オブローモフ〈中〉 (岩波文庫)

  • 39人登録
  • 4.15評価
    • (6)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 米川 正夫 
  • 岩波書店 (1976年6月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (477ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003260630

オブローモフ〈中〉 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オブローモフとオリガの恋のターン。

    オリガが「イリヤ、あなたは優しくって、まるで鳩みたい。だから翼の下に頭をかくして、──なんにもほかに望みがないんですわ」とオブローモフを評したのが印象的だった。彼に失望しながらも、どこか愛を感じさせる言葉だと思う。
    (それはそれとして、きっと体つきも鳩のように丸い感じだったんだと思う)

    オリガがオブローモフとの恋をシュトルツに告白したとき、シュトルツが笑い飛ばしたのはいくらなんでも酷いと思った。
    ちゃんと恋してたよ、二人とも。

  • 上巻参照。

全2件中 1 - 2件を表示

ゴンチャロフの作品

オブローモフ〈中〉 (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする