人はすべて死す 上巻 (岩波文庫 赤 567-1)

  • 55人登録
  • 3.75評価
    • (2)
    • (8)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 川口 篤  田中 敬一 
  • 岩波書店 (1959年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003256718

人はすべて死す 上巻 (岩波文庫 赤 567-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 学ぶことが多少あった。もしくは、この本に興奮したのは無頼派の思想に近かったためで、俗っぽい回顧によるものであるかもしれない。一方で、ボーヴォワールのテーマであった人間の行為の継続性を立証する試みをした物語。

  • 題名からだと哲学小説かな、なんて思ってたけど、読んでみると(上巻だけだけど)何でしょうコレ。ファンタジーとかホラーの類かな。

  • 再読中。野心家で自尊心の強い女優レジーヌが偶然出会った謎の男レイモン・フォスカ。無気力で食事すらしない彼に興味本位でちょっかいをかけるも、結果のめりこんでしまい・・・と、プロローグでは恋愛かけひき風でありつつ、謎めいたフォスカがようやく自身の過去を語り始めるところからが本編。

    13世紀のヨーロッパ、地方領主だった彼は不老不死になる液体を飲んでしまい、以来永遠に生き続けることになる。最初の数百年はまた野心を抱いていた彼は、世界を治めるために権力の中枢に近づき相次ぐ不毛な戦争を繰り返していたけれど・・・

    中世ヨーロッパの歴史に詳しくないとちょっと退屈な面もあるけれど、壮大な歴史ファンタジーとしても読めるのが面白い。

  • まぁ確かになぁ、賢い女の人だなぁ、ボーヴォワールという人は。

全5件中 1 - 5件を表示

ボーヴォワールの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィトゲンシュタ...
遠藤 周作
ボーヴォワール
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
ヴィクトール・E...
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

人はすべて死す 上巻 (岩波文庫 赤 567-1)に関連する談話室の質問

人はすべて死す 上巻 (岩波文庫 赤 567-1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人はすべて死す 上巻 (岩波文庫 赤 567-1)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする