ぼくと〈ジョージ〉 ドラゴンをさがせ (カニグズバーグ作品集 3)

  • 32人登録
  • 3.61評価
    • (4)
    • (3)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : E.L. Konigsburg  松永 ふみ子  小島 希里 
  • 岩波書店 (2002年2月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001155938

ぼくと〈ジョージ〉 ドラゴンをさがせ (カニグズバーグ作品集 3)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何を画いてもドラゴンになってしまう少年、アンディーを巡る、E.L.カニグズバーグの作品です。相棒の主婦エディーは、ドラゴンは生きていくうえで必要なものだといいます。必要でない人ももちろんいますが、私の場合、マラソンがドラゴンです。子供読書週間だからというわけでもないのですが、最近子供向けの本を少し読みました。同じ作品集の『ぼくと<ジョージ>』や、エーリヒ・ケストナーの『エーミールと探偵たち』、フィリパ・ピアスの『トムは真夜中の庭で』、『まぼろしの小さい犬』とかです。古い訳が多いので、少し読みにくいのが難点です。

  • 「ぼくと<ジョージ>」読了。

  • 自分の中に、誰かがいると思ったことはありませんか?二重人格とまではいかなくても「優等生な自分」「怠け者の自分」たてまえと本音のように、心の中で住み分けてる。ときどき、そう感じることがあります。「僕」と「ジョージ」もそういう関係です。なのに周囲は、「僕」が二重人格であるかのように、怯えるときがありました。理不尽だ、と思うのは「僕」だけではないでしょう。「僕」は成績が優秀であることでアウトサイダーになりつつも「ジョージ」の存在で、踏みとどまります。結局、自分を理解し、救えるのは自分だけなのかも知れません。

全3件中 1 - 3件を表示

E・L・カニグズバーグの作品

ぼくと〈ジョージ〉 ドラゴンをさがせ (カニグズバーグ作品集 3)に関連する談話室の質問

ぼくと〈ジョージ〉 ドラゴンをさがせ (カニグズバーグ作品集 3)はこんな本です

ぼくと〈ジョージ〉 ドラゴンをさがせ (カニグズバーグ作品集 3)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぼくと〈ジョージ〉 ドラゴンをさがせ (カニグズバーグ作品集 3)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする