憂愁夫人 (岩波文庫)

  • 13人登録
  • 4.50評価
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 相良 守峯 
  • 岩波書店 (1957年4月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003244616

憂愁夫人 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 半世紀もの間、私の座右にある物語。ロシア文学に傾倒しながらも、このドイツ文学に心酔した。本来、自己変革の物語なのだが、私は恋愛小説として読んでいた。人間に苦悩と憂いをもたらすというドイツの伝説的妖魔「憂愁夫人」。彼女に纏わりつかれている男性主人公の苦闘が、リアリズムの筆致で描かれている。幼友達である女性だけが、仄かな希望だ。

  •  
    ── ズーデルマン/相良 守峯・訳《憂愁夫人 Frau Sorge 19240101 春陽堂 19570405 岩波文庫》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4003244613
     Sudermann, Hermann 18570930 Prussia 19281121 71 /18751204 ?
     
    (20160203)
     

  • 大雑把に言うと束縛からの解放を描いた作品でしょうか。貧しい家に生まれたパウルは他人の為に自分を枷にはめる人生を送るのですが、それは決して自己犠牲などではなく卑屈さからくるものなので苛立ちを覚えるかもしれません。「人間はどこまでもあきらめをつけるように努めなくちゃならない」身の程をわきまえすぎたこの自己評価の低い精神は、現代ではなかなか受け入れられないでしょう。自分に自信をなくしていたり、落ち込んでいる人なら途中で嫌になってしまうと思うので、そういった方には勧められない作品ですが、深く考えさせられました。

全3件中 1 - 3件を表示

憂愁夫人 (岩波文庫)のその他の作品

憂愁夫人の詳細を見る 憂愁夫人 ズーデルマン

ズーデルマンの作品

憂愁夫人 (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする