もりのおばあさん (岩波の子どもの本 (9))

  • 40人登録
  • 3.38評価
    • (3)
    • (0)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 横山 隆一  光吉 夏弥 
  • 岩波書店 (1954年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (54ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001151091

もりのおばあさん (岩波の子どもの本 (9))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 森の中小さな家にタップスおばさんが住んでいた。
    いぬ、あひる、ぶたも一緒に住んでいた。
    あるとき、ロンドンから家の持ち主の子供の男がやってきて森の家から追い出される。
    おばさんの家ではなかったのだ。
    追い出されたことをかわいそうに思った3匹は、ねずみ、つばめに協力してもらって男を追い出そうとする。
    最後にやっと犬が蜂をうまく操って男を追い出すことに成功する。

    全部ひらがな。
    カタカナっぽい部分も全部ひらがな。

    動物たちが大活躍。
    おばあさんは100才を超えているせいか泣いてばかりで無気力…。

  • おばあさんの家を、ブタやアヒルたちが取り戻すはなし。

    薄い内容なのに長々と続き、読み辛らかった・・・

  • (教文館ナルニア国でゲット)
    ドリトルせんせいの作家さん。

  • 何度も読んだのに、また読みたくなる本。
    大好きでした。
    懐かしい!

  • 1954年9月1日

  • きのこがものすごく美味しそう。

全6件中 1 - 6件を表示

もりのおばあさん (岩波の子どもの本 (9))はこんな本です

もりのおばあさん (岩波の子どもの本 (9))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

もりのおばあさん (岩波の子どもの本 (9))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする