わたしはイザベル (STAMP BOOKS)

  • 21人登録
  • 3.71評価
    • (2)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 井上 里 
  • 岩波書店 (2016年11月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001164138

わたしはイザベル (STAMP BOOKS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『アラスカを追いかけて』と比べると、純文学だなあ、と思う。物語を楽しみたい人には『アラスカ』の方が面白いだろう。
    これは、母から虐待を受け、大人になっても社会に馴染めない女性が、「書く」ということに、つまり自分が本当にやりたいことを見つけるまでの物語。読み物として面白くしようとするなら、もっと虐待部分を繰り返したり、大学生と交流する中には恋愛を盛り込んでも良かったが、著者は面白くしようとは思っていない。「書く」ということを発見した、自分を取り返した、苦いよろこびに至る道を書きたかったのだ。
    YAとして出版されているので、10代向けに書かれた青春ものを期待すると、違和感があると思う。大人が、中高生が読むならこう、と考えて書いた本ではない。書き手は若者と同じところに立っている。
    そこに価値のある本だと思う。誰でも楽しく読めるとはいかないけど。

  • この物語が書かれたのは1974年らしく、40年近くの時を経て、今、この物語に出会えたことがほとんど奇跡のようで、翻訳してくださったかた、出版してくださった方々へ感謝の気持ちでいっぱいです。

  • カエルがおなかを解剖されるみたいに
    親に虐待されて傷ついた子どもの心を
    丁寧に綿密にほぐしているような小説。

    わたしが感じてたのはこういうことだったのか!ってこの本を読んで気づく人も多いのでは。

    そうなの。
    だからあなたは間違ってなんかいないし
    誰の目も気にせず
    自由に生きられるのよ。

  • 神経症の母親に嫌われ、言われない怒りの対象となり、母のお気に入りだった姉といつも差別されていたイザベル。
    自由に表現する事を押さえて暮らしていた。
    父母の死により、一人で生きていくことになり初めて解放される。
    しかし、好きな本を存分に読み自由なはずの生活、知り合った大学生たちとの交流でも違和感を感じ続けるイザベル。
    知人の突然の死をきっかけに再び訪れた自分の祖だった町で、真の自分の欲していたこととその才能に気づく。

    母親の呪縛の深さに恐ろしさすら覚える。
    最後は解き放されるイザベルではあるが、読後もその呪縛の深さが怖かった。

全4件中 1 - 4件を表示

わたしはイザベル (STAMP BOOKS)はこんな本です

ツイートする