どうぶつえんのピクニック (岩波の子どもの本)

  • 60人登録
  • 3.46評価
    • (5)
    • (3)
    • (14)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : アーノルド・ロベル  舟崎 克彦 
  • 岩波書店 (1978年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001151534

どうぶつえんのピクニック (岩波の子どもの本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 4 36

  • 動物園の動物たちが檻に入れられてばかりで運動不足になってしまった。
    そこで園長は動物たちをつれてピクニックに出掛けた。
    楽しく過ごすが帰りがけ、動物たちが遊園地を見つけてしまい勝手に入ってジェットコースターや観覧車で遊んでしまう。
    園長の声も遊んでいる動物たちには届かない。
    そこで園長は乗って来たバスの見た目を派手に飾り付け、自身も園長だと分からないように変装して、遊園地で一番楽しい乗り物だと言い、動物たちを乗せて動物園まで帰る。
    動物園につくと園長もいないし、詰まらなそうにする動物たちだか、園長が変装していたのを知ると大喜び。
    それからというもの動物たちと園長はたまにピクニックに出掛けるようになった。

    絵が独特で見ているだけでニコニコ出来そう。
    遊園地で乗り物に乗っている動物たちが明らかに観覧車からはみ出ていたり、ジェットコースターの上にちょこんと乗っているだけだったり、とシュールだった。

  • 動物園の動物達が風邪を引いちゃった。お医者さんは曰く「すこうしうんどうがたりませんなあ。かぜがよくなったら うみにつれていって、しおのにおいでもかがせておやりなさい」何日か経って、飼育係のマスターさんは、風邪が治った動物達を、バスで海に連れて行った。皆は毎日砂浜で遊んだり、泳ぎ回ったり・・・さあ帰る時間だよという時になって、近くの遊園地から聞こえてきた音楽。動物達は遊園地目掛けて駆け出した。「こらっ、とまれえっかえってこいったら」マスターさんは叫ぶけど、動物達は遊園地で遊ぶことで頭がいっぱい。ローラーコースター、観覧車、パラシュートジャンプ・・・「なんとかしなくちゃ」そこでマスターさんは考えた。動物達が喜んでやってくる方法を!

  • 散歩がてらの図書館で借りてきました。

    狭いおりのなかで運動不足になった動物たちを
    飼育係のマスターさんがピクニックに連れてゆくお話。

    遊園地をすっかり気に入ってしまった動物たち、
    マスターさんはどんな作戦で動物園へ連れて帰るのでしょう。

  • 風邪をひいた動物園のみんなは、リフレッシュのために海と遊園地へ。なかなか帰りたがらない動物たちに、「おーい、おうちかえるよー」と息子。それ、いつもの私のセリフです…

全5件中 1 - 5件を表示

アーノルド・ロベルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
モーリス・センダ...
なかの ひろたか
トミー=アンゲラ...
馬場 のぼる
酒井 駒子
有効な右矢印 無効な右矢印

どうぶつえんのピクニック (岩波の子どもの本)を本棚に登録しているひと

どうぶつえんのピクニック (岩波の子どもの本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

どうぶつえんのピクニック (岩波の子どもの本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

どうぶつえんのピクニック (岩波の子どもの本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

どうぶつえんのピクニック (岩波の子どもの本)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする