朝花夕拾 (岩波文庫 赤 25-3)

  • 21人登録
  • 3.40評価
    • (2)
    • (1)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 魯迅
制作 : 松枝 茂夫 
  • 岩波書店 (1955年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (130ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003202531

朝花夕拾 (岩波文庫 赤 25-3)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私は中国で成長した。三年前、父は死んでしまった。
    「父の病」、魯迅の留学の原因、読むたびに、涙が悲しくなる。その無力感を,私は感じることができます。

  • 2015年7月に開催した国際ビブリオバトルで紹介された本です。
    国際ビブリオバトルのコーナーに並んでいます。

  • 初魯迅。

    予想に反してなかなか読みやすかった。
    加えて魯迅の思想、考え方はとても公平で
    変な見栄、偏見といったものがなく、
    全体的に好感が持てた。

    とは言いながら。
    面白く読みはしたが、
    国語の勉強のようでなかなか読み終わらなかったので
    ★4とつけたら嘘になる。
    私は昔から古文や漢文が苦手で、
    旧かな使いの文章が出てくると
    途端に理解度が落ちる。
    そのため殆ど字を追っているだけの箇所もあり。
    いつかもう一度読み直したいけれど…、
    多分しないだろうな。

    高校生とかの時に読みたかったかも。

  • ちょうかせきしゅう、と読む。
    大学の講義でトヨオに読めといわれた。

    中国のインテリは桁外れにインテリで始末に終えない。
    彼の文学はイマイチのクォリティだが、彼の目は素晴らしい。

全4件中 1 - 4件を表示

魯迅の作品

朝花夕拾 (岩波文庫 赤 25-3)はこんな本です

ツイートする