日本近代短篇小説選 大正篇 (岩波文庫)

  • 67人登録
  • 3.90評価
    • (4)
    • (11)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
制作 : 紅野 敏郎  紅野 謙介  千葉 俊二  宗像 和重  山田 俊治 
  • 岩波書店 (2012年11月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003119136

日本近代短篇小説選 大正篇 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトル通りの短編アンソロジー。時代で括られているというのが岩波らしくて、今までありそうでなかった趣向ですよね。誰もが知ってる文豪の既読の作品もあれば未読の作品もあり、教科書で名前くらいは知っているけど読んだことはない作家、まったく名前すら知らない作家、さまざまでしたが、どれもそれなりに面白く読めました。

    お気に入りは結局、もとから好きで呼んでいる作家のものが多かったかなあ。百けん「花火」は、いかにも百けんな悪夢風、佐藤春夫「西班牙犬の家」はちょっと海外のファンタジーっぽい読後感、岡本綺堂「子供役者の死」はさすがの語り口。

    有名どころでは芥川の「奉教人の死」ラストにどんでん返し(?)が2回あり、まあちょっと卑怯な気もするけれどやっぱり素直に驚きはある。川端の「葬式の名人」は、作者の孤独な生い立ちが反映されているようで、ちょっと物悲しくなりました。逆に有島武郎「小さき者へ」は、子供たちへの愛に溢れた良い話なのかもしれないけれど、結局本人がそんな子供たちを残して人妻と心中しちゃったという事実を知っていると、素直に感動できなくなります(苦笑)。

    初めて読む作家で面白いと思ったのは宇野浩二「屋根裏の法学士」。1918年の作品(ほとんど100年前!)ですが、主人公は今風に言えばいわゆる「ニート」。働きもせずだらだら毎日過ごし、何も成し遂げていないのに自分の才能だけは過信しており、要するに「俺はまだ本気出してないだけ」ってやつです(笑)。でもその様子が妙に共感できるというか、バカだなあと思いつつもくすっと笑えてなんか憎めない。

    同じ私小説でも広津和郎「師崎行」や、葛西善蔵「椎の若葉」になると、自分こんな駄目なんですという開き直りというか、そのくせ悪いのは自分だけじゃない的自己弁護が見え隠れして、まあそれこそが王道の私小説だとは思うんですけれども、正直ちょっとイラっとしてしまう。田村俊子「女作者」も私小説ですが、こちらは唯一の女性作家ということもあり、比較的共感しやすかったかも。

    他に面白かったのは菊池寛「入れ札」、上司小剣「鱧の皮」も、大阪弁の雰囲気とか好きでした。アンソロジーの醍醐味としては、有島武郎&里見とん兄弟の作品を同時に読めることとか、久米正雄「虎」への批評にもなっている岩野泡鳴「猫八」が1冊で読めるところ、なんかでしょうか。

    ラストの葉山嘉樹「淫売婦」は、いわゆるプロレタリア文学なのでしょうが、女性が読む分には正直ちょっと不愉快でした。設定なんかはある意味現代的だなとも思いましたが、うーん、個人的には苦手だったかも。

    一応備忘録として収録作一覧。

    「女作者」田村俊子
    「鱧の皮」上司小剣
    「子供役者の死」岡本綺堂
    「西班牙犬の家」佐藤春夫
    「銀二郎の片腕」里見とん
    「師崎行」広津和郎
    「小さき者へ」有島武郎
    「虎」久米正雄
    「奉教人の死」芥川竜之介
    「屋根裏の法学士」宇野浩二
    「猫八」岩野泡鳴
    「花火」内田百けん
    「入れ札」菊池寛
    「葬式の名人」川端康成
    「椎の若葉」葛西善蔵
    「淫売婦」葉山嘉樹

  • 千葉俊二氏による解説がとてもいい。解説を読むと、それぞれの短編の良さや特徴があらためて理解でき、ああ、そういう視点で見ることができるんだ、ということがわかる。
    それに加え、小説論ともいうべき解説もおもしろかった。谷崎の「筋の面白さ」芥川の「詩的精神」漱石の「(F+f)」それを発展させた千葉氏による座標軸「a(s+p)」による分析、表現と内容との二項対立にかみついた里見弴のくだりも興味深い。

  • 2016/01/12

  •  初めて読んだ作者がほとんどだった。期待せずに読んだら面白い作品ばかりで、集中して読んだ。あらすじに納得したり、主人公のダメぶりに突っ込みいれたり、個性の強い作品が多かった印象。

    田村俊子「女作者」 /上司小剣「鱧の皮」
    岡本綺堂「子供役者の死」 /佐藤春夫「西班牙犬の家」
    里見弴「銀次郎の片腕」 /広津和郎「師崎行」
    有島武郎「小さき者へ」 /久米正雄「虎」
    芥川竜之介「奉教人の死」 /宇野浩二「屋根裏の法学士」
    岩野泡鳴「猫八」 /菊池寛「入れ札」
    葛西善蔵「椎の若葉」 /内田百閒「花火」
    川端康成「葬式の名人」 /葉山嘉樹「淫売婦」

  • 最初は図書館のを読んでいたが、結局、自分のを買った。岩波文庫を買ったのは、4月に草野心平を買って以来。久しぶり。人に勧められて、読んだ。なんだかんだ1週間ぐらい読んでいた。
    読んでみるものだ。ふーん、なるほど…なのだ。
    有島武郎を読んだのは大学生以来か?(苦笑)
    名の知られていない小品が並んでいる。佐藤春夫、宇野浩二、内田百閒、久米正雄、葉山嘉樹、菊池寛、岡本綺堂…これは、私の好きな順番である。また、折に触れ、読み直してみたいと思う。

  • 上司小剣氏の『鱧の皮』では、大阪道頓堀の風情がなんとも言えず味わいがあり、また、主人公お文の亭主福造に愛想を尽かしかねるところがいじらしい。 里見弴氏の『銀次郎の片腕』では、牧夫銀次郎の女主人に対する愛情ゆえの大胆な振る舞いに驚いた。

  • 名前を知る人、知らない人、いろんなタイプの短篇が入っている。解説を読むと文学史での分類法がわかるので勉強になる。ネタバレがあるので最後に読むのをおすすめ。個人の好みとして、言い訳が多い私小説は苦手だとわかった。

  • 佐藤春夫の「西班牙犬の家」がやっぱりいい。

  • 大正期の小説を「筋の面白さ」と「詩精神」の和と「私小説度」との積として定義した編者による短編小説選集。巻末の「葛西善蔵の「私小説」と葉山嘉樹の「プロレタリア文学」がひどい。関東大震災後という時代背景が震災後という今の時代背景云々という理由で選ばれたのか。あまり意義を感じないが。その他の作品は、「筋の面白さ」と「詩精神」の組合せが絶妙で、どれも気に入った。

  • 「虎」と「猫八」が一冊に収まっているのは後者をきちんと読むのに良かった。内田百閒の短編は幻想的で夢十夜のようだった。どの作者ももっと作品を読んでみたいと思った。

全12件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

日本近代短篇小説選 大正篇 (岩波文庫)はこんな本です

日本近代短篇小説選 大正篇 (岩波文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本近代短篇小説選 大正篇 (岩波文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする