シンボリック・マネジャー (同時代ライブラリー (326))

  • 16人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 城山 三郎 
  • 岩波書店 (1997年11月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002603261

シンボリック・マネジャー (同時代ライブラリー (326))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一度さっと読んで分かりきらない・・・きっと、経験とのすり合わせがあって腑に落ちるということなのだろう。

    シンボリックマネジャーとは、企業文化を強化して企業のサステナビリティを達成する人。管理職というマネジャーというくくりというよりは、必然的に目指す人になる人ということだろう。

    企業の未来は、その企業の文化が創る。

    では、企業文化とは何か?

    「曖昧である。が、長年のうちに、会社の行動様式に非常に強い影響を及ぼす。そして、その影響は予測できる。」

    そうなのである。
    曖昧だから、わかりやすいところ、ベンチマークできるところ、フォーマットにできるところだけを改善してもその未来は続かない。

    その企業の存在の意義が唯一ではないからである。

    そして、文化とは「英雄、価値理念、ネットワーク」であり、「絶対的な投資物件」であると言っている。

    つまり、企業の業績は、その英雄の性格、価値理念などを診断することで予測できるということである。(話はそれるが、証券アナリストとは、企業文化を診断することとも言えるだろう・・・)

    そして、文化は人間の現象である。だから、企業文化はその会社の社員全員が創るのである。

    また少し話はそれるが、、、
    文化は人を支配もする。怖いものである。
    文化の成り行きは、企業を支配するということである。
    しかし、支配されてはいけないのである。
    支配ではなく、文化の形成に参加するということでなければならないのである。

    そして、文化の性格を4つの文化環境で表現しているクダリが面白い。

    その産業や製品・サービスによって、適性の環境があるのだ。

    「逞しい男っぽい文化」
    「よく働き・よく遊ぶ文化」
    「会社を賭ける文化」
    「手続きの文化」

    それぞれの良い環境の文化を創ること。
    環境を無視して文化を醸成することは成し得ない。環境を観察する力がいわゆるシンボリックマネジャーに大事だ。

    最後に、
    いずれにしても、企業にはその文化があり、文化とは社員の毛布のようなものであり、それが安心であることが大事である。

  • どんな作業でも、その専門家はそれを実際に行う人である、ということを信じないかぎり、私たちはいつまでたっても、その人の能力を十分に発揮させることができない。(p214)

全2件中 1 - 2件を表示

T.ディールの作品

シンボリック・マネジャー (同時代ライブラリー (326))はこんな本です

シンボリック・マネジャー (同時代ライブラリー (326))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

シンボリック・マネジャー (同時代ライブラリー (326))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シンボリック・マネジャー (同時代ライブラリー (326))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シンボリック・マネジャー (同時代ライブラリー (326))を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする