山椒魚戦争 (岩波文庫)

  • 318人登録
  • 3.97評価
    • (33)
    • (30)
    • (34)
    • (1)
    • (0)
  • 28レビュー
制作 : Karel Capek  栗栖 継 
  • 岩波書店 (2003年6月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003277416

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
ヘミングウェイ
フランツ・カフカ
遠藤 周作
安部 公房
ドストエフスキー
ガブリエル ガル...
ポール・オースタ...
ウラジーミル ナ...
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

山椒魚戦争 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

  • 日本では『家畜人ヤプー』なんかにも影響を与えたといわれる一種のユートピア(あるいはディストピア)SF。(本筋とは関係ないですが「ヴィーナスレガッタ」とか、ヤプーでもまんま同じことしてましたね)

    同じチャペックの『R.U.R.(ロボット)』では人間の造ったロボットたちが人間に反旗を翻しましたが、こちらで人間の脅威となるのは、タイトル通り「山椒魚」。進化の気まぐれで二足歩行するようになった知能の高いサンショウウオたちが偶然人間に発見され、道具を与えられ、言葉を教えられることによって、やがては人間を脅かす存在となってしまいます。最初のうちは人間にとっての安価な労働力として重宝されてるあたりは、サンショウウオもロボットと同じですね。(最初にサンショウウオにナイフを与えたヴァントフ船長は、さながら人類に火を与えたとされる神話のプロメテウスのよう。あっさり出番なくなりましたが;)

    二本足で歩き人間の言葉を話すサンショウウオの存在は、ファンタスティックであると同時にグロテスクで、彼らに対する人間の対応は、SFの姿を借りつつ、現実社会に対する辛辣な皮肉でありパロディでもあります。時代背景として1936年当時台頭してきていたナチスドイツへの批判的部分もあり、たとえばジョージ・オーウェルの「1984年」しかり、一見フィクション色の濃いSFというジャンルのほうが、社会に対する痛烈な批判を孕んでいるというのは興味深いですね。

  • 自分の世界が危うくなるたびに優しい者に甘えつつ理屈を振りかざす私個人のように、社会も弱い労働力や、教育や、法律で、いつも何かをねじ伏せようとするけれど、結局どうにもならない。山椒魚に支配されてゆく現実を前に、哲学者が書き始める人間のエピローグに「そもそも人間には、幸福になる能力があるのか」(一個の人間ではなく人類には)という一文があり、数年ぶりにその言葉を思い出したような気分になる。架空の新聞記事を辿るような奇妙な構成と、あいまに出てくる市井の人たちの慎ましい生活描写もよかった。

  • 資料ID:C0000929
    配架場所:2F文庫書架

  • 読んで損はしない。

    以下内容含む。



    『山椒魚戦争』と聞いてまず思い出したのは、映画『猿の惑星』シリーズだ。猿対人間のように、山椒魚対人間という話なのだろうと予測した。それと同時に、『猿の惑星』がそうであったように、『山椒魚戦争』もまた現実の社会への風刺を含んでいるのだろうということだ。実際そうだったし、これは作者が明確に「作者の言葉」のなかで述べている。曰く「私がこの作品で描いたのは、ユートピアではなく、現代なのです。それは未来の事態についての憶測ではなく、現代の世界、いまわれわれが生きている世界を、鏡に映し出したものなのです。私にとって問題なのは、空想ではありませんでした。そんなものなら、私にはいつでも好きなだけ、タダどころか、お添え物をつけてさしあげます。私にとって問題なのは、現実だったのです。」(11-12頁)。ここで作者のチャペックは彼自身が生きている現代を念頭に置いているが、本書で映し出されている「現代」あるいは「現実」は、今生きる私たちの現代や現実の映しともなり得ることは、本書を読めば誰もが身につまされることだろう。
     本書は不思議な構成になっている。一貫した主人公や視点があるわけではない。インタビューや新聞・雑誌の記事、学術論文など。ある人物に焦点を当てた物語の短編形式もある(ただしこれも書き方がおかしくて、地の文の語り手が変わったり、とにかく主人公らしきものは立てられない)が、全体的には上記した様々な形式の雑多な資料集といった具合。もっと精確に言えば、山椒魚と人間の出会いから山椒魚戦争で世界が破滅するまでの数十年の歴史を描いた歴史物という印象。それゆえ、一人の主人公から語られるお話よりも、一層リアリティのある読み物になっていて、それはチャペックがこの本をたんなる娯楽作品にとどめたくはなかったという意図から来るのだろう。そのように第三者が著した歴史物という体裁をとっておりながら、しかし人間の心理描写は木目が細かい(例えば第一部6から始まるエイブのお話は青少年の甘酸っぱい様を見事に描いていて、ここだけ読むと別の作品かとおもえるほど。)。これもチャペックの人間に対する関心の深さからくるのだろう。だからこそ、人間という生き物がどうしようもなく行きついてしまう「ユートピア」(今の言葉で言えば「ディストピア」)を描くことができたに違いない。この本は山椒魚の話でもあるわけだが、実のところ人間への深い愛に根ざした人間への遣る瀬ない思いが全体を貫いている。

  • いかにも奇妙な本

    ビジネス書ガイドブックにかなりの確率で載っている本書
    いつも気になりながら、スルーしていなたのだが、思い切って購入

    タイトル通り、本書を読み終える頃には頭から山椒魚が離れないのだが、本書のメインのテーマは決して山椒魚についてではない。

    人間のおろかしさ

    それがいたたまれない程に記されている。

    インパクト大

  • 日本人には書けないような、独特の作風。当時の各民族の典型的な偏見がまた面白い。SF好きも、歴史好きも楽しめる良作。

  • 京都市水族館で見た山椒魚が気持ち悪くて印象に残ったので検索したのがきっかけ。内容的にはストレートな風刺だけど、創りこみ方が細かくてリアルで面白かった。山椒魚に人間と同じ教育を施そうとするシーンの醜悪さが良い。最近レイ・ブラッドベリの「火星年代記」も読んだんだけど、人外の生き物に善意で人間の基準をおしつけるというネタがこちらにもあって、考えることは同じだなと思った。

  • 最初はやや浮いた存在に感じ、いかにも空想の産物にしか思えなかった「人類に近い能力を持った山椒魚」が、読み進めるうちに恐ろしいまでの現実味を持っていく感覚は、もはや快感です。別の惑星、宇宙を翔ける船、格好良いガジェットが登場する作品も好きですが、やはりこういった「すこしフシギ」なSFはイメージが湧きやすく入り込めます。綿密な設定が説得力を生む、やけにリアルなホラ話(明らかに起きているはずの生態系破壊に関しての描写がないのは少し残念)ですが、あの終わらせ方がかえって痛烈で、現実に目を向けさせてくれます。

  • 山椒魚が世界を侵略するSFものである。
    クトゥルフは関係ない

  • 構成から読みにくいという声もあるが、物語を追うこと自体は難しくない。何が描かれているのか解釈するのが難しい。
    山椒魚戦争というタイトルと一般にSFと分類されるところから
    人類対山椒魚の戦記モノが想像されるかもしれないが、
    知能を持ち始めた山椒魚が発見され、
    人類に異なる生物として実験、研究され、
    生物としての捕獲から工業製品かの様に生産され
    奴隷のように労働力として利用される様子に
    多くのページが割かれ、架空の地球人類現代史が描かれている。
    カバーには「科学技術の発達が人類に何をもたらすか、
    と問いかける」とされているが、科学技術ではなく
    国家間の小さな利益や権利の主張、見栄やメンツが団結を阻み
    徐々に育った小さな共通の敵、脅威の芽生を
    取り返しのつかない脅威に育ててしまったという印象。
    しかし、解説を全て読めば当時の全体主義による
    滅亡の危機という言葉もアリ、第三部の最終章、山椒魚の姿は
    この本が書かれた時代よりあとの現実の世界、
    そして現在より先、世界的な戦争が起こったら
    ありうる結末であるよう。

  • カレル・チャペック1936年の作品。
    第二次世界大戦直前に書かれたものです。
    人間の心にある「おごり」や「欲望」が人類を滅ぼしていくというお話。

    山椒魚との戦争なんてありません。というか,戦争になんかなってないのです。圧倒的で,なすすべがないのです。
    国家の「主張」や「利権」など無意味であり,ましてや「国家」自身の意味すらなくなる。
    第二次世界大戦直前という時代を考えると,これが「戦争」「ファシズム」を徹底的に批判した小説であることは明らかです。そんなことをやっていたら山椒魚に占拠されると。

    本当に悲しい結末。やるせない気持ち。もどかしさ。

    ただ,最後に「作者が自問自答する」で少し救われるのだが。

  • ひといきに読み終えた。読みやすい、とは言えない本だが、でもひといきに読んでしまった。

    1936年に書かれたという。
    そういう古いSFを読んだのは初めて。カレル・チャペックって、紅茶のお店で名前は知ってたけど、読んだのは初めて。

    じつに興味深い小説だった。

    これがSFだってことは、読み始めてすぐにわかる。
    新聞記事の引用をするなど、工夫が凝らされているが、やや極端な性格付けをされた登場人物が出てくるから、たとえば、マイケル・クライトンのようなリアルさは感じられない。あくまでフィクション。

    それなのに、怖い。
    現実味がありすぎて、怖い。
    描かれているのは山椒魚と人間の戦争ではなく、人間の欲望と愚かさだからなのだろうと思う。
    それはあまりに現実に起こりそうで怖い。あるいはすでに起こったことなのかも。。。

  • カレル チャペックをあまり読んでないので、少しずつ読んでみようと思って、『ロボット』に続いて、この『山椒魚戦争』を読んでみました。

    不思議なつくりの小説ですが、面白いですよ。

  • 凄くよかった。人間の愚かさ、そして人間文化や技術の発展がもたらすもの、その行き着く先を考えないといけないと思う。山椒魚って実際に見たらどんなんなんやろ。

  • 途中まで読んでちょっと休憩中

  •  今度の選挙は小泉首相の圧勝というかたちで終わったけど、与党が衆議院の三分の二以上を占めたっていうのはちょっとおどろきだったわね。この日わたしは天神の本屋さんでこの一冊の岩波文庫を買ったんです。なぜかっていうとちょうど選挙の日だったから。そして、自民党が圧勝しそうな予感をしてたから、かな。
     だいたいカレル・チャペックって人、知ってた? チェコの作家なのね。で、この本は一九三五年に書かれたもので、日本語訳になったのは一九七〇年で早川書房から出されたんだって。そして一九七四年に早川新書から再刊され、この岩波文庫版は一九七八年に出版されている。そんな古い本を今さら紹介することもないだろうと言われるかもしれないけど、歴史的な選挙の日なんだから意味があると思うからいいでしょ。
     訳者はどの訳も栗栖継という人。この栗栖継って人は生きてればたぶん九十五歳くらいになるみたいで、去年くらいまでは確かに講演なんかしてた痕跡はあるからきっと生きているんだろうと思うけど、最初のエスペランチストなんだって。それで戦後になってチェコ語を体得してチェコ文学研究家になったとか、けっこうすごい人みたい。わざわざ訳者を紹介したのは岩波文庫なんだけど訳がすっごく読みやすいのよ。ま、元は早川書房だからあたりまえかもしれないけど。
     ところで、早川書房といえばSF小説が看板の出版社ね。そしてその名に恥じず、この『山椒魚戦争』も立派なSF小説なんだわ。しかもめっちゃ面白いのね。どんな話かっていうと、一人の船長が東南アジアのある入江でかしこい山椒魚を見つけるの。そして山椒魚に真珠を取らせて一儲けしようとある社長に掛け合って、まあ、商談が成立する。で、この山椒魚を繁殖させて労働力として使い、ビジネスは一応成功するんだけど、この山椒魚たちはやがて言葉を覚え、さらに教育を受けることによって人間並みの知性を持つようになり、やがて人間をはるかに上まわるほど数が増えたあげく、ついに人間と戦争をして世界を制覇する、っていう話なの。
     あらすじを言っちゃえばもともこもないけど、チャペックという作家のひとつのテーマが人類は自ら生み出したものによって滅ぼされるというのを持っているのね。そうしたテーマにもとづいた作品の集大成みたいなのがこの小説なんだ。問題は人間が生み出したものって何かっていうこと。最初にこのテーマで書いた小説は人間がロボットに滅ぼされるという設定の話なんだけど、『山椒魚戦争』では人間がその欲望のために繁殖させた山椒魚っていうこと。
     そんな中で、人間に戦争を仕掛けたときに宣戦布告するチーフ・サラマンダー(山椒魚総統)というのが出てくる。こいつは「大征服者、技術者で軍人、山椒魚のジンギス・カン、大陸の破壊者なんだ。すごい人物だよ。」と紹介されるんだけど、作者自身の自問自答の中で事実が明らかになるのよ。

    「……ほんとうに、山椒魚なのかね?」
    「……ちがう。チーフ・サラマンダーは、人間なんだ。本名は、アンドレアス・シュルツェといってね。第一次世界大戦当時は、曹長だったんだよ。」
    「道理で!」

    というくだりなのね。つまり、チーフ・サラマンダーってのはアドルフ・ヒトラーを想像させるでしょ。だから、増殖する山椒魚はナチズムのことかもしれないし、広い意味での全体主義のことかもしれないの。こんなことを書いたせいでチャペックはナチにかなりにらまれたのね。結局追いつめられて寿命を縮めたみたいなんだけど、そのくらい風刺には毒があるのよ。けっこう思想的にも深いと言えるかも。
     でも、この小説のおもしろさってそんな教訓じゃなくって、「いかにも」って感じで実話を集めたみたいな手法で構成ができていること。だからかなりリアルに話が進むの。船長と社長を取り持った社長宅の門番が実は主人公というか、... 続きを読む

  • ロボット、という言葉を産み出した著者の、
    20世紀のSF作品の一つの金字塔。

    ルポのような形式で進む文体は、
    読みだした頃は入り込みにくいところもあったりしたのと、
    作品自体の長さも手伝って、
    非常にがっつり時間をかけて読むことになった。
    二章は多少ダレそうになったけれども、
    多くの問いかけを含んでる部分で、ある意味ミソ。

    タイトルと、あらすじから想像してしまいそうなコミカルな要素はなく、
    非常に読み応えのある、体力を使う一冊。

  • 人間の代わりに労働させられていた山椒魚が知性を身につけ、人間に戦争を仕掛けるSF小説です。
    2次大戦前の世界を舞台にしているので、世界史好きの方には面白いかもしれません。新聞記事や議事録など資料的なものが多く提示されるので一味違った楽しさがありました。
    愚行を繰り返す人間の未来を予言しているようでとても面白かったです。

  • 反ユートピア小説の古典。最後の仕掛けに萎える人は萎えるかも。

  • 古典的SF。文字通り山椒魚が人間を征服する。ストーリは簡潔。新聞記事が秀逸(?)。

  • カレル・チャペックの代表作の一つ。

    チャペックは「ロボット」っていう言葉を作った人としても有名。

    他にも童話とかエッセイとか紀行文とかいろいろ書いてる人だけど、どれもあたたかみのある文章で個人的には冬向きの作家だと思ってます。

    今回取り上げる「山椒魚戦争」。

    これは1930年代の作品。



    南の島で頭の良い山椒魚たちが見つかる。

    かれらは人間に言葉や文明を教え込まれ、単純労働に使われて、やがて繁殖しまくって人間を圧倒し、自立心に目覚め、人間を絶望の淵に追いやる。

    簡単に言うとそんな話。



    この話は何を言いたかったのだろう。

    僕はこの点に関して、解説での栗栖継氏の解釈は間違っていると思う。

    彼はこう解説している。

    「作者が山椒魚の中にナチスドイツを見ていたことは誰の目にも明らかだった」

    この話は1930年代に書かれたので、彼の解釈は時代的には合っている。

    でもこの解釈は、人間-山椒魚間の支配被支配の関係のみに焦点を当てた安易過ぎる解釈だと思う。




    だって山椒魚に悪いところなんて何も無いんだもん。

    自分たちの生活を良くするために水中都市をつくることが悪いこと?

    自分たちを酷使する資本家に権利を要求するのは悪いこと?

    悪くないよ。


    じゃあ一方の資本家に悪いところはあったか。

    資本家が安い労働力と市場を求めるのは悪いこと?

    悪くない。当然のことだ。




    つまり、チャペックが書きたかったのはナチスなんかじゃない。

    ここに書かれているのは、もっと壮大な、人類の宿命みたいなものだ。

    チャペックはこの小説に限らず、そういう壮大なテーマに取り組んできたはずだ。




    表紙の解説では「人間の本質的な愚かさを鋭くついた」作品っていう風に解説されている。

    でもさ。

    どうやったらこの物語の人間は滅亡を防げたんだろう。

    どこかの地点で人間の行いに誤りはあっただろうか。

    たぶん無かった。

    この話のものすごく巧妙なところは、「悪者」がいないところ。

    山椒魚は自らの生活の向上を求めた。

    資本家は安い労働力と市場を求めた。

    これらの行動は果たして愚かなことだろうか。




    一体この物語に登場する誰を、あるいは何を責めることが出来るだろうか。






    僕が途上国の貧困の様子を見て感じることは、ここは昔のまま農業(あるいは漁業)だけをしていれば幸福だっただろうに、ということ。

    先進国の後付けで工業化や都市化を目指すから無理が生じたのだ。

    そもそも先進国に住む僕らでさえ工業や都市によって幸せになったかどうかも確信を持てないのに?

    それでも彼らに僕らのような生活を望むことをやめさせることは、出来ない。

    そして、彼らが僕らのような生活を達成したときの世界の様子も僕らは知っている。

    資源や食料、あらゆる物の不足・・・(そんなこと僕は考えたくも無い)。


    チャペックはナチスなんかじゃなくて、こういった人類の切実な未来を予言していたんじゃないだろうか。



    未来をどうにかしなければいけない。

    でもどうにもできないもどかしさ。

    一体誰に人類の滅亡をとめることが出来るのだろう。

    予言者チャペックもそこまで教えてはくれなかった。

  • 赤道直下のタナ・マサ島の「魔の入江」には二本足で子供のような手をもった真黒な怪物がたくさん棲んでいた。無気味な姿に似ずおとなしい性質で、やがて人間の指図のままにさまざまな労働を肩替りしはじめるが…。この作品を通じてチャペックは人類の愚行を鋭くつき、科学技術の発達が人類に何をもたらすか、と問いかける。現代SFの古典的傑作。

  • カレル・チャペックの1936年の作品。
    岩波文庫なんだからもっと早く読めよという感じですが。チャペックなので面白いのは当然。この時代とすれば、共産主義や全体主義への批判ということもあるのだろうけど、やはり、人間が自分の作り上げた仕組みに滅ぼされていくという警告小説のような印象。記述様式の展開手法が「物語の動き」をつきはなした感じに見受けられるせいもあるのあろうけど。で、こんな一文もあり。『これが戦争と言えるなら、まことに奇妙な戦争だった。宣戦布告をしようにも、その対象になる山椒魚国家はもちろん、承認された山椒魚政府はどこにもなかったからである。』なんか、現代?それだけではなく、今もだなぁと思うのは、この時代から枠とか思考が変わってないのか、このへんで土台が出来上がったまま今になっているからか。そして、この時代の欧州地域の小説に一応極東の「日本」が国際会議に登場していること、そして、日本の海運会社(大阪商船:現在商船三井)の名前も登場することという点に、あ、この時代にも日本は存在感それなりにあったのね、と思う。しかし、自宅にいると集中して読書できないということで、外出しないといけないというのも無駄な金使うよなーと思うが、時間を無駄にするよりはいいのかということで。

全28件中 1 - 25件を表示

山椒魚戦争 (岩波文庫)に関連する談話室の質問

山椒魚戦争 (岩波文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

山椒魚戦争 (岩波文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

山椒魚戦争 (岩波文庫)の作品紹介

赤道直下のタナ・マサ島の「魔の入江」には二本足で子供のような手をもった真黒な怪物がたくさん棲んでいた。無気味な姿に似ずおとなしい性質で、やがて人間の指図のままにさまざまな労働を肩替りしはじめるが…。この作品を通じてチャペックは人類の愚行を鋭くつき、科学技術の発達が人類に何をもたらすか、と問いかける。現代SFの古典的傑作。

ツイートする