ファーブル昆虫記―完訳 (10) (岩波文庫)

  • 16人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : ファーブル
制作 : 山田 吉彦  林 達夫 
  • 岩波書店 (1993年10月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (483ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003392003

ファーブル昆虫記―完訳 (10) (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ファーブルの観察眼と観察に欠ける情熱は勿論のこと、文章が詩的であることや生態を非常に楽しげに描写していることに感銘をうけた。

  •  
    ── ファーブル/吉田 吉彦&林 達夫・訳《ファーブル昆虫記 完訳10 19931018 岩波文庫》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4003392000
     
    …… さて今度は何をしたものか。梃子をかえて、そしてシシュフォス
    の石をいま一度転がし直すことにしよう。あかねの大桶が私に拒むもの
    を、インク壷から取り出すよう努めよう。Laboremus !「我ら働かんかな。」 
     
    …… 我々の記号のうち、その意味することにいちばんよく一致してい
    るのは疑問符だ。下のほうには丸いアトム。これは地の球だ。その上に
    は古代の lituus, 未知に向かって問いを発する予兆占いの杖が、錫杖の
    柄がたに曲がってすっくと威圧的につっ立っている。私は、物の〝いか
    にして〟と〝なぜ〟とを相手に永遠の対話をやる科学の紋章をこの符号
    の中によろこんで見ようと思う。/疑いのままに残っているこの章を終
    るため、私はこのページの中央に明瞭に予兆占いの lituus, 疑問の符号
    をつき立てておこう。── Fabre,Jean Henri/山田 吉彦・林 達夫・訳
    《昆虫記(十) 199931018 岩波文庫》P227-228
    http://q.hatena.ne.jp/1102771717#a223379(No.3 20041212 01:07:08)
     
    …… &!? ~ ラテン語由来の記号 ~
     
    &(アンパサンド)et の合字が記号になったものである。
    !(感嘆符、エクスクラメーション・マーク)io を縦に重ねた合字。
    ?(疑問符、クエスチョンマーク)quaestio の最初の q と最後の o
    を縦に重ねた合字という説がある。(Wikipedia)
     
    (20091204)(20150212)
     

全2件中 1 - 2件を表示

ファーブルの作品

ファーブル昆虫記―完訳 (10) (岩波文庫)はこんな本です

ファーブル昆虫記―完訳 (10) (岩波文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ファーブル昆虫記―完訳 (10) (岩波文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ファーブル昆虫記―完訳 (10) (岩波文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ファーブル昆虫記―完訳 (10) (岩波文庫)の単行本

ツイートする