ゴッホの手紙 下 テオドル宛 (岩波文庫 青 553-3)

  • 151人登録
  • 3.83評価
    • (11)
    • (8)
    • (17)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
制作 : J.V.ゴッホ・ボンゲル  硲 伊之助 
  • 岩波書店 (1970年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003355336

ゴッホの手紙 下 テオドル宛 (岩波文庫 青 553-3)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ゴッホがゴーガンと暮らしてからは、“僕は今にも病気になりそうな気持がすることもあったが、ゴーガンが来たのですっかり気分が晴れて、うまくおさまる自信がついた。(p56)”、“ゴーガンは僕に想像で描く勇気を与えてくれる。たしかに想像で産み出したものは、いっそう神秘的な性格を帯びるものだ。(p68)”などと書いており、良い影響を受けているかのように見えました。
    しかし、十二月二十三日の手紙には“ゴーガンはこのアルルの町にも、われわれが仕事をしている黄色の家にも、ことにこの僕に、いくらか失望しているようだ。(p80)”となっています。耳切り事件の日です。

    事件をきっかけに二人の共同生活は破綻しますが、その後もゴッホは“ゴーガンと作品の交換を続けるのは僕にとって時には高くつくとしても楽しいことだ。(p104)”と書いており、ゴーガンへの変わらない思いが感じられました。

    全体的に、ゴッホが“精神的にも肉体的にも健康でない状態にあった(p136)”ことを思い知らされる手紙が多いです。“君の友情がなかったら、たやすく自殺の道に追いやられたろうし、僕がどんな臆病者でもしまいにはそうするかもしれない(p146)”と自身で書いていた通り、ゴッホは最終的に自殺してしまいます。ゴッホの苦悩が伝わってくるようで、読んでいて苦しくなりました。

  • 狂気と生活のはざまにあって、このゴッホという男は描くということを理性の限り続けた。
    油絵は決してうまいというわけではなかった。けれど、描いていたい、その情熱だけは誰よりも持っていた。絵を描くということは、写真を撮るのとは違う。目や写真では絶対に見通せない、「かたち」を描くことだ。このゴッホの場合、それは線であり、色であった。その筆触にはたしかに情熱が宿っている。
    初期のスケッチはそんな情熱を画布の中に封じ込めようと、線を刻んでいった。まだ彼の手に負えたのだ。それが時を経るにつれて、線自体が浮き上がって、語りかけてくる。最後に収録された「オーヴェルの庭」に至っては、ただの線の集まりに過ぎないはずなのに、空間が、光が、色が風となって一気に押し寄せる。ようやくここまで来た、そう感じたとき、彼はその筆を折った。ほんの一瞬の境地、それだけで彼の命を奪うには十分であった。
    彼にとって、描くことと生きることの間には途方もない隔たりがあった。この生活というものはどこまでいっても、描くということの要るものではない。それでも、どういうわけか、彼は描かずにはいられなかった。生活に追われながら、生きるということを賭けて、彼は描くことをやめない。狂気さえも、彼の描くという情熱を奪うことはできなかった。だからこそ、身体の息の根を止めるより他、なかったのだと思う。
    彼は描くことに長けていたというよりかは、考えることに長けていた。おそらく、描くにはあまりに原始的で、伝道師としてものを伝えるにはあまりに飛躍的に考えすぎることができたのだ。イメージが何よりも先行しているのだ。
    彼の画家を見る目、芸術家の組合、それがどれほどゴーギャンやベルナールの力となったか。そんな彼が負った、ひとり、印象派と呼ばれるところから離れて、孤独に描くということ。耳を傾けるものがいなかったからこそ、彼は高みへと至ることができた。たしかに、彼の情熱の作品それ自体が素晴らしいということもある。だが、それ以上に、彼の情熱が蒔いた種が、今もなお、ひとの中で生きているからなのだと思う。その点で、彼は決して孤独ではなかった。
    彼の垣間見た未来は、決して幻ではなかった。けれど、迫りくる生活と狂気の中にあっては、誰も同じではいられない。そうして彼は死んでいった。
    彼の絵はたしかに、彼という人物を知るうえできわめて多くのことを語ってくれる。しかし、彼にとって、絵を描くということは永遠の試行錯誤でしかなかった。しかし、書簡の中やスケッチの中に見える彼は、そんな試行錯誤から離れた、もっとのびやかで闊達な姿を見せてくれる。そうやって、彼の絵とことばとが両輪のようになって、ゴッホというひとりの人間を浮かび上がらせてくれる。絵によってことばが、ことばによって絵が、ゴッホという人間へ変わる。小林秀雄大人は、こうしてゴッホという人間に出会ったのだ。
    この書簡の訳出にも、戦争などの問題が挟まって紆余曲折を経たが、ゴッホの憧れがれた東の果てのこの島国に、そんな彼からの手紙が届くということはなんという幸せか。

  • 下巻はゴーギャンとの共同生活あたりからはじまる。共同生活が破綻し診療院に入ると、いっそう淡々とした文章になってくる。静かな絶望がひしひしと伝わってきて切ない。

  • 描くことが人生。

  • (1998.03.19読了)(拝借)
    商品の説明 amazon
    ゴッホの手紙 我々が画家としてのみぞ知る人ゴッホ。牧師になろうとして深く挫折した彼の一面から、現存する彼の絵画に託した想いを知る事ができます。

    ☆関連図書(既読)
    「ゴッホの手紙(上) ベルナール宛」ゴッホ著・硲伊之助訳、岩波文庫、1955.01.05
    「ゴッホの手紙(中)」ゴッホ著・硲伊之助訳、岩波文庫、1961.05.05

  • ある日の手紙で、療養所の窓から日の出を見たと書かれていた。
    我が家の窓からは日の出は拝めないけど、最近毎日日の出前に目が覚めるので、ゴッホもこんな気分で朝を迎えたのだろうか、と思った。
    ゴッホも印象派も有名な絵しか知らないけど、一つ一つの作品に題材選びから始まって描き終わるまで、その人の人生や価値観を反映したエピソードが含まれているのだな、と感じた。
    今度からは気になる絵を見つけたら、それが描かれた背景を気にしてみることにしよう。

  • ゴッホの絵が好きなので、ゴッホの気持を理解したくて読んだ。かなりタフな内容だった。おカネがなく、どの手紙も最初はお金の事から始まる。一方で自分の絵への自負も見られる。特にゴーガンとアルルの黄色い家で芸術家達が切磋琢磨する理想の家を築きたかった希望が痛いほどわかる。それが崩壊して、希望を失ったのが、あまり手紙では触れないけど、それだけに無念だったんだろうなって感じた。

  • 最終巻。知らなければ、耳を斬り落としたことも、銃で逝ったことも、読み取れはしないだろう字面で便りは終始する。
    彼は哲学を著す者ではないし、37という歳月は人間を悟るには、来し方より往く先の方が未だ長い処に在ると言えよう。加えて下巻での彼は、精神衰弱から何事にもつけ強い気持ちをもつことが出来ないでいるから、並ぶ言葉もどれくらい本当として用いられたかについては疑う必要がある。
    その上で、「遅い長い仕事だけが唯一の道」と云うのはやはり本当だと思うのだ。それは「人生を往く」のと同義だ。
    一連の便りを読んだ者なら、絵画に通じて居ようが居まいが、往年の彼は驚くほど精力的に仕事を為し続けていたのを知っているだろう、けれどそれも絵画史上では「寡作」と評される。世に認められた作品、乃ち金品との交換に適った作品でなければ仕事にカウントされないという訳だ。ではその間の彼は? 死んで居たのか?生きて居たのか?——これこそは彼の生涯、首根っこを鷲掴みながら常に離れなかった伴走者、宿痾と思われる。
    画人として精彩を欠いた彼の描く物は、文であれ色彩の強烈は放たなかった、一個人としての生からも、とうとう引き離されてしまった。公として立てないことが、個として立つことすら阻んだ。公私それぞれに当てられる物差しは随分異なった目盛りして、彼にあっては決して合致することなかったのだ。
    「遅い長い仕事」を「生」と同義とはしない伴は、とうとう彼の息の根も奪った。

  • 「読書力」文庫百選
    4.道を極める熱い心

  • ゴッホのすばらしさがわかる

全13件中 1 - 10件を表示

ヴァン・ゴッホの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
シェイクスピア
遠藤 周作
村上 春樹
サン=テグジュペ...
ドストエフスキー
ヘミングウェイ
ウィトゲンシュタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ゴッホの手紙 下 テオドル宛 (岩波文庫 青 553-3)に関連するまとめ

ゴッホの手紙 下 テオドル宛 (岩波文庫 青 553-3)はこんな本です

ゴッホの手紙 下 テオドル宛 (岩波文庫 青 553-3)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ゴッホの手紙 下 テオドル宛 (岩波文庫 青 553-3)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする