行動の機構――脳メカニズムから心理学へ(上) (岩波文庫)

  • 62人登録
  • 4.40評価
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : D.O.ヘッブ
制作 : 鹿取 廣人  金城 辰夫  鈴木 光太郎  鳥居 修晃  渡邊 正孝 
  • 岩波書店 (2011年4月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003394717

行動の機構――脳メカニズムから心理学へ(上) (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「脳メカニズムから心理学へ」と副題にあるように、心理学の現象を神経レベルで解釈しようと試みたヘッブの記念碑的著作。神経科学の分野では通説となりつつある「ヘッブ・シナプス」と「細胞集成体cell assembly」を60年以上前に唱えていた彼の慧眼には目を見張る。また、本書後半では、「一次学習にともなってA/S比が変化する」、「本能は知能や洞察と別の過程ではない」といったユニークかつ大胆な主張を展開している点も注目に値する。このような本が文庫として再刊され、誰でも読めるようになったことはうれしい限りである。

  • ヘッブルールの人。動機づけと知能。障がい者との比較から。脳科学(当時そんな名前があったかな?)の治験をベースにする。

  • 岩波文庫:青 080/I
    資料ID 2011200065

全4件中 1 - 4件を表示

D.O.ヘッブの作品

行動の機構――脳メカニズムから心理学へ(上) (岩波文庫)はこんな本です

行動の機構――脳メカニズムから心理学へ(上) (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

行動の機構――脳メカニズムから心理学へ(上) (岩波文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

行動の機構――脳メカニズムから心理学へ(上) (岩波文庫)の作品紹介

こころの働きには脳神経シナプスのダイナミックな結合や切断が重要な役割をなす。それをはじめて体系的に論じたヘッブの記念碑的な著作。心理学や神経科学、情報科学に与えた影響は計り知れない。上巻では、著者の問題意識と研究の設定、そして知覚のメカニズムから学習行動の神経機構について論じる。

行動の機構――脳メカニズムから心理学へ(上) (岩波文庫)の文庫

ツイートする