モモ (岩波少年文庫(127))

  • 6132人登録
  • 4.13評価
    • (1137)
    • (588)
    • (733)
    • (25)
    • (12)
  • 795レビュー
制作 : ミヒャエル・エンデ  大島 かおり 
  • 岩波書店 (2005年6月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (409ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001141276

モモ (岩波少年文庫(127))の感想・レビュー・書評

  • 誕生日にもらった1冊。
    もらったその日に読み切ったことを覚えてます。

    友達、仕事、約束、夢。
    「時間」はいわば、すべてのエネルギー。

    大人は効率よく勉強しなさい、時間を無駄にしないって言うけど、その無駄ってなに?
    何も持たずに散歩したり、道に迷っても地図を見ずに歩いたり、ぼんやり空を見たり。
    時計の針が刻む数字ではなく、雲の流れから時間を感じる。そういうの、素敵だと思う。

    1番最初に読み終わった時の静かな温かい気持ちを忘れずに過ごしていきたいな。

  • 日々実感している時間の使い方について、時間を倹約しなさいというのではなく、効率よく、自分にとって有意義な時間を過ごすのが大切だということを物語から感じ取られる作品。時間は限られていて皆平等にあるものだから、無駄にするなとよく言われ、自分もうまく時間を使えていないと感じる部分もあったので、この物語から大切なもの、時は金なりの言葉がストンと入り込む。少年文庫とあるが、大切なことが優しく平易に書かれた物語なので、大人にもお薦めである。

  • 現代人の時間の使い方について考えさせられる物語。特に「じじ」の夢を叶えるごとにより忙しくなり、嫌になりながらも、その夢と忙しさを手放すことのできない、という心境に、感じ入るものがあった。

    時間銀行を運営する時間泥棒達が暗躍して、人から大切な時間を奪っていく。かつてゆっくり働いていた大人は、精力的な労働こそが幸せを掴める最短距離なのだと説得され、忙しく働きお金を得るようになる。一方で、働くこととは無縁であった子供達も学校や将来の仕事ために、忙しく、精力的に勉学をし始める。唯一時間泥棒の天敵となった「もも」が時間泥棒二立ち向かう。

  • いろいろ考えさせられる。

    時間のことだけでなく、心について、
    仕事に対する姿勢について、
    子供に対する姿勢について
    人に対する姿勢について。

    人としての温かみを忘れてはいけないことを、
    モモと共に冒険しながら体感することができた。

    日ごろ当たり前に感じていることも、
    当たり前ではなく、
    それらのことについて、
    一つ一つ考えていく「時間」こそが
    私たちには1番必要なものだと、
    強く感じた。

  • 小学生のときに読んで以来の『モモ』。ドイツ語学習のモチベーションになればという気持ちで読みはじめた。しかし、大人に近づきつつある今改めて読み返すと、ただのファンタジーでは収まりきらない何かを持っていることをひしひしと感じた。そろそろ初級レベルから脱することができそうなので、今度は本書の助けを借りつつドイツ語で読んでみよう。

  •  小学生の頃図書室で、大人になってから改めて読んだ本。
     子供の頃は意味がよく分からなかったが、改めて読むと面白い。意味不明さの中に教訓が混じっている。
     友達は大切だ。

  • やっぱ、永遠の名作。

  • 時間とは何か?1970年代に書かれた本だけど、現代を表しているようだった。読書会に使いたい。みんなでこの内容をテーマに話し合ってみたら面白いと思う。
    豊かさとかは何か、幸せとは何か、とも繋がる。

  • モモは勇気ある素敵な女の子だ。わたしも、人の話はしっかりと聞こうと思った。簡単なようでとても難しい。
    姪っ子がもう少し大きくなったらプレゼントしたいな。というのは、大人のエゴかなあ。

  • 時間に追われて自分の気持ちを省みたりする余裕がなくなることはあると思う。
    そんな時のために家に1冊置いておきたい本。子どもより大人に響く話だと思う。

  • 2017.1.5読了
    モモ 頑張ったね。カシオペイアくん、モモを守ってくれてありがとう。演ずる前にみんなこれを読むべきだ、大人も子供もね。

  • 小学校高学年にはぜひ!読んで欲しい。
    大人が読むのもgood。

  • 直ぐ読終わるつもりがけっこうかかってしまった。

    児童書らしく不思議なことが起こる。
    それに立ち向かう、わかりやすい物語。

    小学生の頃からクラスの本好きな子はみんな読んでたんだけど、その頃大字はハリポタ読むのにどハマり中。
    結局きっかけがないまま、この年になってしまったので時間も有るしという事で児童書コーナーで物色。久しぶりに眺める児童書コーナーは面白い。

    内容は凄い迫力を持っている訳ではないが、その言葉1つ1つに重みがあり、なかなか読んでいて、ほーと感嘆のため息でした。
    大人になっても読める素敵な本でした。

  • 時間銀行に預けた時間と、現実世界で倹約された時間は似ているが違うものだ。そこだけ混同しなければ、後は小説世界のとおりで、時間はとても大事で、生きたいまを生きることが大切なのだろう。
    問題提起は素晴らしいが、肝心かなめの解決策というのは児童文学なのでそれらしいものになっている。実際には、自分の時間泥棒たちは自分で見つける他はない。
    ゲームやテレビは時間泥棒だろうか。それは人によって異なりそうだ。作者のあとがきがまたなんとも妙で良かった。

  • 2016.11.08
    ≪読んだ後の気分を一言で≫
    仕事の仕方変えてみようかな。(・ω・`)

    ≪レビュー≫
    『時間とは何か』『自由とは何か』

    「忙しい。自由な時間が欲しい。」
    と嘆く全ての人に一度読んで頂きたい作品。

    ーー世の中は大変便利になった。
    例えばそう、『車』。
    昔は何日もかけて歩いて目的地に到着したことだろうが、今は車を使えば大抵のところは一日もかからない。
    いやむしろもっと短い時間で到着してしまう。

    では、その空いた時間分、世の中の人は暇になったのか、自由な時間を手に入れたのか。

    というときっと「そんな事はない。」
    と誰もが感じるだろう。

    あなたのその時間はもしかしたら《時間泥棒》に奪われているのかもしれない。

    ーーそう。
    どんなに世の中が便利になっても、
    時間は平等である。

    どう使うのも、全ては自分次第。

    車の動かし方、使い方は知っていても、
    時間の使い方は知らない人の方が多い。

    私はこの作品を読んで、《主人公モモ》から改めて時間の使い方と、ほんのちょっぴりの勇気を学ばせて頂きました。

  • ミヒャエル・エンデの『モモ』、ずっと読みたいと思いつつ手をつけることができていなかったのだけど、文化の日に旅先に向かう電車のなかで一気読み。

    大人も子どもも、時間どろぼうに時間を奪われるなかで、それに立ち向かったモモができたのは、「話を聞くこと」だった、というのがとても示唆的で。

    実はいま、僕はキャリアコンサルタントの資格取得のために勉強をしていて、カウンセリングの方法論一つまり「聞くこと」が学びの中心なのだけど、キャリアコンサルティングにおいてもやはり、「聞くこと」によって相手が人生や仕事に対して意味付けをすることに寄り添うのです。

    モモの物語の世界で描かれている、大人も子どもも生きた時間一自分らしく生き生きと過ごせる時間を経験することが難しくなっているなかで、話を聞くことがその人がもう一度生きた時間を取り戻す一助になる。そんなふうに、あらためてキャリアコンサルティングに取り組むことへの意義を見つけることができました。

  • 若干、駆け足で急いで読みました。灰色の人間達の思うツボです。

    もしかして…映画アリス〜時間の旅〜はモモをも、モチーフにしてる?時計や時間の捉え方がまさにあの映画の世界を思い出させたのです。

  • 人の話をちゃんと聴ける少女モモが、時間泥棒から時間を取り戻す物語。「時間」の価値感を問われる。また、「時間」を通して「生きること」や「仕事」についても問われる。1973年の作品だがこれらの問いの重みは時を経て、一層増すばかりであろう。時間を盗まれた世界は当に現在の世界を端的に描いているようだ。また、子どもでも読めるに違いないが、年を重ねたからこそより突き刺さるものがある。深い。明快な答えはまだないが、安易に流さず真摯に向き合うこと、感情を味わうこと、そして楽しむことに時間を使いたい。

  • 時間の花の描写がなんと美しいことか!
    光り輝く色そのものでできているような、ひとつひとつ、違う花。
    時間泥棒達の持つ時間の描写と大きく違って、面白かった。
    現役の子どもだったころにも、この本は出ていたはずなんだけど、どうして今まで読まずにきたんだろう?

    でも、子どもの頃に読んでいたら、むしろ美しいものも、恐ろしいものも、楽しいものも、悲しいものも書かれているこの作品全体をうまく受け止めきれなかったかもしれない。

    子どもたちが遊戯教室で遊びを習う話や、「もっといろいろなものがほしい」としゃべる完全無欠のお人形、ビビガールは、もはやファンタジーの中の話ではない。
    背筋が寒くなった。

  • 1970年代に書かれた児童文学でありながら、現代の大人が読んでも、生き方を見直すきっかけになる1冊でした。

    ただ効率だけを追求した都会の暮らしを風刺した作品で、人間らしさ、ゆとりをもった生活の大切さを改めて感じさせてくれました。

  • 時間がない、って口癖のように言ってしまう自分はすっかり灰色のおばさんになってるなあと反省。モモの見た素晴らしい世界に触れたくて、映画のDVDを探す日々です。

  • 初出は1973年とのこと、僕はまだ9歳だった。本書の主人公、モモのところへ通いあげる子供たちの中にいたかもしれない。そして40年たった今、大人になった僕の目の前にモモの物語が再現されていることに驚くばかりだ。

    敗戦から工業国として立国する過程では、ドイツもイタリアも日本と同じような経済成長期を経験していたのだろう。かつての枢軸国ドイツ、イタリアの世相に警鐘を鳴らした物語が、現在の日本の姿にも当てはまるとは、普遍性を見るとしか言いようがない。
    でも、イタリアは灰色の男たちをやっつけたのかな?

    読んだのは2005年発行の岩波少年文庫で、言わば新訳本だ。この物語は、旧訳の時代を感じる日本語でこそ読んでみたいと強く感じた。

  • 時間を大切にしようって思いと、
    時間もツールなんだよなぁっていう気づきが得られた。

    映画『猫の恩返し』でも「自分の時間を活きる」ってことを伝ているけど、その意味がさらに深く理解できたかな。

    >>>>>>>>>>

    メタファーも読みやすくて良い本だったけど、現代社会が嫌になるので精神的に安定している人じゃないと読んじゃダメな本だな(苦笑

    児童書だけど、場合によってはというか、
    子供のタイプによっては読まない方がいい。

    こういうの解決したいよなぁ。

    精神論とかじゃなしにさ。

  • My best!効率という名の時間泥棒に翻弄される 大人の児童書。時代や自分の置かれている状況で、感じる事が変わる良書。

  • モモをよむ。エンデのことが良く話題になるが、
    ほとんど読んでいませんでした。
    それで代表作のモモを読み、その内容に驚きました。
    『時間』という問題を わかりやすく かたりかけている。
    モモ、ペッポ、ジジという主人公達が織りなす、不思議な物語、
    時間どろぼうに時間を奪われるという話。
      
    モモの特徴をうまくだしている。
    モモは、「見かけはたしかに異様で、清潔と身だしなみを重んずる人なら、
    まゆをひそめかねません。彼女は背が低く、かなりやせっぽちで、
    まだ8つぐらいなのか、それとももう12ぐらいになるのか見当もつきません。」
    モモは少女で、もじゃもじゃ頭で粗末な身なりをしている。
    あまり、外見にとらわれないということを暗示する。

    「モモのところに行ってごらん」といわれる理由は、
    「モモがものすごく頭が良くて、何を相談されても、いい考えを教えてあげられたからでしょうか?」
    「なぐさめてほしい人に、心にしみる言葉を言ってあげられたでしょうか?」
    「何についても、賢明で正しい判断を下せたからでしょうか?」
    「ひょっとしたら、魔法がつかえたのでしょうか?」
    「どんな悩みや苦労も吹き払えるような、不思議な呪文を知っていたのでしょうか?」
    「手相を占うとか、未来を予言するとかができたのでしょうか?」
    「小さなモモにできたこと、それはほかでもありません。相手の話を聞くことでした。」
    という モモの 好かれている理由を定義する。
    少女にも関わらず、気遣いができるのだね。

    人々から、時間を奪ってしまうこと。
    人々から、ゆとりを奪ってしまうこと。
    時間やゆとりを奪ってしまう「灰色の男たち」がいることが気づかされる。
    なぜ、彼らがいるのだろう。どうして、そんなことをするのだろう。

    時間節約こそ幸福の道。時間を節約してこそ未来がある。
    きみも生活を豊かにするために時間を節約しよう。
    いつの間にか、忘れていた 時間。
    そして、人間として必要な誇りや自信さえ失っていく。
    夢みる時間、空想にふける時間。時間って、自分のためにあるんだよ ってモモは思っている。

    モモは 人の話を聞きながら、実は 大切なことを教えてくれる。
    時間を取り戻すには、モモがやってくれることではなく、自分がすることなんだよね。
    エンデのもつ 思想の深さが モモを通じて 心に沁みる物語に仕上げる。

全795件中 1 - 25件を表示

モモ (岩波少年文庫(127))に関連するまとめ

モモ (岩波少年文庫(127))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

モモ (岩波少年文庫(127))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

モモ (岩波少年文庫(127))の単行本

モモ (岩波少年文庫(127))の単行本

ツイートする