オオバンクラブ物語(上) (岩波少年文庫 ランサム・サーガ)

  • 37人登録
  • 4.38評価
    • (4)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 神宮 輝夫 
  • 岩波書店 (2011年10月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001141788

オオバンクラブ物語(上) (岩波少年文庫 ランサム・サーガ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 下巻にまとめて書きます。

  • もしも、関わってはいけないといわれて
    やむを得ず、関わらねばならなかったら…

    そんな状況下になってしまった
    一人の少年の物語ですが
    メインはあのDきょうだいです。
    電車でぎりぎりに乗ってきた子が
    今回の騒動に巻き込まれるトムという子です。

    これは今でもある問題だと思います。
    旅の恥は書き捨てなんていうのはひでぇ話ですよ。
    生物の生態系を守ろうとしている子どもを
    信じて上げられないあほな大人にも
    腹が立ちますがね。

    本当にトムはいい人に恵まれています。
    何回かピンチにこそ巻き込まれていますが
    何とか回避しています。
    (1回は機転を利かせなければ最悪のピンチでした)

    続きが楽しみ。

  • 個人的にはあまり気に入らなかったシリーズ第3作(このブログでの「ランサム・サーガ Review」 では第4作目になっちゃったけど)、「ヤマネコ号の冒険」を読了した際、この先この物語はどっちの方向へ向かって行っちゃうんだろう?とちょっとおっかなびっくりだった KiKi なんだけど、この第5作「オオバンクラブ物語」を読んでみてほっと一安心。  ・・・・・というより、あの「長い冬休み」で初登場したD姉弟のその後のお話であることを知り、安心を通り越して大喜びしてしまいました。

    ツバメ号 & アマゾン号クルーたちに大いに感化されたD姉弟は子供らしいライバル心(?)から次に彼らと会う前(つまり次の夏休みまで)にセーリングをこっそりと学んで、彼らの遊び世界から置いてけぼりを食らわないようにと考えます。  そこに何とも都合の良いことにイースター休暇をノーフォーク湖沼地帯で過ごすチャンスが転がり込んできます。  

    彼らを招待してくれたミセス・バラブルは、昔、姉弟のお母さんの女学校の先生だった人で、弟さんと2人で休暇を過ごすために船を一隻借りたのにたまたまその弟さんは仕事の都合で来られなくなり、姉弟を招待してくれたのです。  ところがその船(ティールズ号)に着いてみると、ミセス・バラブルだけでは船を動かせないので、船に泊まるだけという事実が判明。  

    落胆を必死で隠そうとする姉弟と、それに気がつくミセス・バラブル。  そこに再び別のチャンスが飛び込んできます。  土地の少年トム(鳥類保護運動をしている)が少し前から傍若無人な振る舞いが目立ち土地の人たちからちょっぴり白眼視されていた団体観光客とトラブルを起こしてしまい、彼らから逃げ隠れしなければならない状況に陥っていたのです。  土地っ子のトムはツバメ号 & アマゾン号のクルーたちも顔負けのセーラーなので、ティールズ号を動かしながらD姉弟にセーリングの手ほどきをしつつ、観光客から逃げ続けるということでお互いの利害が一致します。



    こうして始まった「逃亡劇」 兼 「セーリングの初級コースのレッスン劇」 兼 「くるくる変わる自然現象との戦い劇」 兼 「自然保護運動劇」 兼 ・・・・・・と、まあ色々な要素が組み合わさった冒険劇が繰り広げられるこの物語。  実に楽しい物語でした。  そこかしこにチラチラと見え隠れする「自然保護」に対するランサムの想いが印象的です。

    「長い冬休み」では、ツバメ号 & アマゾン号のクルーたちに押されっぱなし、どちらかというとお荷物的なポジションにいて、どこか「都会っ子」の匂いが強かったD姉弟が少しずつ少しずつワイルド系(と言ってもそんなに激しいものではない)に変貌していく姿は見ていて(読んでいて・・・・と言うべきか?)実に頼もしいものでした。

    特に KiKi にとって印象的だったのはディック(弟)の方で、眼鏡をかけてどこかボ~っとしたようなところもあり、典型的な理系天才型のもやし少年に思えたディックが案外頼もしいということ(笑)  そして、そんな彼らの変貌していく姿に

    「うんうん、これならツバメ号 & アマゾン号のクルーたちと十分やっていける!」

    と思わせてくれたことが本当に嬉しかった!!  と、同時にここから先はこの3家の兄妹たちの物語をぞんぶんに楽しめることが確信できたのが何よりもの収穫でした。

    もう1つ物語を読んでいて感じたのはトムと敵対することになった「傍若無人な振る舞いが目立ち土地の人たちからちょっぴり白眼視されていた団体観光客」(マーゴレッタ号)の人たちの姿がいかにも現代人の悪い面をデフォルメしたような描写になっていたことです。  静かな自然の中に遊びに来ていながら大音量で音楽をかき鳴らし、連日連夜のどんちゃん騒ぎ。  昼間は昼間で周囲の船の状況には頓着せずモーターボートで大波を蹴立てて狭い水路を暴走族さながらにかっ飛ばし、奇声をあげる・・・・・。  

    KiKi は軽井沢という所が大嫌い(でも北軽井沢あたりは決して嫌いじゃない)なんだけど、あそこはこのマーゴレッタ号のクルーみたいな人たちが多く集まる所だよなぁと感じます。  もちろん、そういう人ばかりじゃないのも知っているんですけどね。  でも、あそこへ行く度に(と言っても嫌いだからめったに行かないんだけど ^^;)

    何で都会をここへ持ち込まなくちゃいけないのか!  そんなに都会の利便さ・賑やかさが欲しいなら最初から山の中なんかへ来るな!

    というような気分になるんですよね~。  まあ、そんな観光客の落としてくれるお金であのあたりの財政が潤っているのは事実だから、あんまり大きな声で非難はできないことは百も承知なわけですが・・・・・ ^^;

    ・・・・・と書いて来てみて、KiKi がこのランサム・サーガで一番気に入っている点は「便利すぎる生活」に敢えて背を向けて、不便さの中にホンモノの自由を見つけ出している子供たちの姿勢・・・・のような気がします。  彼らは「小奇麗さ」とか「洗練さ」とか「便利さ」とか「文明の力」みたいなもの(要するに表面的なもの、自分の力には余ること)にはほとんど見向きもしません。  それよりは「自分たちの力だけで何かをする」ということに大きな価値観を置いています。  そうすることにより本当の意味で「生きている実感」みたいなものを感じている姿に共感しているような気がするのです。

  • 訳が…
    カタカナにすれば良いのか???

  • 神宮輝夫 訳!

全5件中 1 - 5件を表示

アーサー・ランサムの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ローズマリ サト...
冲方 丁
アリソン アトリ...
有効な右矢印 無効な右矢印

オオバンクラブ物語(上) (岩波少年文庫 ランサム・サーガ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

オオバンクラブ物語(上) (岩波少年文庫 ランサム・サーガ)を本棚に「積読」で登録しているひと

オオバンクラブ物語(上) (岩波少年文庫 ランサム・サーガ)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする