原発と日本の未来――原子力は温暖化対策の切り札か (岩波ブックレット)

  • 138人登録
  • 3.86評価
    • (9)
    • (21)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 32レビュー
著者 : 吉岡斉
  • 岩波書店 (2011年2月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002708027

原発と日本の未来――原子力は温暖化対策の切り札か (岩波ブックレット)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • たまたま3.11直前に書かれた小冊子で、最新の世界の原発事情が客観的に整理されていて資料としての価値がある。
    今更ながら日本のマスコミ報道を鵜呑みにするのは危険であることを再認識。反原発か推進かの極論か感情論ばかりで、原発問題の解決の本道からそれている(そらされている?)気がする。
    ○先日ドイツが2022年までに全原発廃止を決定したが、元々2002年に決定された既定路線であること。
    ○欧米での原発新設は、殆どは70年代の古いものの入れ替えに過ぎず、原発産業は成熟産業(むしろ斜陽)であること。
    ○米国で30年以上も新設はない最大の理由は「電力自由化」による競争の結果であること。
    ○原発が安価で安定したエネルギーでありCO2削減にも効果があるというのも疑問で、むしろ火力発電の設備最新化(石炭をガスにするなど)のほうがはるかに安価で効果があること。
    ○日本では政府により強引に、原発~再処理サークルを作り上げてきた理由は、安全保障上の理由もあること(つまり「3日で核を作れる」状態を保つこと)
    いずれにせよ「脱原発」の根本施策は「電力自由化」なんだなーと再認識した次第です。

  • 吉岡さんは、原子力委員会の委員を務めたこともあって、原発と共存していこうという人だ。それは、「世の中に絶対悪として無条件に否定できるものはない」もし、そうしてしまうと、原発推進派と議論の余地がなくなってしまうという。ここからは原発の危険性、問題点を克服しつつ原発と共存していこうという姿勢が伺える。「実質的に脱原発論者に近い」とも言っている。しかし、あの福島の原発震災が起きてからは、「共存すること」の難しさを認識し、脱原発に、より大きく舵をとろうとしているかのようだ。(第2章に2刷に際し、付記がある)どちらにせよ、本書は、現在の原発が置かれている現状に対する分析と多くの問題提起にあふれている。反原発の本はそれなりに刺激的だが、本書のように、原発と共存を計りたいと願ってきた人の書は、また別の意味で啓発される。第1章はそうした筆者の気持ちのゆれを語った部分である。第2章は長期停滞を続ける世界の原発の現況と原発ルネッサンスが必ずしも復活していないことを述べる。こういう情報はとても大切だ。第3章は日本の原発の現状分析で、日本でも原発は低成長であることを指摘する。問題が多すぎるのである。第4章はいわば「国策民営」の原発を早く独り立ちさせ、電力の自由化を進めるべきだと言う。この章でもっとも重要なのは、日本の政府がなぜ原発にこだわるかが書かれていることだ。それは、「日本は核武装を差し控えるが、核武装のための技術的、産業的な潜在力を保持」し、それを日本の安全保障の主要な一環とするという立場をとっているからである。「国家安全保障のための原子力」「原子力は国家なり」なのである。だからこそ、政府の立場からすれば、簡単に脱原発に転換できないわけである。

  •  東日本大震災の直前、2011年2月に発行された本。筆者は以前、原子力委員会専門委員であったとのこと。このような経歴を持っていれば、原発推進の立場をとることが多いと思うが、筆者は「脱原発論者ではないが、…実質的に脱原発論者に近い。」(p.9)
     また、東日本大震災以降に印刷された第2刷にあたってという追加記事の中(p.29)では、「日本は脱原発に向けて舵を切るのが賢明だと思われる。」と述べている。
     原子力発電に関する問題は核開発と絡んで様々な不条理を含んでいるがp.25にあるインドの動向や、p.41にある機微核技術の問題はその最たるものと思われる。
     第五章では本書のサブタイトルでもある地球温暖化の問題に触れられており、その中で原子力発電はCO2削減に全く寄与していないことが触れられている(p.55)。CO2削減のために原子力発電を推進していく立場をとるものは、この事実を重く受け止めるべきである。
     さらに、CO2を削減するための方策として火力発電の制限とか炭素税の導入などと言っているが(p.58)、CO2温暖化論は破たんしているので、このあたりの記述は不要であった。

  • 原発の問題点について、とても分かりやすく説明している。科学的な話は殆どなく、公表された統計データを元に原発「政策」について論じられている。

    約70ページで500円。中学生にはちょっと難しいかもしれないが、高校生の副教材にすると良いのではないか。
    因みに、本書は原発事故の1ヶ月前に出版されている。

  • わずか70ページ足らずだけど、むちゃくちゃ興味深いことが書かれている。世界的に見て原子力発電の規模が縮小しているのは、新自由主義的な経済政策と電力事業が相容れないためであるからとか、それに抗うために日本の原子力関係のステークホルダーと政府が行ったこと(要は、電力事業を市場原理にさらさないこと)など・・・。なんだかこの原子力政策というのは、どこか日本のメディア業界と似ているような既視感を少し覚えた。
    各国の簡単な原子力政策の現状も書いてあるし、「脱原発」と「反原発」の違いなど本当に基本的なところから論旨も明快になっている。
    とにかく、この本は絶対に読んだ方がいい。目から鱗。値段も500円だし、原子力政策を考えるための最良な入門書。引続き同著者の『原子力の社会史』を。

  • 2011年2月発行の岩波ブックレット。

    今後、刊行される書籍・雑誌はヒステリックにならざるを得ないが、この書籍は震災前の刊行なので、その点で安心して読める上、震災以前の原発論しては最新(級)である。

    ページも非常に少なく、内容も平易である。

    また、「反原発」の著書が多い中、「脱原発」(もう造ったものは仕方がないから、新しい原発を作らないことで、老朽化による使用終了によって時間をかけて原発脱却すること)に近い意見であるため、極端な内容の偏りもない。

    さらに、原子力発電所を保有・研究していることが、日本が核関連技術を保有・研究する唯一の根拠であり、その放棄は、安全保障や日米関係に影響するなどとしている。

    一方、原子力発電は、「国策民営」事業であり、その癒着構造を批判している。

    そして、原発建設を、今後は完全に市場原理に委ね、電力会社が独立して行うべきだとしている。ここは意見の分かれるところだろう。

    もちろん、著者は原発のリスク・コストを考えれば、これ以上、電力会社が推進することはないという立場なのだが。

  • 議論の種としてすごく良い本。これをベースにしてディベートをしたらよい議論になりそう。

    武田徹さんの私たちはこうして「原発大国」を選んだ、では原子力に関する文化史個人史に重きを置いていたんですが、吉岡斉さんの本書は国内国外の政治史がメインとなっています。
    序章において、原子力の拡大が日本の経済社会にとって有害である、と立場をきっぱりと明言し、それに対して自説やデータを滔々と述べるスタイルはすごく説得力がありました。さすが九大副学長。
    結論に疑問が残る部分はいくつもあるんですけど(揚水発電の負担とか温室効果ガス削減のロジックとかベトナム受注とか)、総じて見れば今後を考え直すいい本でした。原子力ルネッサンスの失敗と、電力自由化により生じたゆらぎの部分は特に見ごたえありました。

    裏付けがあるようでいて主観的な記述が随所に見られるので、最初の1冊としては適してないかなあと思いました。

  • 薄くてやすくて読みやすいから、原子力発電について、簡単にまとまった理解をしたいならいいと思った。

  • 資料ID:98110310
    請求記号:543.5||Y
    配架場所:工枚普通図書

全32件中 1 - 10件を表示

吉岡斉の作品

原発と日本の未来――原子力は温暖化対策の切り札か (岩波ブックレット)はこんな本です

原発と日本の未来――原子力は温暖化対策の切り札か (岩波ブックレット)を本棚に登録しているひと

原発と日本の未来――原子力は温暖化対策の切り札か (岩波ブックレット)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

原発と日本の未来――原子力は温暖化対策の切り札か (岩波ブックレット)を本棚に「積読」で登録しているひと

原発と日本の未来――原子力は温暖化対策の切り札か (岩波ブックレット)の作品紹介

温暖化対策のため、CO2削減の切り札として、一躍クリーンにイメージチェンジを遂げた原子力発電。再処理、最終処分、低稼働率、地震災害など、国内に多くの課題を抱える一方、インドやベトナムなど海外への国策的輸出がめざされている。その政策を問う。

原発と日本の未来――原子力は温暖化対策の切り札か (岩波ブックレット)のKindle版

ツイートする