唐詩選〈下〉 (岩波文庫)

  • 92人登録
  • 3.54評価
    • (6)
    • (2)
    • (18)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 前野直彬
  • 岩波書店 (2000年10月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003200933

唐詩選〈下〉 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 明治期の文章を読むと不安になる。現代に流通している数多の書籍の文章はこれで良いのか。唐代の詩を日本語で読む。そこに感じるものを想起するために入手したところだ。

  • 同シリーズの上巻・中巻も、ここにまとめて代表させます。
    定型詩が好きな私は、当然、漢詩も好きです。
    好きなだけで、読み下しの知識には些か欠けますが。

    先般、諸般の事情によって少し調べものをしなくてはなりませんでした。
    外国語(しかもカタルーニア語)に訳された唐代の漢詩の「本歌」を探す、というもの。
    李白「月下独酌」は、単語の切れ端からすぐに推測できましたが、歴代皇帝の詩など、切れ切れのキーワードで探しても、なかなか見つからない。
    その際、この3冊組を舐め回しました。舐め回しただけで、しっかり味わったわけではありません。
    ここいらで、漢詩の鑑賞法の規則を自分なりに決めておくとよいかもな、と思いました。

    酒と月の詩が好きです。
    落ち葉が舞い散るような心象を詠んだものも。
    これらの、あくまで「外国語」であったはずのものを、元の表記をそのままに、自国語で読む術を確立した日本人って、スゴイですよ、やっぱり。

    それから、日本では基本的に漢字の略字を認めていませんが(現代中国の新聞の漢字のほうが簡素化されていてさっぱりわからん)、中国黒竜江省から来た留学生(美人だったなあ)からは、「あなたのほうが現在の中国人よりも『毛沢東語録』をちゃんと読めると思います。今の中国人は、本来の漢字の形を知りません」と言われて唖然としたことがあります。

    日本人よ、漢字を捨てることなかれ!!

  • 教科書で読むイメージのある唐詩ですが、下手な啓発本よりも人生のためになるアドバイスがあります。

全5件中 1 - 5件を表示

唐詩選〈下〉 (岩波文庫)のその他の作品

前野直彬の作品

唐詩選〈下〉 (岩波文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする