義務について (岩波文庫 青 611-1)

  • 43人登録
  • 3.29評価
    • (1)
    • (0)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : キケロー
制作 : 泉井 久之助 
  • 岩波書店 (1961年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003361115

義務について (岩波文庫 青 611-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヨーロッパ政治思想・倫理学の古典。第一巻「道徳的高貴さについて」、第二巻「有利さについて」、第三巻「道徳的高貴さと有利さの関係について」の全三部構成。英知、正義、勇気、自制という四つの徳のうち、正義の徳に対応する協同の義務を第一位に置くという結論は、ギリシャ哲学を受容しつつも、必ずしも「観想的生活」の優位という結論を踏襲しないキケローの独自性が見られるところである。また、ユリウス・カエサルが暗殺された直後に書かれただけあって、暴君殺害の正統化など、当時のローマ政局との関連が深く、また後世の政治思想にも多大な影響を与えた議論が数多く含まれている。共和政ローマに対する思慕の念と後世への影響という意味でも、読むに如くはない本。

全1件中 1 - 1件を表示

キケローの作品

義務について (岩波文庫 青 611-1)はこんな本です

義務について (岩波文庫 青 611-1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする