響きと怒り (上) (岩波文庫)

  • 212人登録
  • 4.09評価
    • (25)
    • (12)
    • (13)
    • (2)
    • (1)
  • 17レビュー
制作 : Faulkner  平石 貴樹  新納 卓也 
  • 岩波書店 (2007年1月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (391ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003232347

響きと怒り (上) (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (上下巻まとめての感想です)
    アメリカ南部ヨクナパートファ州ジェファソンのコンプソン家は、かつては領地を持ち将軍と知事とを出した家柄だが、南北戦争を経て今では家族の屋敷と黒人使用人のみを所有していた。
    最後のコンプソン一族となった兄弟たちの意識の流れが記される。

    第1章はベンジーの章。
    物語はベンジーが昔は屋敷の一部だった土地がゴルフ場になったのを眺めている場面から始まる。
     ”くるくる巻いた花たちのすきまから、柵の向こうでその人たちが打っているのをボクは見えることができた。”
    どこか不安定な語り口。
    読み続けるうちにどうやら彼は知的障害だと分かる。30歳の大柄な男だが、涎を垂らして叫ぶことしかできないらしい。
    そのため第1章に流れているのは、ベンジーの考えたことをのものではなく、意識を言葉に記したものと言うことか。
    ベンジーの意識はコロコロ変わる。現在の川をみて、子供の頃の川遊びを思いだすという感じ。
    ベンジーが好きなものは、今ではゴルフ場になった土地と、姉のキャディ。キャディだけは心からベンジーを可愛がり面倒を見ていた。
    匂いに敏感で、頭ではわからなくても匂いの変化で家の状況を感じ取る。

    しかし第1章が説明もなしでいきなり知的障害者の意識を綴るとは、フォークナーは読者を待ってはくれない(笑)
    私は解説を読みながら進んだので時系列など把握できたのですが、これは初めて状況を理解するのは無理。ベンベンジーの長兄と姪(キャディの娘)が同じ名前の”クエンティン”だなんて分からんでしょう。
    余談なのですが、クエンティンって名前は女性にも使えるの??タランティーノしか知らないけど男性名かと思ってた。

    第2章はコンプソン家長兄のクエンティンの意識を追う。
    クエンティンは知的で繊細と思われるが、彼の意識もあちらこちらへと飛び、過去と今の時を行きつ戻りつ、想像と現実が入り混じる。
    どうやらクエンティンは、妹キャディが複数の男たちと付き合い、妊娠し、それを隠して人格のよくない男と結婚することになったことを止めたがったが、なにも変えられないことに絶望し、学費期限の終わる学年で自殺を考えてきたらしい。
    この章は自殺の日を迎えたクエンティンの錯乱しつつも的確に死の準備を行う精神を追っている。
    妄想の中でクエンティンは父にキャディとの近親相姦を告白するが、あっさりといなされる。

    私は「アブサロムアブサロム」でクエンティンが入水自殺してしまうことを知っていたのですが、でもこの2章を初めて読んだら「自殺当日の錯乱した精神状態」なんて読み取れないだろう。
    クエンティンは「アブサロムアブサロム」でもオールドミスの話を聞き、考え、そしてどうにも変えられないという役回りでしたが、思慮深く神経が細やかな人格の持ち主のようですね。
    他にもクエンティンの出てくる小説はあるようなので、他の彼を追ってみたいと思わせる人物像でした。

    以上が上巻で、以下下巻。

    第3章は次男のジェイソンの語り。彼は一家の中では一番現実的で、周りの人間に容赦ない。
    まあ父はアル中、母は病床に就き人生をウジウジ嘆き過去をグダグダ振り返り現状にはグチグチ文句を言うだけ、学費を出してもらった兄は自殺、結婚式費用を出してもらった姉は淫行で家庭から縁を切られ、姉の不貞の結果である姪(キャディの兄と同じ名前の”クエンティン”なので第1章はややこしい)を引き取り、弟は重度の精神障害者…となったら現実的にならざるを得ないか。
    ジェイソンの章はかなり分かり易い。彼が誰を嫌いか、誰の金をどのようにちょろまかしているか、かなり直接的に語られる。

    第4章は俯瞰目線。ジェイソンの語りから2日後に起きた事件を通して、コンプソン家の決定的な終焉を仄めかして終わる。

    巻末にはかなり丁寧な解説と、フォークナーが15年後に書いたコンプソン家の始まりから終わりまでが書かれている。

    この小説はどう読むべきだったか。
    私は事前に粗筋を呼んでいたり、巻末の解説を読みながらだったので、最初からベンジーは知的障害者だとかクエンティン自殺当日の記とか分かって読んだのですが、
    全く先入観がなくそういうものを読み取って行き、そして分かった上で再読するのが本来の愉しみ方なのか。

    語り手たちの意識は脈絡もなく飛び続けるが、小説の文体としてはかなり読みやすいのでそれはそれで驚く。時系列は飛び、同じ名前の人物たちが説明なく出てくる、妄想と現実とが入り乱れるのに入り込み易いなんて文体が存在するとは。

  • 『アブサロム!アブサロム!』がとても面白かったので、ヨクナパトーファ・サーガを制覇しようと勢いで決意し、次はこれだ!と思い定めたもののなかなか読み出せなかったのがこの『響きと怒り』。書かれた順番的にはこっちのほうが先だったかな。サトペン一族の話だった『アブサロム~』では聞き手だったクエンティンを長男とするコンプソン家の4人のきょうだいたちが今作のメイン。

    上巻収録分では、1部の視点は末っ子のベンジー、2部の視点は長男のクエンティン。全体が実験的な文体で、主人公の記憶と現在との境界が明確にされておらず(字体を変えてある場合もあるけれど、そうじゃない部分もある)、ふとしたスイッチ(きっかけ)で、さまざまな時間に関する記憶が呼び起こされ、読者としては複数の回想シーンがフラッシュバックのように頻繁に挿入される映画を見ているような印象。(とくに1部は、視点になる末っ子ベンジーが知的障害者ということもあり、記憶の混濁が顕著)。一応巻末に、どこで回想に切り替わったかという一覧と、おもな出来事の年表があるので、とりあえず年表的なものを予めざっくり頭に入れておいて、慣れてきたら大体わかるようになりました。

    クエンティンが最終的に21才の若さで自殺するということは、アブサロム~を読んだ時点で知っているので、彼の死の直前の、死を覚悟した上での行動と思考、回想は、なんだか無闇に物悲しくて、切なくなりました・・・。繊細で潔癖なクエンティンは、今のところ4人のきょうだいのなかで一番「まとも」な印象ですが、その潔癖さ、繊細さゆえに生き続けてゆくことが難しかったのか。アブサロム~でも登場していた彼のルームメイトのシュリーヴも、なんていうか「いいやつ」で、本当にクエンティンを心配していたのに、自分あての遺書なんか残されてもきっと余計に辛いだろうなあって無闇に同情しちゃったり。余談ですが他の友人に「クエンティンの夫」とまで揶揄される二人の関係に、ちょっと同性愛的な要素をかぎつけてしまうのは自分が腐っているからでしょうか(苦笑)。クエンティンと妹キャディの近親相姦というのが単なるクエンティンの虚言であり妄想であるなら、そういう可能性もなきにしもあらずじゃないかと個人的にはちょっと思いました。

    兄弟の中で紅一点のキャディは、男性関係は奔放でだらしないけれど、知的障害のある弟ベンジーを幼い頃から溺愛していたり、恋人に嫉妬されるほど兄のクエンティンの話をしたりと、兄弟(ジェイソン以外の)に対する愛情は深く、とくにベンジーに対してはもはや母性愛レベル。その裏に、子供たちにとって、生きているのに不在も同然の、家柄コンプレックスでヒステリックな母親の「精神的不在」とでもいうべきものがあり、そのことが結局、すべての子供たちの人格形成に影を落としてしまっている気がします。

    長男ゆえか父親っ子のクエンティン筆頭に、子供たちには母親派のジェイソン(読者目線でこいつが一番性格悪い)と他の3人という派閥があり、クエンティンの自殺、キャディの結婚(→離婚)によって味方を失ったベンジーが、下巻でどうなってしまうのかが今のところ一番心配。

  • 最初の語り手は知的障害があるベンジャミン。彼の意識は現在から過去へ、自由に昏倒する。イタリック(日本語版では太字)と分けられているが、なかなか場面展開は難解。でも引きつけられるこの世界観はなんだろう‥‥・読みやすいわけでは決してないが、じくじく読んでしまいます。第二章は長男クエンティン。僕は近親相姦を犯しました 太字で綴られる無作為のそれには最初戸惑う。しかし、近親相姦的な描写はベンジャミンからよく見られたため、いったいそれが何を意味するのか気になり、その核を探して読み続けるが、あくまで主観的なつれづれなる文章に振り回される。ところどころ垣間見える真理のような言葉の切れ端も光りつつ、どうしても包む世界は薄暗い。
    響いていく、想いと、響かない、怒りと、それを内包し続ける登場人物たち。しかしその血族は明らかに響き合っている。しかし、お互い、それを意識することができない、エゴの怒りを感じる。

  • 思考の混沌。
    クエンティンの章が好き。特にキャディ関連。綺麗で儚い。

  • 「あなたは妹を持ったことがありますか。」
    カギは血縁?絆?この「妹」は必ずしも実際の妹である必要はないのだと思う。クエンティンの場合は実の妹だったというだけで。兄弟姉妹や、友人、子供といった自分の大切な人に恋人ができたとき、「奪られた」という気がしてしまうことは珍しいことではない。自分と相手の絆が他人という第三者の闖入によって断たれてしまうということへの不安。相手は本当にこんな他人を愛しているのか。自分との絆以上に?エゴだと気付いていても嫉妬は止められず二人の間から他人を締め出そうとする。クエンティンが近親相姦という虚言に至るにはこんな流れがあったのではないだろうか。自分がキリスト教徒じゃないせいもあるだろうけど、クエンティンのはちょっと過剰気味なだけで普通の兄妹愛のように思える。お前みたいなチャラチャラした野郎に俺の妹はやれん!妹溺愛お兄ちゃん。そんなに思い詰めるなよ〜、兄妹離れ、子離れ、親離れできない人間なんてこの世にいっぱいいるよ〜。アブサロムを読んだ時も思ったけど、クエンティン君繊細すぎる。途中から突然暗く落ち込んだ感じになったのは、ジューディスにキャディを重ねたから?とはいえ結局一線は超えなかったのだから、時間が経てば気持ちは落ち着いていったのではないかと思うのだけど。いったい何にそんなに囚われているの。下巻で明らかになるのだろうか?

  • 何の予備知識もなく読むと最初は戸惑うかもしれない。
    思考の流れを文字に表わそうとするとこのようになるのかと驚嘆した。
    ある風景を見ている時に頭の中では記憶がフラッシュバックするということはよくあることである。
    一度全体を読み、必要であれば解説に目を通し、再読するのがよいかもしれない。

  • 「アブサロム、アブサロム!」のクウェンティン君に惹かれ手に取ったものの……わーお……

    にしてもフォークナーやっぱすげぇ。アブサロムで体験した高い壁、不動の巨岩をこの作品でもびんびん感じた。五感フル稼働してやっと上下読了。シャンディ然り、灯台へ然り、この種の「読みにくさ」とはイコール「『心理的肉薄』に対して抱く軽い目眩」なのではないだろうか?

  • 依然として首を傾げさせられる表現が並ぶ
    なんじゃこりゃ
    …わっからん(T_T)

    フォークナーは諦めよう。なんか共感できないわりに実りが少ない。相性が悪かったのだと割り切ろう。

  •  これは大学の講義で勧められ。

     まだ上巻しか読んでないが、本の描写のされ方故
     全然意味がわかっていない。

     現在下巻を読んでいる。物語に深みが出てくることを願う。

     ただ、そうだな。上巻の、クエンティンの過ごした日々の描写は、好きだな。

     色んな小さな描写が、「読み終わること」によって徐々に浮き彫りになってくる感じが、面白い。


    1月30日。

    下巻読了なり。下巻は読みやすかった。

    家に暗い影を落とし、少しずつ一家の歯車を狂わせていったそもそもの原因など、求めるべきではないのかもしれない。


    うちには、老いの進んだ祖父がいる。

    孫娘の私のことを、既に嫁いだ娘だと思い込み、

    「何でお前は母さんの夕飯の支度を手伝わないんだ」
    「何で結婚もせずに家にいるんだ」
    (残業で遅くなると)「女がそんな時間まで働くことあるか。どこほっつき歩いてたんだ」

    と、しばしば戦前的価値観で頭ごなしに怒られることがある。


    うまくいなせるときは、我慢できる。

    でも、どうしようもなく耐えられなくなることが、たまにある。

    そんなとき、一人部屋にこもり、やり場のない怒りを(なんせ向こうは分かっていない)、声にならないうめきをあげ泣く自分の無様な姿は

    「響きと怒り」に似たものが、あるのかも知れない、と思う。

    やり場のない鬱屈を抱え、人は生きていく。

    自分とは違う鬱屈を抱えているがゆえに、見ようによってはまるで屈託のないように見える他人を羨みながら。

    不幸自慢なんて、キリがない。そう、分かっていながらも
    出口の見えない自分の環境に、時々息切れしそうになる。

    お前はいいよな、くらい言いたくなる気持ちが、

    私には痛いほど分かる。

    分かりたくなんてないんだよ。ほんとは。
    自分ばっかりなんて、そんなことあるわけないって、分かってるんだもん。

    自分の矮小さと残酷さと、行き場のない閉塞感を、
    思い知らされるこの現実。

    私には、この困難の先に何が残る?

    響きと怒りをひた隠し、私は今日も生きる。

  • 『アブサロム、アブサロム!』以来久々のフォークナーだが、やはり彼は凄い。標準の字体とゴシック体を使い分け、ゴシック体の箇所は基本的に内面の描写に当てられているのだが、本作ではそれを意図的に脱臼させることによって時に内面の世界が現前化し、逆に現実が内面の世界の様に非現実化されている狂人の世界観を再現してしまっているのだ。一部では白痴のベンジー、二部では強烈なトラウマ体験を持つクウェンティンの視点によって記憶と現実が混濁した物語が紡がれていき、コンプソン家を襲った悲劇が徐々に輪郭を帯びていく。この勢いで下巻へ。

全17件中 1 - 10件を表示

フォークナーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
三島 由紀夫
ドストエフスキー
J.L. ボルヘ...
ドストエフスキー
フランツ・カフカ
フランツ・カフカ
トルーマン カポ...
有効な右矢印 無効な右矢印

響きと怒り (上) (岩波文庫)に関連する談話室の質問

響きと怒り (上) (岩波文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

響きと怒り (上) (岩波文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

響きと怒り (上) (岩波文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

響きと怒り (上) (岩波文庫)の作品紹介

斬新な語りの手法と構成で、新しい文学表現に挑んだフォークナー(一八九七‐一九六二)の最初の代表作。語り手たちの内的世界のかなたに、アメリカ南部を舞台とした兄弟たちの愛と喪失の物語が浮かびあがる。フォークナー自身この作品をもっとも深く愛した。

ツイートする