最新世界周航記〈上〉 (岩波文庫)

  • 26人登録
  • 3.56評価
    • (1)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : ダンピア
制作 : 平野 敬一 
  • 岩波書店 (2007年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (462ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003348611

最新世界周航記〈上〉 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

  • ●構成
    (略)
    --
     大航海時代の幕開け以降、ヨーロッパ各国の船団が、西インド(カリブ・中南米)や東インド(ケープ以東、特にインド~東南アジア)へと相次いで訪れた。それは冒険や発見、交易、さらにはそうした船を対象とした私掠船など、多様な目的をもっていた。
     本書は、イングランド人の私掠船乗組員であった著者ダンピアの航海記であり、イングランドからジャマイカに到着したところから始まり、いったん中米のパナマまで陸路で進んでからパナマ~ペルー沖の間で私掠活動を展開し、パナマに帰還した時点から開始される。本書(上巻)では陸路カリブ海側に戻ってから、中米北岸、カーボヴェルデ、南米東岸、南米西岸、パナマ、メキシコ西岸までの航海中の出来事を、詳細に綴っている。
     平易で飾り気の無い文体で日々の出来事を書きとめているのだが、特に私掠活動に冠する記述が特に注目される。あたかも散歩に行くかのごとく、当たり前のように敵国イスパニアの貿易船を襲って積荷を奪い、また食料品を調達するために海岸の街を襲撃する。恐れも、また憐憫も一切無い、純粋にモノとカネを(必要な場合は奴隷として原住民を)奪うことを仕事としていた。当然ながら目的地も、その時々に稼げる相手を対象とするのである。また、自分の乗船を自らの利害や判断によって変更することもあり、船長ではないがある程度の地位がある船員の私掠船での振る舞い振りが見て取れる。
     17世紀後期のイングランド私掠船の行動の一端が伺える一冊である。

    --
    【図書館】

  • 航海者 ウィリアム・ダンピアの航海記
    海賊として著名だが、コレを読むと観察者、航海記録者としての評価があってもいいと思う。

    それにしても、食糧補給と船底の清掃のおおいことよ!
    大事なんだなぁ と改めて思う。

    疑問・・・ダンピアって船のどの階級で仕事をしていたのか?
    それにしても、地名のカタカナ書きが・・・。
    カンベンしてほしい^^;

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする