カラクテール―当世風俗誌 (上) (岩波文庫)

  • 33人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 関根 秀雄 
  • 岩波書店 (1952年12月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003251614

カラクテール―当世風俗誌 (上) (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • コンデ公の孫にあたるブルボン公の教育係であったラ・ブリュイエールによる「性格論」。文学ジャンルとしてはテオフラストス以来の伝統があるが、単に有徳な人物の諸特性を描き出すだけではなく、毒のこもった風刺や同時代の文化への意見など、様々な点からして興味深い著作。本巻では、文学、真価、女性、心情、社交、財産、市民がそれぞれ主題となっているが、著者の古典主義(コルネイユやラシーヌの称賛とその裏返しとしてのフォントネルなど近代派への皮肉)、真の美徳を備えない人々(徴税請負人など)に対する皮肉など、偉大なる世紀の価値観と著者自身の価値観を余すところ無く伝えてくれる。当時の文学情勢や社会情勢については、訳注でおおよそは分かる(ただしフランス語ママの単語には辟易する)ので、17世紀後半から18世紀前半のフランス社会についてそれほど情報を持っていない人間にも親しみやすくなっている。

全1件中 1 - 1件を表示

ラ・ブリュイエールの作品

カラクテール―当世風俗誌 (上) (岩波文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カラクテール―当世風俗誌 (上) (岩波文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする