テアイテトス (岩波文庫)

  • 38人登録
  • 3.56評価
    • (2)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : プラトン
制作 : 田中 美知太郎 
  • 岩波書店 (2014年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003580028

テアイテトス (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ソクラテス先生母直伝の産婆術を使うも失敗の巻。

    知識とは何か?というテーマで議論をして、
    仮説を立てて議論をするが結論は出ない。

    「産婆術」という言葉の出典元であるが、
    ソクラテスが他の本でも行っているやり取りであり、
    しかも失敗に終わっているので、
    産婆術を学ぶために読む本でも無いらしい。

    テアイテトスの台詞にもある通り、
    話がややこしくてわかりづらいし、
    プラトンが好きな人以外にはおすすめ出来ない。

  • プラトンということで。
    「知る」ということがどういうことなのかを巡って数学者とソクラテスが考える。知るということがどういうことなのか、考えてみたくて読んでみることに。
    プラトンのいわゆる主要な対話篇と異なり、その思想体系を突き詰めた対話篇では決してない。しかし、それはひとえに、「知る」ということを考え続けていたからに他ならない。「知る」という行為が純粋に実践であると同時に、きわめて形而上学的な事態である。たぶん書いていたプラトンそのひともかなり難航したに違いない。
    人間は流転すると言えば流転しているし、止まっていると言えば止まっている。ただのことばなのである。そんな風に存在はできてしまっている。なんとまあ不可思議な存在であるか。おそらく、あえて対話テーマを絞らないで、プラトンは考えてみたかったのだろう。風呂敷を拡げ考えては立ち止まり、別の風呂敷を拡げてはまた考え、どこか煮え切らない感じに対話が進んでいく。
    プロタゴラスの原則は、万物の尺度は人間であるということである。ソクラテスはほんとうのことが知りたいから、はたしてすべての尺度であるのか考える。たしかに、痛みをはじめとする感覚というものをひとは誰かと共有することはできない。感覚とはどこまでも個人的なものだ。だが、その個人的な現象である感覚を、ひとはどういうわけか知っている。なぜだかことばにしたり、それでひとと話すことができる。真に個人的なものであるなら、どうして語ることができるのか。ここに、万物の尺度たる人間という原則がゆらぐ。あくまでプロタゴラスの原則は感覚に関することであって、知ることに関しては別なのである。感覚することと知ることは別の事態なのである。
    では、「正しく考えた」ことが「知る」ことになるのか。そして、「知識」とは「正しく考えた結果として言語化されたもの」なのか。所有と所持の考え方を用いているが、時間的に考えれば、「知る」という行為自体どこまでも現在の行為であって、「正しさ・誤り」というのは知った後のことなのだ。知るということが先行しない限り、正しさどうこうも起こりようがないはずだ。
    カントはこういうことをどこまでも概念の操作で詰めようとしていった。ソクラテスという男は学者でもなんでもないから、そんな頭の痛いことはしない。どこまでもこの生きている存在から連続した事態として考えていく。臨床哲学とかいう謎の学問を掲げるひともいるが、学問自体が生きている不思議から生じていなければ一体なんだというのか。産婆術とは、未知なる存在に対する探究心のことだ。知りたいから対話する。知らないから対話できる。

  • 常日頃、反「プラトン主義」をキーワードにしている私であるが、プラトンを読むのは結構すきである。

    それは、別に反論する相手を良く知ろうということではなくて、純粋に読んでて面白いからである。

    というのは、プラトン自身は、いわゆる「プラトン主義」に収まらない過剰なものがある思想家だと思うし、仮にプラトンが「プラトン主義」を主張しているときでも、「いやいや、それは違うんじゃないか」と思考をとても活性化させてくれるからだ。

    というわけで、「知識とは何か」という問いを巡る対話篇「テアイテトス」であるが、これは、他の対話篇に比べると、なんだか、すごく難しい。議論の大筋を追う事はできても、ひとつひとつの発言が一体何を言っているのか、その文脈を追うことは難しい。

    「知識」について、3つの考え方がしめされるのだが、それはいずれもソクラテスとの対話のなかで否定されてしまう。つまり、読者は「知識について何も分かっていない」という状態に取り残されるわけだ。

    「テアイテトス」はプラトン中期から後期につなぐような本であるらしいのだが、いわゆる「プラトン主義」のイデオロギー的な感じがする中期よりも、ある意味、「無知の知」を確認するところで終わるプラトンの初期の対話篇に近い感じがする。

    一方、議論の調子はすごく難しくて、そこのところは、いろいろなことを経験や思索を経てたどり着いた一筋ならでは行かない複雑なものがあって、これは初期の対話篇とは違うところ。

    ある意味、「知識とは何か」という問いを無意味化する脱構築的な実践と読む事すらできる。

    あるいは、「意味」という病にとらわれがちな哲学という言語行為を、臨床的に治癒しようというウィトゲンシュタイン的な行為と解釈することも可能かも。

    だって、有名な「ソクラテスの産婆」の話しは、この対話篇に入っているんだよね。人が正しい知識を生み出すことを手助けする産婆としての役割が哲学なのだ。(が、結局、生み出された知識は「正しく」ないことがわかるのだけど)

    「知識とは何か」という問い自体が実は適切な問いではない。言語の病であるとウィトゲンシュタインであれば言うであろうな、と思いつつ、そんなことを言うやつがでてくることも既にお見通しのプラトンなのであった。

    「知識とは何か」という問いに固定された答えはなく、それを探求していく対話・活動こそが知識なのだ、というのが本書のメッセージである、と自分の最近に引き寄せて、そう読んでみた。

    と、実にスリリングな議論がなされていそうなのだが、それにしても、大昔のギリシアの哲学議論をベースした議論をされても、なんだか分からない、という印象が薄らぐ訳ではない。

    なので、正直ベースでの理解度を踏まえ★は3つにした。

    なんか、字も小さくて、老眼が進展する私には読みにくいし。。。

  • 同じ田中先生訳が岩波文庫に収められていましたが、底本をプラトン全集に変更し、補注を加えるなどした決定版!産婆術のエピソードや無理数論、知識とは何か論など、談論風発で大変面白い。

  • もう二度とレジメにしたくないですねー笑
    話が結構込み入っていてややこしい。
    知識とは何かを問いながら、「~ではない」というかたちで反駁していく(結局こたえはみつからないのだけれど)。

    ヘラクレイトスやプロタゴラスの言葉ーー「万物は流転する」「人それぞれ」ーーというかたちの相対主義をいかに乗り越え、共通のものとして知を立てることができるのか、ということがプラトンの課題。
    あまりここでは「イデア」という発想が全面にはでてこないので、そのぶんだけややこしいのかもしれない。

    そしてもうひとつのモチーフは、《産婆術》。
    ソクラテスは、相手を窮地に陥れバカにするのだ、
    という批判に応えるために、
    ソクラテスは、若い男の子がみずから孕んだ概念のお産を助けてやるのだ、
    というのを実践的に見せている。

    確かに、こう言えばうまくいくんじゃない?とフォローしながら若い子と話していくのは楽しい。
    うんうん唸りながら最後に「ああ、そうか!」という笑顔を見るのは好きです。

全5件中 1 - 5件を表示

プラトンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィトゲンシュタ...
オルテガ・イ ガ...
J.L. ボルヘ...
キェルケゴール
マックス ヴェー...
ジェイムズ・P・...
アポロドーロス
ヴィクトール・E...
マックス ウェー...
有効な右矢印 無効な右矢印

テアイテトス (岩波文庫)はこんな本です

テアイテトス (岩波文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

テアイテトス (岩波文庫)の作品紹介

知識とは何か、真にものを知るとはどういう場合を言うのか。当時行われていた三つの知識説をとりあげて批判しつつ、哲学がさまざまな角度と立場からの吟味や思考を要求するゆえんを示す。有名な無理数論やソクラテスの産婆術などのエピソードをまじえた対話篇。日本における本格的なプラトン研究をきりひらいた泰斗による翻訳。

テアイテトス (岩波文庫)の文庫

ツイートする