ウンベルト・エーコ 小説の森散策 (岩波文庫)

  • 174人登録
  • 3.88評価
    • (5)
    • (6)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : 和田 忠彦 
  • 岩波書店 (2013年2月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003271810

ウンベルト・エーコ 小説の森散策 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「薔薇の名前」を苦労して読んで以来著者の作品に手を出すことがためらわれた。文学論の講義録である本著も一筋縄ではいかず幾度となく道に迷う。しかし時折出会う木漏れ日の美しさや清流のすがすがしさは小説の魅力を雄弁に語っている。

  • エーコの訃報に接し、再読。「わたしたちは生涯を通じて、なぜ生まれ、そしてなぜ生きたのかを語ってくれる、わたしたち自身の起源の物語を探しているのです。」いつかエーコの体験したような最高に美しい物語を生きてみたい。

  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50098923&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 6/12 読了。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、1階文庫本コーナー 請求記号:901.3//E19

  • 岩波文庫 080/I
    資料ID 2012200551

  • 虚構の楽しさ、読み方を読者にエーコが、という講義の要約。「どう読んで欲しいと思っているか」の辺が興味深かった。間違った感想なんてものはないと私は思っているし。記号の拾い方などかなり楽しく読めたが、岩波、値段上げ過ぎだよ・・・

  • 語り口は柔らかく読みやすい。
    こちらと『ナボコフの文学講義』と併せて読むと、スタンスの違いや共通点が見えてきて面白い。

  • 祝文庫化!「エーコの文学講義 小説の森散策」改題

    岩波書店のPR
    「作家であり記号論学者である著者が、読者は小説をいかに読むべきか、作者は読者にどうよんでほしいと願っているのかを、記号論の概念を駆使してユーモアをまじえつつ解説する、ハーヴァード大学ノートン詩学講義(1992─93)の記録。フィクションとは一体何なのか? 虚構の森(=小説)を散策する楽しみはどこにあるのか? 」

全9件中 1 - 9件を表示

ウンベルト・エーコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ガブリエル ガル...
ウンベルト・エー...
J.L.ボルヘス
三島 由紀夫
ウンベルト エー...
三浦 しをん
J.L. ボルヘ...
ウンベルト・エー...
ウンベルト エー...
J・モーティマー...
ウラジーミル ナ...
國分 功一郎
ミシェル・フーコ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ウンベルト・エーコ 小説の森散策 (岩波文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ウンベルト・エーコ 小説の森散策 (岩波文庫)の作品紹介

作家であり、記号論学者でもあるエーコ(1932‐)が、読者は小説をいかに読むべきか、作者は読者にどう読んでほしいと願っているのかを、記号論の概念を駆使して解説する、刺激的な文学入門。虚構の森(=小説)を散策する楽しみはどこにあるのか?そして、フィクションとは一体何なのか?ハーヴァード大学ノートン詩学講義(1992‐93)の記録。

ツイートする