自註鹿鳴集 (岩波文庫)

  • 32人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 会津八一
  • 岩波書店 (1998年2月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003115411

自註鹿鳴集 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あれれ?どうも持ってなかったようです。
    読んではいるはずですが、持ってないのはおかしい。
    買うべき。

  • 昔、教科書に載っていた一首が印象的で、書店で見つけ即購入しました。
    漢字を用いずに、ひらがなのみで歌われる、その字面の柔らかさがなんともいえません。
    そして、ひらがなのみの文の読みにくさと言ったら(笑)自然、じっくり味わうことになり、うつくしい日本の情景が鮮やかに浮かんできます。
    心を落ち着けたいときに最適。

  • 会津八一の名著。これを携えて奈良を歩いた経験のある人は多いのでは?私もその一人です… 大変平易な歌ばかりです。まろやかなかな文字の大らかさを堪能できる、お奨めの一冊。

全3件中 1 - 3件を表示

会津八一の作品

自註鹿鳴集 (岩波文庫)はこんな本です

自註鹿鳴集 (岩波文庫)の作品紹介

秋艸道人・会津八一(1881‐1956)はその晩年、歌集『鹿鳴集』に自ら註を付すことに没頭した。本書は、美術史家・書家にして歌人八一の全生涯を凝縮した自己表現の書であり、古都逍遙の格好の手引きともなろう。

自註鹿鳴集 (岩波文庫)の文庫

自註鹿鳴集 (岩波文庫)のKindle版

自註鹿鳴集 (岩波文庫)の単行本

ツイートする