サテュリコン―古代ローマの諷刺小説 (岩波文庫)

  • 104人登録
  • 3.33評価
    • (4)
    • (5)
    • (18)
    • (3)
    • (0)
  • 14レビュー
制作 : 国原 吉之助 
  • 岩波書店 (1991年7月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003212219

サテュリコン―古代ローマの諷刺小説 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 悪漢小説。いやーあけっぴろげですね笑
    これは全編残って欲しかった…部分欠落が泣けます。
    美少年とドタバタ旅路。弥次喜多感ある。

  • 意外に読みやすかった。

    これを機にギリシア・ローマ時代の本を読んでみたいと思います。


    なかなか当時の性風俗的な考え方が垣間見えて面白いです。男も女もどちらもござれの、愛に生きてます的な感じだったり、生きるために盗みもすりゃ騙しもする、退廃的な感じとか、好きです。

    もっと知りたい世界のきっかけをくれました。

  • PDF
    ペトロニウス(ラテン語:Petronius、20年頃 - 66年)は、ローマ帝国ユリウス・クラウディウス朝期の政治家、文筆家である。第5代皇帝ネロの側近であった人物として知られ、小説「サテュリコン」の作者と考えられている。

  • 【資料ID】120246
    【分類】992/P46

  • 国原吉之助訳。
    本来の題名は『Satyrica(サテュリカ)』=サテュロスたちの物語(※サテュロスは酒神ディオニュソスの従者で、好色な山野の精)。学生エンコルピオスと弟分のギトンが、快楽に身をゆだねて南イタリアを放浪する。
    附録として、ネロ皇帝の師傳(しふ)をつとめた哲学者セネカの諷刺小説『アポコロキュントシス』を収載(※未読)。

    ネロに強い影響力をもった「趣味の権威者」ペトロニウスが、65年頃、ネロを楽しませるために書いた長編の悪漢小説。現存するのは第14~16巻の抄録のみ。恋愛物語、諷刺文学、ものまね劇などに表現や題材を得ているらしい。

    フェリーニの映画のトリマルキオンの宴が強烈だったため、原作が気になり手に取った。
    登場人物は皆が皆無節操な好色者で、内容はポルノグラフィに近い。そして、ローマ世界の知識がない自分にはどこが諷刺かすらわからない。これは読んでも得るものはない…と投げ出しかけたが、宴の後からが不思議と面白くなってきた。彼らの本能にまかせた立ち騒ぎが痛快なのである。
    訳者が「不道徳(インモラル)というより非道徳(アモラル)」と述べるとおり、守るべき道徳自体が存在しない世界では心理的葛藤や抑圧感が生じない。主人公達は自分や他人の滑稽な行為を見ては笑い転げている。真剣な命乞いの場面すら、戯画化されて悲愴感がない。まさに「愛すべき愚か者」という印象。

    トリマルキオンの宴は映画版が圧巻だったが、それ以外は原作の方が生彩が感じられた。
    <映画版と共通のエピソード(※一部)>
    ・エンコルピオスとアスキュルトスのギトンを巡る喧嘩別れ
    ・トリマルキオンの宴
    ・貞淑な未亡人の誘惑への敗北
    ・エンコルピオスの不能
    ・エウモルポスの遺産相続

  • ・セネカ『アポコロキュントーシス』も併載。
    ・高貴な色=赤紫の表現多数。
    ・augustalesについての描写
    ・ヘラクレスやカエサルの描写(英雄神)

  • イタリア、ローマなどを舞台とした作品です。

  • 悪漢エンコルピオスとその稚児ギトンの道中記。出てくる人間がことごとく性的倒錯者。
    トリマルキオンの悪趣味な宴が有名らしい。でも自分のまとめた船での一幕が一番好きかなー。
    修辞学校での問答→トリマルキオンの宴→船での悶着→金の亡者達の町
    続きが読みたい。

  • 時代:1世紀
    舞台:古代ローマ

    ローマ貴族ペトロニウスが、ネロ帝を楽しませるために書いたと言われる作品。
    大部分が欠けていて、本書もかなり読みにくい。
    しかし、逆にそこを想像(正しくは妄想)することがまたひとつの楽しみになってしまうお話。
    エンコルピオスとギトンのカップルは、まるで『ポーの一族』の、エドガーとアランのよう。
    まあ、エンコルピオスはエドガーよりだいぶおっちょこちょいだけど。

  • クォヴァディスのペトロニウスのモデルだとは考えたくない…

全14件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウンベルト エー...
三島 由紀夫
アゴタ クリスト...
ジャン ジュネ
アポロドーロス
有効な右矢印 無効な右矢印

サテュリコン―古代ローマの諷刺小説 (岩波文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

サテュリコン―古代ローマの諷刺小説 (岩波文庫)の作品紹介

美貌の少年奴隷をはさんで争いながら南イタリアを放浪する2人の青年を中心に、好色無頼の男や女が入り乱れる。小説『サテュリコン』はまさに古代ローマの爛熟が生み落した「悪の華」だ。とりわけ、奴隷あがりの成金富豪が催すの場面は古来有名。セネカの諷刺短篇『アポコロキュントシス』を併載。

ツイートする