ぼくのかわいいおさるちゃん

  • 11人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : クリスティーナ・ディーグマン  菱木 晃子 
  • 岩波書店 (2010年4月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (54ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001156393

ぼくのかわいいおさるちゃんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スウェーデンの作家が南アフリカに住んだ時の体験を元に書いたお話。野生のヒヒと男の子の関わり方が良い。男の子の心も丁寧に書いてあると思った。書き出しが唐突で、どこの国のお話で男の子がどんな子で何をしているのかわかりにくかったのが残念。もっとすーっとお話に入っていけたらいいな。

  • なかよくするって、すごく、すごく、むずかしいこと。
    相手が野生の動物だと、もっと……
    わかろうとするかどうか。
    わかりたいと思うかどうか。
    考えさせられた。

  • あっさりとしたラスカルという感じ。猿の赤ちゃんの絵がなかなかリアル。

全3件中 1 - 3件を表示

ウルフ・ニルソンの作品

ツイートする