モモ (岩波少年文庫(127))

  • 6515人登録
  • 4.13評価
    • (1182)
    • (611)
    • (744)
    • (26)
    • (13)
  • 837レビュー
制作 : ミヒャエル・エンデ  大島 かおり 
  • 岩波書店 (2005年6月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (409ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001141276

モモ (岩波少年文庫(127))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  今から書くことは、すべて私の心の中で、1ミリも思っていないことです。感じてないことです。嘘です。情報は疑ってかかるべきです。とくに下に書かれた文章とかには。この本の感想を書くのは苦痛でした。でも、なぜこれほどまでに苦痛なのかわかりませんでした。ある日、小谷野敦のレビューがこのモモのアマゾンページに載りました。そこで、ようやく痛みの理由を知りました。
     引用します。
    『これを読んで、日本人はあの盆と正月の帰省ラッシュといった愚かなことをやめるであろうか。話題の映画に殺到し、早く観ようとするのをやめるであろうか。やめたなら幸いであるが、どうもそうは思えないのである。
     この本は、「なんで話題の映画を早く観なきゃいけないの?」と言っているはずなのである。この本に感動しつつ、それをやめないとしたら、それは何にもなっていないのである。』
     ああ、その通りだ、そうだ、と思いました。
     私はこの小説を感動できなかった。だけれど、感動した風に書いたのが、下記の通りとなります。
     ……。

    「ごめん、時間ない」、「私が焦ってるの、見ててわからないの?」、「無駄口叩かないで」、「相手してる暇ないから」。
     私たちは今、とても窮屈な時代を生きています。『モモ』に登場する時間どろぼうにすっかり時間を奪われてしまったからです。
     現代に生きる私たちはこんな言葉に囲まれていると思います。もっと合理的になれ、効率良くしろ、余計なことを考えず生きろ。充実した人生を送れ、眠る時間以外は自分磨きに集中しろ。資格を取得して、自己啓発して新しい自分になれ。マニュアルを頭に叩き込んで即戦力になれ。そうしないと周りに置いて行かれる。みじめな人生が待っているぞ。他の奴のことなんて考えるな。時間はないんだ。
     そんな「~をしなければ生きていけない」で占められた空気の中で私たちは息も絶え絶えに呼吸して過ごしています。
    「世界で一つだけの花~♪」という歌、大事だよね、とでも言えば、嘲笑と共に「甘えだ」、「ふざけるな」、「贅沢言うな」と袋だたきにあい、恥をかいてしまいます。

     ミヒャエル・エンデの「モモ」の主人公『モモ』はこれらの空気の化身『時間どろぼう』と戦う物語です。
     モモは街の外れにある円形劇場の廃墟を住処として、人々と仲良く暮らす女の子です。ある日、時間を無駄にして生きるな、その時間を私たちに預ければ利子をつけてお返しするという時間貯蓄銀行を運営するどろぼう達が現れます。街の人は、なんて無駄な時間を過ごして来たことだろうと思いこみ、モモに構わなくなって必死に働き始め、何も考えないエゴの塊となります。どろぼうは、人が貯蓄した時間を葉巻に変えて、それを吸って生きている存在です。彼らを相手取り、モモは一人一人の大切な時間を取り戻すため、様々な困難を乗り越え、みんなを忙しいだけの空気から解放するという話です。
     ミヒャエル・エンデ(1929-1995)は南ドイツ生まれの児童文学作家で、モモは1972年の作です。岩波少年文庫として小学5・6年生以上向けであるものの、大人でも十分読み応えのある一冊です。
     モモと時間どろぼうの対立は、資本家に人間としての生き生きとした労働を奪われることに警告を発する寓話に読めます。時間=お金として、儲けるために機械化・合理化を果てしなく続ける資本主義経済について批判的に考えることができます。
     しかし、それだけでモモは終わりません。想像力を奪う、情報社会批判をも含んだ描かれ方がされていると思います。
     例えば物語の中に登場する子ども達は、どろぼう出現前には円形劇場で冒険家ごっこをするのですが、時間どろぼうが現れると、子どもは外に出られず、施設の中で、頭がよくなる遊び道具を相手に、日々を送る羽目になります。
     私たちも、朝起きて、夜中まで必死に働き、手の空いた時間はテレビ、アニメ、ゲーム三昧。ネットでは様々なニュースに対して、バッシングと誹謗中傷と反射的な言葉の数々に晒され、二手三手先を熟考する想像力はどこにもありません。
     私たちはどうすればそれを取り返せるでしょうか。
     モモを読めばわかることがあります。
     どろぼう達を撃退したモモはたった一つ、特殊な能力を持っていました。
     人の心を開かせ、本音で語らせ、本気で考え、スッキリとさせることです。自らの言葉で考える力を人は持っているんだということに気付かせる「聴く力」をモモは使えるのです。モモは何も話さずそこにいる。人の話を真剣に聞く。それだけで人々は幸せになり、想像力と思いやりのある社会を築くのでした。
     私たちの目は映像社会でとことん肥えてます。嗅覚も舌も非常にグルメであると思います。ただ、聴くことはいかがでしょうか。そして考えることは……。
     いちいち考えてる暇なんてない。たくさん本を読んで何か吸収しないと……。おいしい話以外、聴く気ない。そんな空気に飲み込まれそうな時や忙しさに心奪われかけた時、読みたい本だと思います。

  • 成人以降の本格的読書再開から、ちょうど1000冊目の記念に選んだ大切な一冊。
    (1000冊記念の、人生史のベスト3作&ベスト10大カテゴリ作品たちをまとめたmixi日記)
    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1963969046&owner_id=55853647

    円形劇場の廃墟に住みついた、もじゃもじゃ頭で粗末な身なりをした不思議な少女モモ。
    黙って話を聞くだけで、人の心を溶かし悩みを解消させる『聞く力』を持った彼女のまわりには、いつもたくさんの大人や子どもたちが集まっていた。

    しかし「時間」を人間に倹約させることにより、世界中の余分な「時間」を独占しようとする「灰色の男たち=時間どろぼう」の出現により、町じゅうの人々はとりとめのないお喋りや、ゆとりのある生活を次第に失っていき、モモの親友たちにも時間どろぼうの手が伸びるーー。
    そんな親友たちの危機を救うべく奮闘するモモの大冒険物語。


    以上、そんな作品です(^-^*)/
    人生で4回目位の再読になりますが、変わらず名作でした!
    時間どろぼうという、分かりやすく且つ恐るべきアイデアで練られた人間の強敵に立ち向かう冒険物語には、最後までハラハラドキドキさせられますし、
    加えてこの作品から読者が学ぶ大切な事が2つありました。

    まずは人の話をきちんと聞く大切さ。
    あらゆる場所・あらゆる人間関係に於いて、まずは他者の話を聞く事は1番重要であり、そのためには相手が『何でも話しやすい場の雰囲気を作る事も必要』ですし、その一環として『まずは自分自身が、どんな重い話・秘密の話・単なる日常的な他愛ない話でも、あっけらかんと話して全てを曝け出す』事も効果的ですし、僕もそうやって聞く力を学んでいた事がありましたし、
    誰もが聞く力を身に付けられたら、世界はもっと平和になります。


    次に、時間の過ごし方。
    時間というのは体感的な感覚に左右される部分が多く、同じ1時間を早く感じる時も遅く感じる時もありますし、時間の過ごし方によって心身への影響も様々異なります。
    今作は、ちょうど日本の高度成長期に出版され、ドイツでも目まぐるしい発展期だったように思い、誰もが仕事に忙殺される世界で夢見る事や心のゆとり・そして想像力の大切さ=読書の大切さを、作者は作品に込めたように感じました。

    僕自身、2011年から本格的読書を再開し、2016年までは長時間読書が出来る休日のみの読書をしていましたが、去年から『朝と夜の歯磨き時・風呂が沸くまでの時間・就寝前のストレッチ時間・トイレ時間』という、ちょっとした時間も読書するようになり、
    そうする事で『短時間でもすぐに集中出来る力・想像力と思考力の向上・趣味を越えて生活の一部へ読書が昇華・読書量の大幅増加』といった恩恵が得られ、一言でまとめるなら、『人生の幸せが大幅に増加』したと実感しています。

    そんなふうに、聞く力と時間の過ごし方の大切さに改めて考えさせられ、大冒険物語としても凄く面白く、
    加えて、ダリやマグリットのようなシュームレアリズム画家が大好きな僕を魅了して止まない作風と挿し絵だなと思っていましたら、何と作者の父親もシュームレアリズム画家であり、父親の絵をモチーフにした短編集も書かれていて、『モモ』の挿し絵は作者自身が書いており、きちんと作品自体にシュームレアリズムの精神が継承されている事を知り、より深く作品を愛した次第です!

    時代を超えていつまでも、老若男女を問わず魅了される永遠の名作として、誰にでもオススメしたい作品でした(^-^*)/

  • 初めて読んだのは大学生の頃でした。ミヒャエルエンデの教育に関する著作から逆に辿ってきた形です。大人になって読んでしまうと、実社会での風刺という意味合いを、無理に読み解いてしまい残念です。子供の時の素直な心で、時間泥棒と戦うモモの姿を見れたらよかったのにと思います。私の本棚に残っていますが、子供は読んでいないようです。

  • 私の人生観を決定的に変えたバイブル的読み物。
    ちなみに今は、賃金労働は最低限に抑え、残りの時間は空想で暮らしています。

    もう一つちなみに、プロフィール画像の猫もモモです。
    物語の主人公のように、ある日何気ない素振りで玄関の前に佇んでいました。

  • モモはきっと癒し系。今の時代にぴったり。
    「…するとたのしくなってくる。これがだいじなんだな、たのしければ、仕事がうまくはかどる。こういうふうにやらにゃあだめなんだ。」(ベッポの言葉より) 
    「時間て、…一種の音楽なのよ―いつでもひびいているから、人間がとりたてて聞きもしない音楽。でもあたしは、ときどき聞いていたような気がする。とってもしずかな音楽よ。」(モモの言葉より)

  • はっとさせられた。時間の過ごし方について考えさせられた本。とにかく速さを重視した時間の使い方では大切な何かを忘れてしまう。最後にモモは時間を取り戻すことはできたけど、実際にはどうだろう。利益を求めて速さを重視しシステマチックに仕事をこなす現代。経営者が労働者の時間を買っているといえるが、時間銀行に時間を盗まれている状態と、どう差があるのだろうか。檻に閉じ込められて、いろいろと規制され笑顔も想像力のなくなっていく子どもたち。将来に役にたつからと数字の勉強をして、いわれたままにお遊戯をしてみせて、、、本当は家族と遊びたいのに、友達と自分たちで考えた遊びを自由にしたいのに、、、何か違う。いろいろと考えさせられた。

  • 読み手の心理状況に合わせていかようにでも読める作品です。その時々で感想が全く異なると思います。今回は、副題の「時間」ではなく、モモの「聴く力」傾聴と寄り添いの重要性について注目して読みました。「分かち」「待つ」モモの傾聴スタイルはとても理想的です。モモは知識や技術がなくても「命の住処が心」だと気づいていてそれを意識した傾聴スタイルを確立しています。とかく主観を織り交ぜながら聞いてしまう人の話。なぜかわからないけれど善し悪しを決めたがってしまう人の話。モモは決してそういう聞き方はしません。だから皆、安心してモモを頼りにし、モモになら何でも打ち明けられ、かつモモがそのことについて特に何も言わなくても相談者自らが考え答えを出し、自然とあるべき姿に事はおさまっていきます。私にはこのモモのような理想的な傾聴ができるだけの力量はありません。答えはその人の中にある、それを自然と本人の力で引き出せるモモの「聴く力」お手本にしたいです。この本からは他にもたくさんのメッセージがありました。「虚しさ」や「抑うつ」がどうやってやってくるのかや、自分の持つ時間を誰に、何に割くのかによってその人の価値も決まること。大人が手間を惜しむと子供の創造力が無くなっていくこと。仕事への取り組み姿勢としては楽しんでコツコツと目の前にあることに全力を尽くすこと、などなど。子供から大人まで読んだその時々で得るものが変わる名作だと思います。

  • 一度は小学生の時に読んで、そして成人してからもう一度読んだ。
    子供のときも面白いと感じていたんだろうけど、ストーリーもあまり覚えていなかったので新鮮な気持ちで読み直した。
    そしておそらく、子供のとき以上にワクワクを感じながら読めたんじゃないかと思う。
    この物語に込められた意味は、大人になってからでないと身にしみて味わうことができないんじゃなかろうか。
    効率化や合理化のもと、時間を管理しようとした結果、逆に時間に支配され、心も夢も無くしたヒトの群れ。
    現代社会に対する風刺とも取れるし、もっと大きな危惧とも忠告とも取れる。
    エンデが執筆した時点での「現代」は、今では随分過去になったけれど、本質は多分変わっていないしむしろ悪化してるんだろうとも感じさせられた。
    だからこそ、モモやマイスターホラの目に映る、時間や世界、生と死の穏やかさは、万人の希望でもあるんだろう。

  • 時間どろぼうから時間を取り戻しに行く女の子のお話です。
    子どもの頃に読んだ人も多いと思いますが、時間に追われる今だからこそ身に刺さる描写が数多くあります。

  • 読みやすい物語で普遍的なテーマを問いかける、押しも押されもせぬ児童文学の名作。
    でもこれは、どう考えても子どもよりも大人の心に響く物語だと思います。今の子どもたちが知らない、時間がゆったり流れる子ども時代を経験した大人たちに。
    忙しい今の子どもたちには、モモと仲間たちがゆったり過ごす時間のほうがファンタジーに感じられるのかも知れないなぁ。

    『パパラギ』を思い出しました。

全837件中 1 - 10件を表示

ミヒャエル・エンデの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
宮部 みゆき
宮部 みゆき
奥田 英朗
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

モモ (岩波少年文庫(127))に関連するまとめ

モモ (岩波少年文庫(127))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

モモ (岩波少年文庫(127))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

モモ (岩波少年文庫(127))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

モモ (岩波少年文庫(127))を本棚に「積読」で登録しているひと

モモ (岩波少年文庫(127))の作品紹介

町はずれの円形劇場あとにまよいこんだ不思議な少女モモ。町の人たちはモモに話を聞いてもらうと、幸福な気もちになるのでした。そこへ、「時間どろぼう」の男たちの魔の手が忍び寄ります…。「時間」とは何かを問う、エンデの名作。小学5・6年以上。

モモ (岩波少年文庫(127))の単行本

モモ (岩波少年文庫(127))のKindle版

モモ (岩波少年文庫(127))の単行本

ツイートする