バッカイ――バッコスに憑かれた女たち (岩波文庫)

  • 36人登録
  • 4.31評価
    • (6)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 逸身 喜一郎 
  • 岩波書店 (2013年5月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003210635

バッカイ――バッコスに憑かれた女たち (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本文は訳であっても韻律を想像させる。訳注と訳者解説は古い文献の欠落や付け足しを見極めようとする古典文献学の面白さが門外漢である私にも伝わる。

  • 岩波文庫 080/I
    資料ID 2013200066

  • 新しい神ディオニューソス。彼の神性を疑う従兄弟でテーベの王ペンテウス。ディオニューソスの信者となり他の女たちと儀式に参加するペンテウスの母アガウエー。ペンテウスに近づくディオニューソス。女性に変装しバッカイの儀式を除くペンテウスを襲う悲劇。

全5件中 1 - 5件を表示

エウリーピデースの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ナサニエル・ウェ...
三島 由紀夫
アープレーイユス
遠藤 周作
ウィトゲンシュタ...
ドストエフスキー
エイモス・チュツ...
有効な右矢印 無効な右矢印

バッカイ――バッコスに憑かれた女たち (岩波文庫)はこんな本です

バッカイ――バッコスに憑かれた女たち (岩波文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

バッカイ――バッコスに憑かれた女たち (岩波文庫)の作品紹介

「それ行けバッカイ、行けバッカイ」。木ヅタの冠、皮の衣、からだに蛇を巻きつけて、女たちは家を飛び出し山野を疾走する。「小賢しいことは知恵ではない」-陶酔と理性、自然と人智のはざまで、優しく恐ろしい神ディオニューソスと人間の直接対決がはじまる。ギリシャ三大悲劇詩人エウリーピデースの遺作。

バッカイ――バッコスに憑かれた女たち (岩波文庫)のKindle版

ツイートする