ヨーロッパ文化と日本文化 (岩波文庫)

  • 249人登録
  • 3.55評価
    • (10)
    • (20)
    • (40)
    • (1)
    • (0)
  • 32レビュー
  • 岩波書店 (1991年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003345917

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィトゲンシュタ...
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
遠藤 周作
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ヨーロッパ文化と日本文化 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

  • 日本史の教科書に必ず載っているであろうルイス・フロイス。
    織田信長に気に入られたことから、長きにわたって日本文化の中枢を垣間見ることができ、記録を残した。
    大著「日本史」が有名だけど、この本はそんな難しいものではなくて、ヨーロッパと日本の違いを箇条書きのように短い文章で書き連ねたもの。
    これがすこぶる面白い。
    天正という、江戸時代より前の戦国時代、日本人はこうだったと逆に知る部分も多く、大変ためになりました。

    “彼らの習慣はわれわれの習慣ときわめてかけはなれ、異様で、縁遠いもので、このような文化の開けた、創造力の旺盛な、天賦の知性を備える人々の間に、こんな極端な対照があるとは信じられないくらいである。”

    “われわれの間では白い目を奇異に思うことはない。日本人はそれを奇怪に思い、彼らの間では稀有のことである。”
    「白眼視する」「白い目で見る」という表現はヨーロッパにないそうだ。黒目がちが好きな日本人。

    “われわれの間では男たちは髪を刈っており、禿頭にされると侮辱されたと考える。日本人は毛抜きを用いて、自分で、毛の残らないように、全部抜いてしまう。そのことは苦痛と涙を伴う。”
    涙を伴うんだ…。

    “われわれの衣服はほとんど一年の四季を通じて同じである。日本人は一年に三回変える。夏帷子、秋袷、冬着物。”
    季節によって気温差があるからね。

    “ヨーロッパの女性は芳香ある香料を使って髪に香りを与える。日本の女性はいつも(髪に)塗りつける油で悪臭を放つ。”
    かちーん。(-_-メ)

    “ヨーロッパの女性は短い年月で髪が白くなる。日本の女性は油を塗るために六十歳になっても髪が白くならない。”
    そうなの?

    “ヨーロッパでは夫が前、妻が後になって歩く。日本では夫が後、妻が前を歩く。”
    いつから変わったんだろう?

    “ヨーロッパでは親族一人が誘拐されても一門全部が死の危険に身をさらす。日本では父、母、兄弟がそのことを隠し立てして、軽く過ごしてしまう。”
    軽く?

    “ヨーロッパでは娘や処女を閉じ込めておくことはきわめて大事なことで、厳格におこなわれる。日本では娘たちは両親にことわりもしないで一日でも幾日でも、ひとりで好きな所へ出かける。”
    そんなこと、許しまへん!

    “ヨーロッパでは妻は夫の許可が無くては、家から外へ出ない。日本の女性は夫に知らせず、好きな所に行く自由をもっている。”
    自由であっても、知らせようよ。

    “ヨーロッパでは普通女性が食事を作る。日本では男性がそれを作る。そして貴人たちは料理を作るために厨房に行くことを立派なことだと思っている。”
    いつ変わったんだろう?

    “われわれの間では四歳の子供でも自分の手を使って食べることを知らない。日本の子供は三歳で、箸をつかって自分で食べる。”
    まだヨーロッパでナイフやフォークが発明される前の時代。基本手づかみ。

    “ヨーロッパの子供は多大の寵愛と温情、美食と美衣によって養育される。日本の子供は半裸で、ほとんど何らの寵愛も快楽もなく育てられる。”
    偏見じゃない?

    “われわれはスープがなくとも結構食事することができる。日本人は汁がないと食事ができない。”
    結構とはどの程度なのか?

    “われわれの間ではすべての果物は熟したものを食べ、胡瓜だけは未熟のものを食べる。日本人はすべての果物を未熟のまま食べ、胡瓜だけはすっかり黄色になった、熟したものを食べる。”
    ちょっとどういうことなのかよくわかりません。未熟な果物?熟した胡瓜?

    “われわれの間では鍋の底に焦げついた飯は戸外に捨てるか、犬に食わせる。日本ではそれは食後の果物である。またはそれを終わりに飲む湯の中に投ずる。”
    米を大切に!

    “われわれは食物... 続きを読む

  • 著者:Luis Frois(1532-1597) (イエスズ会宣教師)
    訳者:岡田章雄(1908-1982)
    原題:Tratado em que se contem muito susintae abreviadamente algumas contradiçoes e diferenças de custumes antre a gente de Europa e esta provincia de Japao(1585)
    ・底本はルイス・フロイス1585年にまとめられた小冊子。シュッテ神父により1955年に“Kulturgegensätze Europa-Japan(1585)”として刊行された(ポルトガル語にドイツ語訳文と注記を付加してある)。この岩波文庫版は原文からの翻訳。
    ・岡田章雄による訳(岩波書店のあの『大航海時代双書』XI(1965)に収録)では、『日欧文化比較』と訳された。文庫版で改題。


    【目次】
    解題 [003-007]
    第一章 男性の風貌と衣服に関すること 015
    第二章 女性とその風貌,風習について 039
    第三章 児童およびその風俗について 062
    第四章 坊主ならびにその風習に関すること 070
    第五章 寺院,聖像およびその宗教の信仰に関すること 083
    第六章 日本人の食事と飲酒の仕方 092
    第七章 日本人の攻撃用および防禦武器について――付戦争 107
    第八章 馬に関すること 120
    第九章 病気,医者および薬について 131
    第十章 日本人の書法,その書物,紙,インクおよび手紙について 139
    第十一章 家屋,建築,庭園,および果実について 147
    第十二章 船とその慣習,道具について 160
    第十三章 日本の劇,喜劇,舞踊,歌および楽器について 169
    第十四章 前記の章で良くまとめられなかった異風で,特殊な事どもについて 177

    あとがき(一九六五年八月六日 岡田章雄) 197
    岩波文庫版あとがき(高橋弘一郎) 199

  • 同じ日本人でも500年近く前では生活習慣も違っていてるので、文化の比較とか難しいことは考えなくても読んでいて面白い。

    ヨーロッパ人の目線なので見下した表現になるのは当時のことなので仕方がないかな。あと、注記も現代語訳されているともっとよかったのでは。

  • 戦国武将や歴史上の秘話のような事柄は出てこない。
    400年前の日本を知る貴重な記録ではあるのだろうが、異文化に対する態度は、なんだかキリスト教的な啓蒙者の「上から」のそれであり、いちいち西洋文明の優位を述べているように感じてしまう。

  • 信長にも近しい存在であったルイス フロイスによる文化比較論。
    ヨーロッパ文化との差異を強調する為、極端な表現になってる感は否めないが、我々にとって日本固有の伝統だと思っていたものが、戦国時代つまり16世紀当時はそうじゃなかった点も多々あり興味深い。
    しかし、商売敵?である仏教の坊主に対しては辛辣且つ執拗。

  • 短いけど濃密。当時の日欧の身近なものを比較しつつ記す。解説がありがたい。異文化について考えるとき、この比較の視点は役立ちそう。取り上げている物は実物を見たことがないものが多かったので、博物館で見るなどして知っているものを増やす必要があると感じた。

  • 江戸時代、日本にキリスト教伝来のため来ていた宣教師の書いたもの。
    当時の日本におけるヨーロッパとの差異を記してある。岩波文庫版、ここが変だよ日本人。
    日本人にとっては、知らなかった日本像と当時のヨーロッパ文化も勉強できるという、なかなか興味深い本であった。
    トイレについての記述もあった(というか、トイレの本読んでて本書を知った)ので、下に紹介する。

    第11章
    19 我々の便所は家の後の、人目のつかない所にある。彼らのは、家の前にあって、すべての人に解放されている。
    20 われわれは坐り、彼らはしゃがむ。
    21 われわれは糞尿を取り去る人に金を払う。日本ではそれを買い、米と金を支払う。
    22 ヨーロッパでは馬の糞を菜園に投じ、人糞を塵芥置き場に投ずる。日本では馬糞を塵芥置き場に、人糞を菜園に投ずる。

  • 16世紀に来日した、ルイスフロイスの目を通して、ヨーロッパ(ポルトガル)と日本の違いについて記述したものを抜粋した形でまとめられている。

    まず、当時の日本の仏教について、彼らが奇異の目で見ていたことが列記されている。
    「坊主らは悪魔を尊敬し、崇拝し、悪魔のために寺院を建て、多くの供物を捧げる」といったように、おそらく密教系の仏像に対する崇拝をひときわ多く書き残している。

    特に興味を惹いたのは、風俗に関する記述だ。

    「われわれはスープが無くとも食事することができる。日本人は汁(xiru)が無いと食事ができない」

    「ヨーロッパ人は焼いた魚、煮た魚を好む。日本人は生で食べることを一層よろこぶ」

    「我々は素麺を食べるのに、熱い、切ったものを食べる。彼らはそれを冷たい水に漬け、極めて長いものを食べる」

    「われわれは砂糖やシナモンをつかって素麺を食べる。彼らは芥子や唐辛をつかってそれを食べる」

    などなど、当時から刺身・素麺といった食事があたりまえのようにあった事実と、芥子素麺という今とは違った食事の方法など、中世の食事を考える上でも非常に面白い。

    また、酒に酔ったときは、「前後不覚に陥る」「唄ったり踊ったりする」といった今にも通じる日本人の酔いっぷりまで記述されている。

    生き生きとした中世人の風俗に触れたい方にはオススメの一冊です。

  • 安土桃山時代に来日したイエズス会ポルトガル人宣教師ルイス・フロイスによるヨーロッパと日本の文化比較を記した小冊子の解説書。底本はルイス・フロイスが来日23年目で九州・加津佐で記した『日欧文化比較』で、本書では訳者がわかりやすいように行ごとに解釈を付け、挿図している。
    構成としては、日欧の比較を習俗・文化・宗教・道具などの分類として章立てし、項目毎に「われわれは(ヨーロッパでは)○○○。彼らは(日本では)×××。」といった簡略な比較文になっている。
    それぞれの比較はとても面白く現代でもわかるものもあり、とても興味深い。その一方で解釈を読むと日本側の記載は貶める方の誇張も多い気がする。フロイスの趣旨を考えると、ヨーロッパ文化との違いを奇異に、そしてさかさまなものとして伝える側面が多く見受けられ、90%くらいは「何考えているんだ日本人は・・・」的な記載が多いように感じられる。(笑)外見的な比較が多く、内面まで理解した記述ではないのが残念なところで、このままではどこまでいっても「異邦人の視点」を抜け出していない感じだ。
    少し前まではフロイスの大著『日本史』をはじめあまり史料として研究に使用されることは少なかったとのことですが(誇張や勘違いがあるためか?)、近年、見直されてきているとのことで、こうした同時代の一次史料は大いに研究の一助になってほしいと思います。

    以下は特に興味深い記述です。
    「ヨーロッパ人は大きな目を美しいとしている。日本人はそれをおそろしいものと考え、涙の出る部分の閉じているのを美しいとしている。」
    「われわれは喪に黒色を用いる。日本人は白色を用いる。」
    「われわれはいつでも唾を吐きだす。日本人は概して痰を呑み込む。」
    「ヨーロッパの女性は美しい整った眉を重んずる。日本の女性は一本の毛も残さないように、全部毛抜で抜いてしまう。」
    「われわれの間では女性が素足で歩いたならば、狂人か恥知らずと考えられるであろう。日本の女性は貴賤を問わず、一年の大半、いつも素足で歩く。」
    「ヨーロッパでは夫が前、妻が後になって歩く。日本では夫が後、妻が前を歩く。」
    「ヨーロッパの女性は分娩の後、横になって、休息する。日本の女性は分娩の後二十日の間、昼も夜も坐っていなければならない。」
    「われわれの間では、人は罪の償いをして、救霊を得るために修道会に入る。坊主らは、逸楽と休養の中で暮らし、労苦から逃れるために教団に入る。」
    「われわれの間では修道士が結婚すれば背教者になる。坊主らは信仰に飽きると、結婚をするか、または兵士になる。」
    「ヨーロッパでは主人だ死ぬと従僕らは泣きながら墓まで送って行く。日本ではある者は腹を裂き、多数の者が指先を切りとって屍を焼く火の中に投げ込む。」
    「われわれはスープが無くとも結構食事をすることができる。日本人は汁が無いと食事ができない。」
    「ヨーロッパ人は牝鶏や鶉、パイ、ブラモンジュを好む。日本人は野犬や鶴、大猿、猫、生の海藻などをよろこぶ。」(食事について)
    「われわれの馬はきわめて美しい。日本のものはそれに比べてはるかに劣っている。」
    「われわれは坐り、彼らはしゃがむ。」(トイレについて)
    「われわれの劇は詩である。彼らのは散文である。」
    「われわれの間では人に面と向かって嘘付きだということは最大の侮辱である。日本人はそれを笑い、愛嬌としている。」
    「われわれの間では礼節はおちついた、厳粛な顔でおこなわれる。日本人はいつも間違いなく偽りの微笑でおこなう。」
    「われわれは拇指または食指で鼻孔を綺麗にする。彼らは鼻孔が小さいために小指を用いておこなう。」

  • 安土桃山時代にわが国で布教を行ったポルトガル人宣教師ルイス・フロイスの『日欧文化比較』の改題。

    雑学をたくわえるには資する。比較文化という観点からも,無論おもしろい。

  • 宣教師のせいか日本のお坊さんのしていること許せなかったんだろうなぁ。

  • 網野先生の本と併読するとめちゃくちゃ面白い。ルイス=フロイスの着眼点や、観察眼に驚き。

  • 大学の講義で使用。

    ルイスフロイスが日本人のことを記録したている。

    最も印象的だったのは、下記の一文。

    「日本人は小指で鼻の穴をほじる」

    ルイスフロイスに、小指で鼻の穴をほじる日本人がそんなに印象的だったのか。
    ちょっと面白い。

  • 更に現代の日本文化と比べると面白い。
    ヨーロッパ文化を取り入れてきた部分がたくさんありますね。
    偽りの笑いか…。

  • 戦国時代の日本を訪れた宣教師・フロイスによる日欧文化比較論。「われわれの間では~~、一方日本では、・・・」という手法で手記を書いている。当時の日本の習慣がよく分かって面白い。

  • 再読したが、面白かった。日本の文化を16世紀に日本に宣教しにきたルイス・フロイスが観察している。とにかく箇条書き。訳注が丁寧で、ぱらぱら読んでいっても面白いかも。
    ヴィオラは6本の弦で二重にはってある・・・というくだりは、これは「ビウエラ」のこと?・・・と想像。高貴な身分の人が弾く楽器・・・という点でもビウエラかもしれないなあ。時代的にも。

  •  かの有名な宣教師ルイス・フロイトがヨーロッパの文化と日本の文化を比較したもので、当時の日本文化が西洋ではどのように見られていたかが知りたくて手に取ってみた。
     此の一冊に、生活から社会のことまで様々な事が書かれていて、そんなに各分野ごとに重いと言う訳ではないし、非常に読み易く、且つ又、手軽に広く浅く知る事が出来る良書だと思う。
     しかし、結局文化を取り扱った此の種の本を読むことなどして、他国の文化と自国の文化を比べると言うとき、基本的な考えとして、「若きサムライのために」(文春文庫)にある、「お茶漬けナショナリズム」論が根底にあると思う。
     昔からの日本の文化だと思っていたものが、西洋の文化としての主流であったり、またその逆も然りだったので、ただ読み流すだけでも非常に面白いのではないかと思う。注訳はしっかり目を通すべきだと思います。

  • 網野善彦が本書をねたにすばらしくおもしろい講義を行っている。「日本の女性は処女の純潔を少しも重んじない」「[嬰児を]育てていくことができないと思うと、みんな喉の上に足をのせて殺してしまう」。

  • ●構成
    第一章 男性の風貌と衣服に関すること
    第二章 女性とその風貌、風習について
    第三章 児童およびその風俗について
    第四章 坊主ならびにその風習に関すること
    第五章 寺院、聖像およびその宗教の信仰に関すること
    第六章 日本人の食事と飲酒のしかた
    第七章 日本人の攻撃用および防禦用武器について 付戦争
    第八章 馬に関すること
    第九章 病気、医者および薬について
    第十章 日本人の書法、その書物、紙、インクおよび手紙について
    第十一章 家屋、建築、庭園および果実について
    第十二章 船とその慣習、道具について
    第十三章 日本の劇、喜劇、舞踊、歌および楽器について
    第十四章 前記の章でよくまとめられなかった異風で、特殊な事どもについて
    --
     日本の戦国時代から安土桃山時代にかけて、日本には東アジアにまで進出してきた欧州の国々からキリスト教の宣教師が派遣された。彼らの主たる目的はキリスト教の布教であるが、それだけでなく日本の政治経済から風俗に至るまで様々な情報を自国へ伝え、後に日本へ進出するための情報を収集していた。
     ポルトガル人ルイス・フロイスは、1562年に日本を訪れ、途中織田信長や豊臣秀吉と謁見を重ね、1597年に死去するまで日本国内で布教活動を行い、また来日したポルトガル人が日本や日本人と接するための案内役を務めた。
     フロイスは様々な記録を残しており、中でも『日本史』が有名である。本書は、西洋の人々がTopsy-Turvydom(「さかさま」「あべこべ」の意)と称していた比較記述によって、西洋からみた当時の日本の姿を描き出している(「我々(=西洋)では●●だが、日本では■■である」という記述)。その中には、当時の日本と現在の日本では異なる、逆になる(つまり本書で言う西洋の立場)ような事柄も含まれている。また、強引な比較によって日本の事柄が誇張されている事や、著者が宣教師の立場であるための偏見なども見られ、そうした西洋人の日本観も本書から読み取ることができる。
     原文はひたすら比較の記述のみであり、翻訳の際に訳者が詳細な注をつけている。気軽に読める本であり、またトリビアの辞典としても利用できるだろう。

  • 中世…だから安土桃山とかあの頃か。日本へやってきた宣教師がつづった日本とヨーロッパ文化の対比。
    一問一答の箇条書き形式なので大変読みやすかったです。
    でも注釈によると面白く書くため…もとい、違いを際立たせるために、わざと極端な例をあげている部分もわりとあるみたい。可愛いなルイス。

    なぜか私はこの本のことを幕末に書かれたものだと思い込んでて、そうじゃないとわかってからも読みながらうっかり首をひねることがありました。(あ、そーかそーか幕末じゃないんだっけ)
    どうしてそんな勘違いをしてしまうんだろう?

  • 素直に興味深いが、鵜呑みすると危険

全32件中 1 - 25件を表示

ヨーロッパ文化と日本文化 (岩波文庫)に関連する談話室の質問

ルイス・フロイスの作品一覧

ルイス・フロイスの作品ランキング・新刊情報

ヨーロッパ文化と日本文化 (岩波文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヨーロッパ文化と日本文化 (岩波文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヨーロッパ文化と日本文化 (岩波文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ヨーロッパ文化と日本文化 (岩波文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする