八月の光(上) (岩波文庫)

  • 29人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 諏訪部 浩一 
  • 岩波書店 (2016年10月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003232385

八月の光(上) (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『アブサロム、アブサロム!』があまりにも面白くてヨクナパトーファ・サーガを制覇しようと『響きと怒り』までは読んだのに何故かその後この『八月の光』を読もうと思わないままはや数年、岩波文庫から新訳で出たので「そうだ、まだ読んでなかった」と急に思い出し今更手に取りました。やっぱりフォークナーはいいなあ。登場人物を掘り下げるのに性格ではなく祖父母のルーツから語りだされる回りくどさ、にも関わらずいつもとても面白いと思ってしまう。この文体の魅力はいったいなんなんだろう。

    さて本作も主要舞台はヨクナパトーファ郡ジェファソン。しかし主要人物のほとんどはこの町に流れついた余所者なので、他の作品と共通の登場人物はほぼいない(と思う)。アラバマからリーナという女性がやってくるところから物語は始まる。リーナは妊娠しており、自分の夫となるはずのルーカス・バーチという流れ者の男を探している。第三者が話を聞く限り、その男が自分が妊娠させた女性に対して責任を取るつもりがあるとは到底思えず、嘘をついて女から逃げたことは一目瞭然なのだけれど、もはや暴力的なまでに純粋で愚かなリーナは、ルーカスの嘘を信じ、彼を追い続けている。そんな彼女に皆親切にせずにはいられない。ルーカス・バーチと名前が似ているためリーナに間違えられたバイロン・バンチという男もその一人。真面目で誠実だけれど非モテの彼はリーナに一目惚れ。彼女の力になろうとするが、どうやらルーカスと思しき人物ブラウンは、クリスマスという名の怪しい男と犯罪にかかわっており、ある女性が殺され屋敷は炎上、ブラウンは逮捕される。

    ここまでは実はほんの序章。ここから時間を遡り、クリスマスに孤児院の前に捨てられていたジョー・クリスマスという男の、すさんだ生い立ちが上巻のほとんどを占めている。出生は不明ながら黒人の血が半分流れているかもしれないクリスマスの孤独と劣等感、南北戦争は終わっているけれど南部ではまだ黒人差別は激しい。孤児院時代のトラウマ、養子先の両親マッケカーン夫妻との確執、年上のウエイトレス・ボビーとの恋愛と破滅、そして流れ流れて辿りついたジェファソンでの、ミス・バーデンとのいびつな恋愛関係。母親のような年齢の女性ばかり好きになるクリスマスは一種のマザコンでありながら、無償の愛を注がれると疎ましくなる反抗期の少年のような精神を脱しきれない。こんな生易しい言葉で言い表したくないけれど、とても「かわいそう」だ。

  • アメリカ南部の黒人の血が重苦しく漂っているような感じがする。これからどのような展開が繰り広げられるのか、まだ先は長そうだ。

全3件中 1 - 3件を表示

フォークナーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウラジーミル ナ...
スタンダール
遠藤 周作
ヘミングウェイ
フランツ・カフカ
ジェイムズ・P・...
アゴタ クリスト...
フアン・ルルフォ
エイモス・チュツ...
三島 由紀夫
ヴィクトール・E...
カルペンティエル
J.L. ボルヘ...
有効な右矢印 無効な右矢印

八月の光(上) (岩波文庫)の作品紹介

「あたし、アラバマから来たんだ。すごく遠くまで」自分を棄てた男を追って、ひとり旅する娘。白人か黒人か、自らの血に苦しむ孤児院育ちの男。狂信者として排斥された元牧師。相容れぬはずの三つの物語が、運命に導かれ、南部の田舎町で邂逅する。

ツイートする