清沢満之集 (岩波文庫)

  • 27人登録
  • 1レビュー
著者 : 清沢満之
制作 : 安冨 信哉  山本 伸裕 
  • 岩波書店 (2012年4月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003312728

清沢満之集 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 岩波文庫:青 080/I
    資料ID 2012200191

全1件中 1 - 1件を表示

清沢満之の作品

清沢満之集 (岩波文庫)はこんな本です

清沢満之集 (岩波文庫)の作品紹介

真宗大谷派の僧侶となり、東京大学に学んだ清沢満之(1863‐1903)は、親鸞の思想を哲学的に基礎づけ、仏教の危機的状況に立ち向かって、明治期の精神界に大きな影響を与えた。本書は、結核に罹りながらも宗門改革運動に腐心した時期以降の文章を集める。後半期に深められた思索と信仰の言葉には、現代人の心に響く他力門思想の精髄がある。

ツイートする