ディドロ 絵画について (岩波文庫)

  • 49人登録
  • 3.40評価
    • (3)
    • (1)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : ディドロ
制作 : 佐々木 健一 
  • 岩波書店 (2005年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003362471

ディドロ 絵画について (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • デッサン、色彩、明暗法、構成等を論じた美術論考。思想的でなかなか面白かった。でも、出てくる画家の名前とかが知らない人も多くてちょっと難しい部分もあったなぁ。

  • 色彩についてのところはおもしろかった

  • 絵画と人間との美しい関係について

  • 基礎文献

  • ディドロが絵画を構成する諸要素(素描、色彩、明暗法、expression、composition)について論じた表題の論考のほか、「1765年のサロン」、「ソフィー・ヴォランへの書簡」、「マニエールについて」を収録。

  • 注釈だらけで私にとっては難しかった。

全6件中 1 - 6件を表示

ディドロの作品

ディドロ 絵画について (岩波文庫)はこんな本です

ディドロ 絵画について (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ディドロ 絵画について (岩波文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ディドロ 絵画について (岩波文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ディドロ 絵画について (岩波文庫)の作品紹介

18世紀パリの新風俗となったサロン展。その批評活動に立脚して書かれた『絵画論』関連の4篇を収録。模倣に自然哲学と芸術の接点を見出し、趣味を論じて美の判定の根拠を問う。デッサン・色彩・明暗法・構成等を論じ、シャルダンらの仕事を踏破する、独創的な美学論考。

ツイートする