アーベルチェとふたりのラウラ (岩波少年文庫)

  • 19人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : テー・チョンキン  西村 由美 
  • 岩波書店 (2011年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001142037

アーベルチェとふたりのラウラ (岩波少年文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エレベーターで冒険に出たアーベルチェが、今度は誘拐されたラウラを探しに出かけます。

  • オランダの作家シュミットのアーベルチェの冒険の続編。前のお話を読まなくても楽しめます。個人的には、叫んでばかりいるやかましい口語体が苦手なのですが、お話の展開は楽しめた。エレベーターで旅をしてしまうよりは現実的なトレーラーハウスという設定が良かったように思う。

全2件中 1 - 2件を表示

アニー・M・G・シュミットの作品

アーベルチェとふたりのラウラ (岩波少年文庫)はこんな本です

ツイートする