは知っていましたが、岩波少年文庫の表紙絵が、なぜか現代的コミック風だったのにはちょっと戸惑いがあったのも否めず(笑)どこかで見たような気もしてたら、竹宮恵子さんの絵だったんですね(挿絵は違います、ちゃんと古風な雰囲気)…読み終えてみれば、怖れを知らない勇敢で可愛いお姫さまと品のいいカーディの要素は伝わるので、まあいいか。

    たしかに面白い。独特の語り口と、美しい情景描写、不思議で惹きつけられるおばあさまという、善を導く幻想的存在…おとぎ話のような切り口から、邪悪なゴブリンたちと戦う冒険物語へと、見事に話に引き込まれます。
    また、人によって見ているものや見えるものが違うという、一見、不可思議な要素や世界も、実はないとはいえないということ(哲学)が、おばあさまやカーディのお母さんなどを通して、穏やかに語られているのも印象的でした。

    続編があり、読みたい気もするけど、そちらはやや暗いとか?(先入観はいけませんねー)

  • あの「金の鍵」に感銘を受けつつも、どうしてもこの本に手が伸びなかった理由。  それは、この「カーディとお姫さまの物語」の表紙の絵にありました。  どこかで見たことがある画風。  決して嫌いではないものの、明らかに「漫画」のソレに何となく抵抗を覚えちゃったんですよね~。  今回 KiKi が読んだ「お姫さまとゴブリンの物語」は少年文庫特装版の方なんだけど、今、巷で売られているものは「カーディ~」と同じコレ(↑)だし・・・・・。

    でも、この挿絵。  あの竹宮恵子さんの挿絵だったんですねぇ・・・・。  KiKi が中学生ぐらいの頃一世を風靡し、KiKi も夢中になったあの漫画家さんにこんなところで再会できるとは思ってもいませんでした。  で、人間っていうのはゲンキンなもので、誰の作品なのかわからなかった頃には「敬遠」のネタだったこの絵が、あの懐かしい時代の思い出深い漫画家さんのものだとわかった瞬間に親しみを覚えてしまうのですから・・・・・・ ^^;

    (中略)

    「お姫さまとゴブリンの物語」の軸をなしているのは、「正しい心のありようとはどんなもの?」という問いかけのような気がします。  大きな大きなおばあさまの存在がそれを象徴しているように KiKi には感じられました。  若く美しい外見を持ちながらも老成しきった雰囲気を纏い、「信じて貰えなければ存在を確認することも難しくなってしまう不確かさ」を秘めた存在。  相手を信じることや理解し思いやることは、言うは易し行うは難しの筆頭みたいな人としてのありよう、心の持ちようだと思うんですよね。  疑われることは悲しいし、辛いし、苦しい・・・・・。  でも、人は自分が信じようとしていないときにはそこに想いを馳せることはありません。

    (全文はブログにて)

  • やばい^^^^
    これは宮崎さんおすすめじゃなかったかな?
    おすすめしてもらったので借りてみたんですが、
    表紙が!笑
    ものすごい少女漫画チックで、読み終わってから笑ってしまった(あとでまた書きます)んですが
    表紙が異色でした。こんな表紙の他にないよ~

    地上の人間と敵対してるゴブリンとすったもんだいろいろある
    お姫様と鉱夫の男の子の信じられないことも信じようよ!理解と寛容が大事だよね
    な冒険ストーリーでした。

    女の子(アイリーン)がお姫様で8歳なんだけど、
    お姫様らしいいやなところ(高飛車とか高慢とか)がなくて、素直でかわいらしくて
    とてもよい子でした。

    男の子(カーディ)も勇敢でやさしくてお母さん思いで
    明るくて礼儀正しくてとーーーってもよい子でした。
    かわいいかわいい!!

    おばあさんのことや、ふしぎなことがいろいろあって
    伏線あんまり回収してなさそうで、
    何やらまだまだ続きがあるそうなので、ぜひ読みたい~><

    よい子たちが冒険をして、正しい行いを正当に評価されるのは、読んでて気持ちがいいなあ
    世の中そうじゃないっていったって、本の中でまで辛い目にあったり不幸なことがたくさん起こるのは、
    たまに読むのはいいけど気が滅入っちゃう
    悪いひとも、そりゃいないとお話にならないけど
    たまに泣きたくなるほどひどい人とか出てくると途方にくれます

    その点この本は、理解する気持ちとかちょっと足りないところがあるけど悪いひとは出てこないし、
    ゴブリンたちも死んじゃうのが気の毒なくらい、
    そんなに悪くも思えないし・・
    カーディの家族や、やさしいおばあさんや、理解のあるお父さんや、よいひとがたくさん出てくるなあ・・!

    で、表紙(挿絵は残念ながらちがうひとでした)なんですが
    なんとなんと!
    竹宮恵子さんでした!!^O^
    気付かなかったけど言われてみればそうだ~!
    竹宮さんも好きなのかな?この話!

    8歳と13歳じゃ、恋だの愛だのよくわかりませんが、
    もっとこのふたりを見てたいなーー
    「カーディとお姫さまの物語」
    「かるいお姫さま」
    「金の鍵」
    ってのが続編らしい!よむぞよむぞー!!

  • おばあさんとのところが一番好きでした! ファンタジックですごくきれい。お姫様のかわいらしくてかしこくて、勇気のあるところがすごくよかったです。カーディもいい子でした。ちょいちょいペース落ちてしまうようなところもありましたが、すごく好きなお話です。やっぱりおばあさん!あそこはもうやばい(笑)!

  • 勇者のお母さんが、彼が解けなかったほつれた紐かなんかを解くシーンが印象に残りすぎるくらい残っている。
    この絵、竹宮恵子らしいですね。

  • 高校生の時に、受験勉強の合間に読んだ作品です。
    とにかく、読みやすくてストーリーが読んでいるうちに、目に浮かびます。
    カーディもお姫様もとても良い人たちで、とても美しい物語です。

全18件中 1 - 10件を表示

ジョージ・マクドナルドの作品

お姫さまとゴブリンの物語 (岩波少年文庫 (108))に関連する談話室の質問

お姫さまとゴブリンの物語 (岩波少年文庫 (108))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

お姫さまとゴブリンの物語 (岩波少年文庫 (108))を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする