ようせいのゆりかご (せかいのどうわシリーズ)

  • 20人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 河本 祥子  河本 祥子  Ruth Ainsworth 
  • 岩波書店 (1993年2月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (94ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001159837

ようせいのゆりかご (せかいのどうわシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いろいろなふしぎな事があったからおもしろかった。

  • エインワースは名前だけ知っていて、著作を読んだのはたぶん初めて。
    こんなにも優しい物語を描く作家さんがいるんだ! 物語を一つ読んだ後は、何とも言えない感動を覚えました。
    収録されている物語は、小人や妖精といったよき隣人の人々と、子供たちとの心温まる交流がほとんどで、イギリスという風土と妖精の付き合い方というものの奥深さについて、深い感銘とともに考えさせられました。日本人と妖怪がこんな風に付き合えるかっていうと、わたしにはよくわからないので……。
    子どものための物語とは、このように優しい眼差しを持つもので、きっと大人が読んでも、大事な物に気づかされる。
    そんな素敵な一冊となっています。

  • サリーが庭でゴムまりで遊んでいると、悲しそうな小さな声が
    聞こえてきました。
    声の主は一匹の茶色いクモでした。
    わけを聞くと、サリーのゴムまりが、せっかく作ったゆりかごを
    こわしてしまったようです。
    ゆりかごは妖精の女王様の赤ちゃん用で、今から作り直したのでは間に合わないと言います。
    サリーは、なんとかしてあげたいと思いました。

    そのほかにも、動物やこびとが出てくるふしぎなお話が6編。

  • ルースエインワースの短い物語のうち、妖精などのお話を集めた一冊。優しい気持ちになれます。

全4件中 1 - 4件を表示

ルース・エインワースの作品

ようせいのゆりかご (せかいのどうわシリーズ)はこんな本です

ツイートする