ブクログ大賞

やし酒飲み (岩波文庫)

  • 288人登録
  • 3.60評価
    • (12)
    • (33)
    • (31)
    • (7)
    • (0)
  • 50レビュー
制作 : 土屋 哲 
  • 岩波書店 (2012年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003280119

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
M.バルガス=リ...
J.L. ボルヘ...
フランツ・カフカ
ウラジーミル ナ...
いとう せいこう
ガブリエル ガル...
安部 公房
レイ ブラッドベ...
マヌエル・プイグ
有効な右矢印 無効な右矢印

やし酒飲み (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

  • ヤシ酒中毒者の話かと思って読んだけれど、むしろナイジェリアの妖怪めぐり合いの記だった。人探しの旅なのに途中で家を建てて暮らしちゃったり、「白い生物」「赤い王様」と姿形の描写が想定外のざっくり具合だったり、こちらの予期しないスパン・粒度で物語が進む点でとても海外文学。人探しの旅にしては危険が多すぎて、実はそれほど笑いながら読むこともできず、現在進行形で妖怪好きだったら読んだらいいかな、という印象(水木しげるの画で読みたかった)。訳者と多和田葉子の解説は読みごたえがあり、ただ自分はこの物語からあまり汲み取ることができなかったなと思う。

  • なんのこっちゃわからん本やった
    アフリカの異文化に触れたという感じ

    なんとなく、ボッカチオのデカメロンに近いなという印象がある

    含蓄ありすぎ

  • 死者の国と生者の国が分かたれている、というアフリカの死の感覚……とあるが、徒歩で行ける死の国、旧友を懐かしむようなやし酒造り、どうにも死者を身近に感じてしまう。おそらく解説の文章の解釈にも少し慎重になるべきであって、分かたれている、との言葉の意味するレベルによって、この作品の現実感の度合いは変わってくるように思える。
    俺はなるべく現実感覚に寄せて、これらの不可思議な世界を視たい。

  • 昔、晶文社版でも読んだがよく解らない小説。神話的展開に日本国『古事記』との共通性を感じることがある。たまに後ろ向きに歩こう。稗田阿礼って男女いずれ? 図書館本。

  • 死んでしまったやし酒造りを探して死者の町へと旅に出たやし酒飲み。
    神話的?世界観。次から次へと摩訶不思議な展開が繰り広げられていく。

    生と死の世界が絡みあい、神々との対話や擬人化したドラム/ソング/ダンスらの饗宴など、アフリカ民族の文化や価値観、思想が深くこの物語の根底にあるのがわかる。

  • だ・である調とですます調、現在形と過去形が入り乱れる独特の文体から飛び出す神話的な物語。
    父が雇ったやし酒名人のおかげで、毎日飽きることなくやし酒を飲んでいた主人公はある日、そのやし酒名人が死んでしまうという憂き目にあう。「ジュジュマン」でもある「やし酒飲み」が、死んだやし酒のみを探して「死者の町」へ行って/帰る波瀾万丈の冒険譚。

  • 特に教訓となるような話があるわけではないが伝承的民話を題材に創作された物語とのことで、神様や精霊、奇妙な生物や死者などが次々と登場する不思議な世界観がおもしろかったです。
    昔話めいた物語から伝わってくる原始的な姿や、銃やお金など異文化も混ざり合った姿など、アフリカ内部から描かれた独特の世界観を楽しむことにこそこの作品の価値があると感じました。

  • PENのアフリカ特集で気になり、なんばStdで遭遇

    奇想天外な世界観
    言葉使いも不思議

  • やし酒のみが死んだやし酒造りを求めておもむく死者の町への道中は不思議で奇妙、魔術的で神話的。

    しかしそんなにやし酒というものは美味しいものなのか?

  • アフリカの背景?あり方?文化?を知った上でより楽しめるのかも。
    作り話として十分おもしろくはあるけれど。
    また折を見て再読しようと思う。

  • ◆乱暴に要約すると、やし酒を飲むことしか能のない町の有力者の息子が、亡くなったやし酒作りの名人を尋ねてはるかかなたの「死者の町」へ行くという冒険の物語です。◆ですがその世界に入ろうとすると、すべてが神秘的で衝撃的なのです。「なんだこれは」という驚きと、理解が追い付かない戸惑いを感じながら読み進めてゆくと、いつの間にか物語は終わっていて、ハッピーエンドなのか、そもそもエンドなのか何なのかもわからない、そんな不思議で面白い一冊でした。

  • その魅惑的なタイトルに、思わず手に取らずにはいられない一冊。岩波の惹句は「アフリカ文学の最高傑作」だが、確かに良くも悪くもアフリカらしい小説(偏見)。荒削りなストーリーの中に散りばめられた、いかにも土着といった雰囲気の民話の数々が、(翻訳で読んだので良く判らないのだが)「風変わりで不正確な英語語法」ともあいまって、クッツェーのような正確に欧米化された文学ではない、第三世界の野性味溢れる魅力を醸し出している。

    訳者による論考「チュツオーラとアフリカ神話の世界」、多言語作家 多和田葉子による解説も良い。

  • こんなところにもワンダーランドがあったなんて。気になるところにふせんを貼りながら読みはじめたけれど、ほとんど全ての行が埋め尽くされそうな勢いだったので断念しました。

  • あまり読む機会のない「アフリカ文学」作品。神話のような設定や登場人物、舞台背景などはあるものの、折々に通貨としてポンドが出てきたり、文明の利器がたまに登場したりするので、そういった部分に出会うたびに「あぁ、これは小説なんだ」と気づかされます。とはいえ、ナイジェリア出身の著者の想像力だけでこの作品が書かれているわけでは恐らくなく、現地の民間伝承や伝説なんかも組み込まれているのではないかと思います。

    死んでしまった「やし酒作りの名人」を連れ戻すために旅を続ける主人公が出会う人々や訪れる街は、神話的な雰囲気が色濃く出ています。死後の世界へ入っていく部分や、死者の町に住む人々の「生きている者」との違い、主人公に降りかかる困難を乗り切るための呪術、なんでも願いを叶えてくれる冥界からの土産と、その破損による主人公の置かれる立場の暗転などは、実際にこう言う神話がアフリカにあると言われたら素直に信じられるぐらい、リアルで生き生きとしています。

    他の地域の、いわゆる「神話」で描かれているのと同様、この作品でも「森林」や「川」が此岸と彼岸、あるモノたちの領域と別のモノたちの領域を分ける重要な要素となっています。自然に対する畏怖と尊敬に加え、アフリカならではの「異部族に対する意識」の現れを見ることができて、そういう部分から読んでも非常に面白い。

    日本語が妙なところが多々ありますが、これは原文(著者は英語でこの小説を書いているらしい)の英語の粗さを表現するため、あえてこのようになっているらしいです。正確ではない日本語の味わいも感じることができます。

  •  表紙に「アフリカ文学の最高傑作」と銘打っており、短いながらも物凄い小説らしい。
     現代アフリカ文学を読むのは、今回が初めてとなる。高校卒業後、いろいろと海外の文学に触れてみたが、世界史の教科書で見かけた作家の本を片っ端から読んでおり、結果的にヨーロッパの小説が中心となっていた。
     そんな中で、ノーベル文学賞受賞と聞いて読んでみたバルガス=リョサ『緑の家』の衝撃。読み辛さも含め、今でも鮮明に残っている。その後に読んだ『密林の語り部』も、読みやすいこともあってより楽しめた。それまで、ラテンアメリカ文学と呼ばれる分野があることすら知らなかったが、楽しめそうな世界が広くなり、とても嬉しかった。他にも、読んだことの無い地方の文学は無いだろうか…

     こうした状態で見つけたのがこの本だが、衝撃というか戸惑いというか、その大きさは『緑の家』以上だったかも知れない。「です」「ます」口調の混在や、何となくヘンな日本語への戸惑いは、まだ良い(翻訳だし)。それ以上に「何だこれは!?」と思ったのが、今までに感じたことの無い不思議な神話的世界観。
     以前、古代エジプトの創世神話を読んだことがあり(矢島文夫『エジプトの神話』ちくま文庫)、少しだけ齧った日本の創世神話と併せ、あんな感じの荒唐無稽さ(あるいは、今の常識では理解できないような世界観)があるんだろうな~と思いながら読み進めていった。
     だが、何か違う。荒唐無稽さもあるのだが、先に挙げた神話には無かった違和感がある。

     それは、どことなく現代的なニュアンス。「七ポンド五シリング」だとか、「飛行機のような~」といったワード、読者の存在を認識し、読み手に語りかける箇所。書かれたのが20世紀なのだから当たり前なのかも知れないが、物語の中で起こる出来事は紛れもない神話世界の出来事だ。こうしたちぐはぐな世界観からは、この小説が今なお生き続けている神話なのだという印象を受ける。

     肝心の内容については、各々の話が何を暗喩しているのか等わからないことだらけだったが、詳細な解説があり、その一端を楽しむことができた。
     中でも印象的だったのが、恐怖という言葉。物語の中で、主人公は死を売ってしまった(?)ので、死ぬ心配が無い。そのため、一見緊張感の無さそうな状態で旅をする。ずっと無敵のマリオみたいな。だが、主人公は依然として恐怖を抱き続けている。
     アフリカの人々が信じるという森林への恐怖とはいかなるものか?それを意識しながら読み返すと、また楽しめそう。森林への恐怖など、自然から離れて暮らすわが身においては、そう感じるものではない。だが、いざその恐怖に対峙した時、この物語の主人公のように、乗り越えようとする意志を保てるだろうか。

  • ドラフト
    水木しげるに漫画化してほしい作品

  • 本作を真面目に捉えるならば、グリムやセルバンテスやスウィフト、はたまた太安万侶のようだと言えよう。しかしこれを与太話と捉えるならば地獄八景亡者戯や頭山ということになるだろう。そして自分は後者を支持するのである。

  • 「わたしは、十になった子供のころから、やし酒飲みだった。わたしの生活は、やし酒を飲むこと以外には何もすることのない毎日でした」から始まるこの小説。主人公の父は、主人公には、やし酒を飲むことしか能がないのに気が付いて、56万本のやしの木がはえているやし園をくれ、毎朝150タル、午後2時には飲み干してしまうので夕方さらに75タルのやし酒を採取してくれるやし酒造りの名人を雇ってくれたけれども、ある日そのやし酒造りが死んでしまう。それで、主人公が「死者の町」に、やし酒造りの名人を呼び戻すために探しに行く話。冒頭からして「なんだこれは!」とひきこまれてしまう。しかもこの主人公は「神々の父」と名乗り、無理難題ふっかけられたりするんだけど鳥とか火に変身できちゃったりして、そんなんなら簡単だよねと思いきや、旅路の森とかにいろんな生き物がでてきていろいろ苦労する。白い生き物とか赤い生き物とかいろんなことが起きて最後もまぁやし酒飲みには会えるんだけど最後までいろいろ起きて、たしかに飽きない。教訓とかメッセージ性を特に感じさせないところもいい。アフリカには行ったことないしアフリカの民話の背景とかよくしらないから、知ったらまたよくわかるところがあって面白いのかもしれない。とにかくこの本は、異世界なかんじの面白さだった。
    アフリカ文学の最高傑作らしい。多和田葉子さんの解説も、よかった。

  • 読み始めて3~4ページで、読み慣れた小説とは何かが違うことに気づく。意味を取る、心理を読む、そういうおなじみの小説作法とは無縁の一冊。荒唐無稽な物語。西洋とも東洋とも違う、はっきりとした異世界感、アフリカの声。

  • なんか凄い。わけがわからない…翻訳だから?元々こうなの?
    飲んだくれの屑かと思いきや、まさかの。。いや、やっぱ屑、みたいな。
    謎が渦巻くけど、途中からどうでもよくなる。 
    自由なイマジネーションの奔流、エネルギッシュな一冊。

    好きか嫌いかもわからなかったので、☆はつけられない。

全50件中 1 - 25件を表示

やし酒飲み (岩波文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

やし酒飲み (岩波文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やし酒飲み (岩波文庫)の作品紹介

「わたしは、十になった子供の頃から、やし酒飲みだった」-。やし酒を飲むことしか能のない男が、死んだ自分専属のやし酒造りの名人を呼び戻すため「死者の町」へと旅に出る。旅路で出会う、頭ガイ骨だけの紳士、幻の人質、親指から生まれ出た強力の子…。神話的想像力が豊かに息づく、アフリカ文学の最高傑作。作者自身による略歴(管啓次郎訳)を付す。

やし酒飲み (岩波文庫)の単行本

ツイートする